ふるさと村で叩き彫り展開催中

d0006260_4323979.jpg

久々の首都圏での叩き彫展が、24日から始まっています。
色々な会場を経験しましたが、これほどの雰囲気は滅多にありません。
京都・鹿ケ谷の法然院という名刹の講堂が最高でしたが
あれは330年の歴史があるから世界が違います。
比較の対象にそこまで出てくるような落ち着いた空間です。
今の首都は拡大して、西は小田原くらいまでが広義の東京と考えられるそうですから、
横浜市の北の外れと言っても都心まで20kmと世界最大の都市東京の中心に近い場所に
個人経営のこういったスペースを維持するのは奇跡のようにも思えます。
29日までやっていますので、ぜひお出かけください。
きっと、小さな感動があります。

場所は
寺家ふるさと村 郷土文化館 
〒227-0031 横浜市青葉区寺家町602 
電話 045-961-5862
[PR]
by tatakibori | 2010-11-26 05:04 | 仕事 | Comments(6)
Commented by 香本博 at 2010-11-27 06:47 x
山田さん、個展と合同展の搬入準備が重なり
今回は会場に行く調整がつかなくなりました。
問い合わせしておきながら恐縮です。
お会いできないのを大変残念に思います。
出来れば、福西さんともお話したかったです。
またどこかの場所か津山で、出会えるかもしれません。
すみません。
Commented by tatakibori at 2010-11-27 07:33
何時か、機会あればお会いしましょう。
Commented at 2010-11-28 00:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tatakibori at 2010-11-28 07:31
もう少しゆっくりお話したかったのですが
他の客もあり、失礼しました。
茶室の掛け軸はおもしろそうです。
他の流派なども調べて法則を研究したいですね。w
Commented at 2010-11-30 18:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tatakibori at 2010-12-01 11:04
コメントありがとうございます
ここの展示会は、しばらく続けてやってみようと言われています。
来年にも開催予定ですからご案内を差し上げます。
また機会あれば覗いてやって下さい。
<< 燃費計測 芸術の才能とは >>