「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

直毘塾の精神

d0006260_10055372.jpg
このままであれば、11月にはめでたく満60歳になります。
払い続けてきた国民年金はこれで納め仕舞いです。
あらためてお金の事を考えれば、生まれてからこのかた
幼稚園から義務教育を終えて高校へ進みさらに遠く都会の
大学にまで行って無駄とも言える多くのお金を消費したのみならず
人間が生きていくには直接関係ない創作の仕事にしがみついて
社会経済に貢献の少ない人生を歩んできたものです。


私がこの仕事を始めた頃に、父の師であった哲学者の松永材先生が
父の仲間に書き遺した文章をまとめて「直毘塾の精神」という
冊子を印刷する手伝いをしました。
原稿を読み直して、校正したので丁寧に読みました。
その本にはかなり面白い事がたくさん書いてあって、
それからの私の人生に大きな影響を与えたと思います。
父は私にお金儲けを第一にしないで生きていくための信念と
言うか勇気を持つためにこれを読ませたかったのでしょう。


昭和20年代に書かれているので表現が今とは違いますが
一部を引用してみます。

「経済学とは人間の生活に必要な物品の生産や流通、蓄積や消費等の
過程や資本の役目や売買関係等を研究することとなっている。・・
・・・経済学における「生活に必要なもの」は生命に最も接近した
また最も大切なもの(空気や水、胃や肺、心臓・・)でなく限定された
ものに縮小してくる。無くとも何等の痛痒を感ぜしめない宝石や
骨董品や奇物が莫大な経済的価値を持つ。・・・
この広大な世界の中に、金の支配する特殊地帯を設立し、金の主権の
もとに降服し来るもののみを選び出し、他の一切のものを抽象し放棄して、
これを境界外に放逐し、かくして独自の経済帝国を編制する。・・・
その結果人間は豊富な自然に於ける生活が不可能となり、狭い経済国に
入国許可を懇願せざるを得なくなる。・・・「生活に必要物」が次第に
「生活を苦しめる物」になり・・・「生活の奴隷」になりつつある・・・。」


過激で痛快な文章に驚いたのは25歳だった私ですが、父は25歳の頃に
直接の講義を聴いて感銘を受けたそうです。
ここだけ切り取っても全体の意義とはかけ離れてしまいますが、
敗戦後の混乱した時代に日本の若者に向けて書かれた
有意義な言葉が並びます。
それは時代を超え、世代を超えて今の若者へのメッセージとしても、
人間が生きていく本質を考えるための大きなアドバイスになります。
特に「家」についての考察は、なるほどと思わせる日本人の心にある
一番大切なものです。
日本の伝統的な農民や職人の持つ価値観の根源にあるものを
(当時の)科学的に説きあかして、それを未来へ伝えるために
心血を注いだ文章なので、機会あれば少しでも紹介したいと思って
読み直しています。

               つづく


[PR]
# by tatakibori | 2016-08-28 10:10 | その他 | Comments(0)

何もしないをしている

d0006260_20245655.jpg
「何もしないをしているんだよ」は、たしかプーさんの言葉です。
検索で調べようとしたら、何もしない時間を持つと仕事の効率が上がると言うような話が出てきました。
それは「何もしないをしている」のとは何かが違うように思えます。
父は疲れ果てて仕事が出来なくなる事が多かったので、
私が「休むのも仕事のうちだ。」と言うと昼寝をするようになりました。
この場合は仕事のために「何もしないで体を休める」行為です。
プーさんの言う「何もしない」は目的がある事ではありません。
クリストファー・ロビンが成長して、自分は「なにもしない」ができなくなってしまったと
プーに告げる場面があるそうです。
自己啓発系の論調で「経済的な効率のために余暇や趣味を持つ」と言うのはどこか貧しい発想に思えます。
私は還暦を迎えました。まわりの友人達は毎日が日曜日になったり、
何もする事がない状態になり生活の変化に戸惑っているようです。
私のように勤めた経験のない人間は、最初から毎日が日曜日で
何もする事がない多くの日々を過ごしてきたと言えます。
でも何もしないで過ごしてきたのとちょっと違うような気もします。
「何もしない」の回りで忙しく働いてきたのです。
目的や意味を持たないほんとうの「何もしない」が出来るようになりたいものです。
言い訳の必要ないほんとうの心の自由がそこにあるように思えます。






[PR]
# by tatakibori | 2016-07-23 21:01 | 日々の生活 | Comments(0)

雅号

d0006260_20270146.jpg
私の祖父は明治34年(1901)生れで、名前は山田哲(さとし)です。
父の生まれた大正14年頃から木彫刻専業を目指して大阪の学校へ通うなど
本格的な勉強をしたそうです。
最初の雅号はたしか「頭童(ずどう)」と名乗ったと聞いています。
由来は「ずど」、岡山弁の「たいへんな」と言う意味の接頭語です。
それから「勝雲(しょううん)」と変更したそうです。
勝は勝田郡勝間田町勝間田の地名からとっています。
勝間田は縁起の良い地名とされ、戦争中は生還を願い
出征は勝間田駅からする人が多かったとも聞いています。
隣の駅が「林野(はやしの)」で、「シ」の音が嫌われたそうです。
祖父は戦後になって日本原開拓団へ入植し、
訪ねてきた棟方志功に出会いました。
棟方志功と祖父は意気投合して、いつも二人だけで話し込んでいたそうです。
棟方は「勝雲」の「勝」の字が戦争をイメージさせるので、
「昭雲」と変えたらどうかと提案したのです。
それで祖父の雅号は「昭雲」となりました。
それは我が家にとってとてもおめでたい出来事で、
父(正志)は祖父の晩年に雅号を譲ってくれと懇願しました。
それで昭雲は2代にわたって使われたのです。
2代目の方が長く生きて、圧倒的に多くの作品を残したので、
昭雲叩き彫はほとんど父の作品です。

戦争体験のある人達には「勝負」や「武器」を嫌う人が多かったと思います。
玩具の刀やピストルもダメという人も珍しくありませんでした。
そういう人達が亡くなり、その子供達に当たる私達以上の世代もすでに老人の域です。
そこまで神経質だったのは過去のことで、今は政治家も「戦い」で
「勝利」しなければなりません。
祖父や棟方志功の気持ちを思えば、
もっと深く静かに平和を願い、「戦争をなくす」国にならなければと考えます。
昭雲工房の「昭雲」は平和への願いで付けられているのですから。


[PR]
# by tatakibori | 2016-07-13 21:01 | その他 | Comments(0)

作品と人柄

d0006260_20594639.jpg
芸術作品や工芸作品に作者の人柄、性格やその時の精神状態が出るのかどうか
という話があります。
以前にブログに書いた事がありますが、若い頃にある岡山の著名なお方に
ご案内いただき岡山美術館の館長さんにお会いしました。
簡単な紹介をされて挨拶したら、
「そういうのが一番困るんだよね。作者の内面がどうとか美術には関係ない
ものを創作の一義に持ってこられると・・。」で話はお終いでした。
当時その世界では名のあるキュレーターで評論家だった方なので
ものすごい違和感を感じた事だけが記憶に鮮明に残っています。

私も還暦を迎えて、それなりにこの分野を見続けてきた経験から言うと
やっぱり作品には人柄や性格が出ると思います。
言い切ると異論のあるところですが・・・、
例外的に現代アートでは二次創作というか便器だったり新聞紙のような
日常的な工業製品などを利用した作品があるので、作者の意図が
最重要になり、その人柄や性格が表れる「手作業」が少ないものもあり
作者の人柄を感じ難いものもあります。
逆に書道のように最終的には作者の教養や人柄が問われるものもあります。
美術大学では現代アートは教えますが、書道は美術大学の分野でないのが
気になるところです。
私は年齢を重ねてから、作品に表される人柄を強く感じて感動する機会が増えました。
そういう磨かれていく創作の表現力や受け手の感受性は
「老い」を美しいものと思わせてくれます。
そういった出会いや感動を味わうのが人生の喜びだと思います。
還暦を過ぎての将来の希望はそこにあると言えます。



[PR]
# by tatakibori | 2016-07-05 21:21 | アート | Comments(0)

「叩き彫」

d0006260_19225451.jpg
「叩き彫」は普通にあった言葉ですが、我が祖父の木彫刻や木版画を彫る方法が
ノミをゲンノウで叩いて細かなところまで仕上げてしまうのを見た棟方志功が
山田昭雲の「叩き彫」と言った事で「叩き彫・昭雲工房」と名乗るようになったのです。
看板や印刷物に使い始めたのは昭和40年頃なので、ざっと50年の歴史です。
「叩き彫」で検索すると私のホームページが出てくるようです。

目の前に迫った参議院選挙の話で「戦争法」とか「天皇制」の言葉をよく目にします。
「天皇制」は大正時代に共産党が使い始めた特殊な言葉です。
戦後は日本のあり方を論じる場面で使われるようになって、
今や教科書にも普通に使われています。
かなり学問的な言葉のようにも思えます。
でも、憲法にも法律にも「天皇制」の言葉はないようです。
憲法の1条から8条は天皇について書かれていますが、
その政治への関わりを制限するのが目的のように読めます。
皇室典範という法律があって、そこに皇室の制度について書いてあるそうです。
「戦争法」はその成立に真っ向から反対した共産党による命名で
本来は「平和安全法制」(通称平和安全法制整備法と通称国際平和支援法の総称)、
マスコミは安全保障関連法案、安保法案、安保法制、安全保障関連法、安保法などと呼びます。
「戦争法」は昨年からの新しい言葉と言えます。

私は言葉を作るのは嫌いですが、祖父が作った「叩き彫」はそれで父もずっとやってきたので
今さら変えたり、止めたりするより使い続けて世間に認識してもらうのが良いと思っています。
どうやって定着させていくか、それがこの仕事を未来へつなぐ方法だと思います。
言葉は価値観の表れであり、その思想を深く反映しています。
「叩き彫」だけでなく、さらに新しい言葉が必要なのかもしれません。



[PR]
# by tatakibori | 2016-06-15 19:49 | その他 | Comments(0)

目明き千人、

d0006260_20031990.jpg
「世の中は目明き千人、めくら千人」と昔の人がよく言ったのを思い出しました。
ちゃんとした意味を確かめようと検索して調べていたら、
とても良い文章に出会いました。
ちょっと引用させていただきます。

「道を開く」松下幸之助より
世間というものは、きびしくもあるし、また暖かくもある。
そのことを
昔の人は「目明き千人めくら千人」ということばであらわした。
いい得て妙である。

世間にはめくらの面もたくさんある。
だから、いいかげんな仕事をやって、いいかげんにすごすことも
時には見のがされてすぎてしまうこともある。
つまりひろい世間には
それだけの包擁力があるというわけだが
しかしこれになれて世間をあまく見
馬鹿にしたならば、やがては目明きの面に行き当たって
身のしまるようなきびしい思いをしなければならなくなる。

また、いい考えを持ち、真剣な努力を重ねても
なかなかにこれが世間に認められないときがある。
そんなときには、ともすると世間が冷たく感じられ
自分は孤独だと考え、希望を失いがちとなる。
だが、悲観することはない。
めくらが千人いれば、目明きもまた千人いるのである。
そこに、世間の思わぬ暖かさがひそんでいる。

いずれにしても、世間はきびしくもあり、暖かくもある。
だから、世間にたいしては、いつも謙虚さを忘れず
また希望を失わず
着実に力強く自分の道を歩むように心がけたいものである。



信念を持ってやってきた仕事を世間の
どれくらいの人が理解してくれるのだろうか・・・
と思う事があります。
百人に一人か、千人に一人でしょうか?
最近は地元で活動する事が多いので
少ない人口の範囲での創作活動の限界は
数字的にどのように捉えたらよいのかと思う時があります。
岡山県北部の美作地域は人口約25万人余りです。
千人に一人なら250名が分かってくれる可能性があります。
それではあまりに少ないので、少なくとも百人に一人で
2,500名の理解者があるくらいの表現を目指さなければなりません。
世間の「暖かさ」に触れるためにはそれなりの幅の広さと
努力も要るのだろうと思ったのです。



[PR]
# by tatakibori | 2016-05-29 20:22 | その他 | Comments(0)

還暦記念の個展

d0006260_07145644.jpg
5月20日~22日の3日間近くのイオンモール内のホールで
創作を始めてから今までの比較的大きな立体作品を
並べて集大成的な個展を開きました。
総重量が1トン以上、点数にして120点ほどの展示です。
会場はショッピングセンターの多目的ホールで、
普段は講演、会議、講習会、映画上映、ミニコンサートなど
色々な催事に使われている施設です。
スポットライトと白い壁があるので沢山の作品を並べると
それなりの美術展の雰囲気が出来上がります。
時間的、質量的に密度の高い展示が来場者に感じていただけたと思います。
d0006260_08220814.jpg
美術に専門的に携わってきたある方が興味深い感想を言いました。
「このような広い会場でスポットライトを当てると、工房で見る
作品の持つ親しみが薄れているようです。」
美術館のような、もっと広くて専用の空間にゆったりした間を持って
展示すればさらに親しみが薄れていくかもしれません。

最近行った我が家のリフォームの打ち合わせで「生活感」という言葉が
よく出てきました。
生活感を出したくないという方も多くて、施主の嗜好を判断しながら
細かな配置やデザインを決めなければならないようです。
私の考えは合理性が優先ですから、生活感の排除のために不便になるような
配置は必要ないと伝えました。

この「生活感」のようなものが工房にあって、それが作品に親しみを
プラスしているのです。
冷たいRC構造の大きな空間にプラスターボードを張って作り上げ
られた白い無機質な展示ホールは音の残響も長くて、無意識のうちに
居心地の悪さを観客に与えます。
その暗い空間にスポットを当てて浮かび上がらせる手法は非日常であり
人々の生活とは隔絶されたものであり、ある種の客観性を失っているとも
言えるでしょう。
作品がどうであるかより、そこに持って行って展示する事の方が
意味が大きくなってきます。

今回の来場者のほとんどが「優しい表情になごみました」と
言った事が私の個性なら、これからの活動の方向性が
はっきりしてきたように思えました。
創作の分野の仕事は奥が深いので、今時の還暦は
まだまだこれからとも言われます。
元気でいられる間はまだまだ何かを彫り続けたいと
願っています。





[PR]
# by tatakibori | 2016-05-26 08:52 | 仕事 | Comments(0)

住まいの改善6

d0006260_09401434.jpg
外では下水工事も行われています。
d0006260_09403070.jpg
天候にも恵まれて順調に進み、予定より一日くらい早くユニットバスを設置できました。
当地はクリナップの大きな工場があるので勢力が強くて、我が家もクリナップです。
工場は我が家の墓地の近くなので良く知ってましたが、ショールームに入ったのは今回が初めてです。
洗面台やエコキュートの電気温水器など周辺機器も必要です。
d0006260_09411380.jpg
かなり狭くなりましたが、今度は冷たいタイルや冷気を運ぶ大きな窓がないので
小さくても幸せを感じる入浴が出来そうです。
d0006260_09410595.jpg
他所のお宅かと思うような空間が出来上がってきました。
d0006260_09411668.jpg
トイレは車イスのまま入れる充分な広さにしました。
3個あったものを一つにしたのです。
ちょっとした仕掛けがあって、立ち上がると自動で水が流れます。
トイレが主目的だったのですが、便器自体はそんなに高価なものではありません。
d0006260_09411985.jpg
住宅雑誌や広告で見かけるキッチンよりはかなり地味な感じですが
やや広くて3人くらいで料理しても大丈夫です。
d0006260_09405051.jpg

実質的には3週間くらいでほとんど出来上がり、4月25日には全ての作業が終了しました。
結果的には住宅建築専門のベテラン設計士が管理したので、有効に予算を使い
満足のいくものになりました。
安く上げるだけが主目的なら他にも方法がありますが、私が一人で使うものでも無いので
客観的な意見を入れるためにも設計士に任せるのは、たいへん良い方法だったと思います。

水回りがしっかりしたら、後は自作可能な部分が多いのでこれからが楽しみです。
先ずは、建具屋さんと玄関の戸を考えています。




[PR]
# by tatakibori | 2016-05-16 10:11 | 日々の生活 | Comments(0)

住まいの改善5

d0006260_09220570.jpg
リフォーム部分は大きく2ヶ所でその面積はキッチンが約6畳、
トイレと風呂部分が約13畳です。
キッチンは22畳ほどの広い部屋のコーナーだけ改装します。
d0006260_09264754.jpg
トイレと風呂、脱衣場と洗面、廊下で合わせて約6.5坪弱の空間です。
大工さん泣かせで「この部分、新築した方が安いよ」との事ですが、
面倒な工事も丁寧に進められて行きます。
天井、壁はプラスターボードにクロスを貼りますから、
下地の段取りは寸法合わせに終始して手間がかかるようです。
電気工事は天井裏で密かに、速やかに進んでいました。
d0006260_09265185.jpg
いびつな空間に真っ直ぐにキッチンコーナーが組み立てられていきます。
d0006260_09222632.jpg
天井と壁がつけば、それらしくなってきます。
お風呂はユニットバスなのでぽっかり空いています。

[PR]
# by tatakibori | 2016-05-16 09:33 | 日々の生活 | Comments(0)

住まいの改善4

d0006260_09264269.jpg
工事は3月30日に始まりました。
先ずはLPガスの撤去と解約をして、便槽の清掃から始まります。
仮設トイレが持ち込まれて、35年余り使ったトイレとさようならです。
仮設は和式で慣れないので、かなり戸惑いました。
塩手池の公園のトイレが良いとか、コメリで買い物をしてトイレを借りるとか、
色々な方法が検討されましたが、野菜直売所のトイレが新しくてシャワートイレだったので
タイミングと時間が合えば買い物ついでに利用させてもらうのがベストでした。

取り壊されたトイレスペースはもともと広いのですが、土台が腐っていたり、
天井もしっかりしてないので思い切って取り去られてさらに大きな
空間になっていました。
我が家のメリットは広さと高さがあり、その制約を受けない事です。
デメリットは水平、垂直が怪しい部分が多いのと壁が波打っていて
真っ直ぐでない事です。
d0006260_09264643.jpg
お風呂の基礎が作られ、土台の大きな材が入れば良いものが出来そうな気分になってきます。
基礎屋さんと大工さんの仕事の合間をぬって水道屋さんのアクロバティックな仕事が進みます。
この辺の段取りは設計士とそれを補佐する棟梁の腕の見せ所のようです。

[PR]
# by tatakibori | 2016-05-15 09:43 | Comments(0)