イチイの床柱の端材

d0006260_21112227.jpg

六寸角の最上等の床柱の端切れで何か彫って欲しいとの注文でした。
端材ですから細かなヒビ割れが多くあり、節もありました。
そのままでは使い難いので縦に4つに割って、4体の神さまの像を彫る事にしました。
六寸角の無傷の床柱になるような銘木ですから
多少のヒビや節があっても作品に仕上げれば品が違います。
木彫は先ず材料があってのものだとつくづく思いました。
この材も木彫にしなければ材木としての価値はありません。
いくら銘木でも端切れという事です。
でも場合によってはこんなに素晴らしい作品に仕上がる事もあります。
薪にしてCO2にするのと木彫にして後の世に残すのではその差はあまりに大きいです。
[PR]
by tatakibori | 2009-10-14 21:20 | 仕事 | Comments(7)
Commented by 横路左衛門次郎長重 at 2009-10-18 16:33 x
こんにちは、グーグルの検索結果からやって来ました。
「言い難い名前」の日記を拝見しました。
もしや岡山でのお話でしょうか?

cipher002@mail.goo.ne.jp
Commented by tatakibori at 2009-10-18 17:37
ようこそ横路左衛門次郎長重殿
あれは主に岡山県勝田郡の姓の話です。
横路姓も岡山ですが・・。
Commented by 横路左衛門次郎長重 at 2009-10-19 21:17 x
ヨコロはアイヌ語で蕗の葉と川崎の先生にお伝えください。出自を調べられておりましたから。
ヨコロ峠、ヨコロ谷、呉の広邑のヨコロ、鳥取のヨゴロ遺跡・・・
蕗が群生していたのでしょうね。
コロはコロポックルのコロです。
幻の先住民族がいたのかもしれません。もしやそれはヨゴローヤンなのかもしれません。
Commented by tatakibori at 2009-10-20 06:02
>幻の先住民
コロボックルはホビットと同じような妖精の仲間かと思ってました。
塾の先生のような大男はそれとは無縁です。
彼はクルマのナンバーも「456」ですから出自にこだわるものうなずけます。
久米南には横道という姓もあります。
横路氏は蒜山の方で離れていますが、何かの縁があるのではと思っています。
Commented by 横路左衛門次郎長重 at 2009-10-21 06:53 x
〉横路姓も岡山ですが・・。
私の知る横路家は、
広島庄原の尾引に400年続く横路(ヨコロ)あり。
島根の飯南町にも400年続く横路(ヨコロ)あり。
島根の奥出雲亀嵩には400年続く横路(ヨコジ)あり。

太田亮の姓氏家系大辞典によれば、横路氏は
1.遠江の豪族・横地氏と同祖(吾妻鏡にその名あり)
2.備後の横路は山内の士人なり(古文書あり)
3.石見の横路は、横道村の横道氏(御神本)と同祖
と三系統を載せています。
3は尼子の横道兵庫介正光と繋がる可能性あり


Commented by tatakibori at 2009-10-21 07:55
横路先生の先祖は石見か庄原からやってきたのでしょうね。
「横路」で検索したら北海道の元知事の代議士で埋め尽くされて
素人にはさっぱり分かりません。(笑
尼子(アマコ)に天児という文字の姓もあります。
小学校の校長先生でした。
Commented by tatakibori at 2009-10-21 08:00
故人ですが、絵を描いていたあるお婆さんの名前で検索すると
アイドル歌手の本名と全く同じという事がわざわいして何も出てきません。
同じ名前の有名人があるとネット上からは消滅してしまうのですね。
その方は消えた方が良いから問題ないですが、横路氏のルーツは気になります。
<< 美しい農業 小型デジタルアンプ3種 >>