国民文化祭

今日から「第25回国民文化祭・おかやま2010」が始まります。
歴史が浅いからご存じない方も多いと思いますが「文化の国体」と言われ、
高校の体育祭、文化祭の拡大版での国文祭とお考え下さい。
分厚いパンフレットがあったり、地方紙の記事や関係者の話で
イベントが盛りだくさんという事は知っていました。
シンポジウム「地域と文化」では「アジアのこころ日本のこころ」
と題して五木寛之氏が基調講演をする・・・までは知っていたのですが、
パンフレットのそのページの下の方を見落としていました。
今朝の山陽新聞で知ったのですが、その後にパネルディスカッションがあります。
コーディネーターは大原美術館の大原氏、パネリストは
映画監督の崔洋一、評論家の松本健一、法政大教授で日中文化比較の王敏です。

あきれ果てるような人選です。これは税金のほんとうの無駄遣いとしか言いようがありません。
崔監督については今更言わなくてもご存知の方が多いでしょうが、
在日韓国人というより只の学生運動崩れの左翼ゴロツキです。
強制送還すれば良いのですが韓国政府に入国を拒否されるでしょう。
王敏についてはアマゾンで「ほんとうは日本に憧れる中国人」の書評をご覧下さい。
いちばん性が悪そうなのは松本健一です。
この人の書いた保田與重郎に関する文章はほんとうに不快です。
あそこまで曲げて読まれると保田師も気の毒としか言いようがありません。

人の考えは多様で、言論を力で抑えるのは間違いですが
あえてこのような人選をする意図は全く理解不能です。
岡山においてアジアの未来を考えるために並べるような人では絶対に無いはずです。
「非国民」というレッテルを貼っておきたいような人でも文化勲章を受けたり
文化功労者に選ばれるのですから、「これがあたり前と思え」という事なのですか?
それとも国文祭は日教組の大会の延長ですか?
民主党政権だからこうなったのではないように思えます。
[PR]
by tatakibori | 2010-10-30 10:49 | その他 | Comments(4)
Commented by 水享 at 2010-10-30 23:22 x
これはひどい。
まことにもって、重篤な事態です。
国士の登壇を希求いたします。
愛国の想いは改めて投稿させていただきます。
Commented by tatakibori at 2010-10-31 09:18
ご賛同ありがとうございます。
憂国の士とまでいかなくても、もう少し普通の感覚の人で良いと思います。
選りにもよってこのメンバーとは主催者に良識は微塵もありません。
ネット上何処を探してもこの件についての異議がないのであえて書きました。
Commented by Backstreets at 2010-11-06 15:27 x
こんにちは。
これが時代の趨勢なのでしょうか。それ故に民主党政権が誕生したのかもしれません。
崔洋一監督の作品は文化人や知識人から高い評価を得ているし、言動も支持されています。語弊がありますが、個人的にはゴロツキの類いとしか思えないのですがね。
松本健一麗沢大学教授はどちらかというと保守の論客として知られていますが、京都のリベラル系の大学に短期間ながら籍を置いていたようだし、さもありなんといったところかもしれません。ちなみにこの大学は芸術系の学部を擁し、棟方志功の肉筆画が保存されているそうです。
王敏という先生の名はメディアを通してよく見かけますが、何をされているのか把握出来ておりません。葉千栄や張景子といった方々と同じ傾向の人でしょうか。
Commented by tatakibori at 2010-11-06 17:52
Backstreetsさん、コメントありがとうございます。
崔監督の映画は「月はどっちに・・」と「血と骨」を見ただけですが、
後者は誰が見ても不快な映画だと思います。
王敏という人は私も良く知りません。
その京都の大学は中尾ハジメ氏が学長だったところと思いますが、
スリーマイル島原発事故の本が有名だと思います。
そこでジャクソン・ブラウンとの接点が少しありそうですが、
中尾氏は所謂リベラル派だからちょっと立場が違うようです。
中尾の兄・片桐ユズル氏はボブ・ディランとかナット・ヘントフの訳でも有名なあの方です。
我が家でも関西私立美大で悩んだ事がありますので候補に上がった大学ですが
その「リベラル」が気になり他を選んだのです。
民族派の論客と言っても今の人達は
私が父から学んだ考えとは違う人のほうが多くて違和感を感じます。
棟方志功はピカソと同じく多作ですから肉筆画も多く色々な所で目にします。
荻窪のY先生宅の襖絵が今まで見た中では圧巻です。
お正月に近所の仲間の家でリラックスして描いたおおらかさにあふれています。
買い求めたものでもないし、残念ながら非公開です。
本当の傑作はそんなものだと思います。
<< 横浜で叩き彫展 目指せナルシスト >>