香川・丸亀で叩き彫展開催

d0006260_1910535.jpg

香川・丸亀市綾歌町栗熊東の山一木材・KITOKURASギャラリーで
5月20日(金)~25日(水)
山田尚公 叩き彫展 を開催します。

今回から仕切り直しというか気持ちを切り替えてやろうと考えています。
先ずは製作実演です。
どうやって彫るのか、どれくらい時間がかかるのか
見れば分かります。
次に、最近流行のワークショップです。
木版画教室を開催します。
d0006260_19165073.jpg

震災以降考えたのは「社会貢献」です。
微力な彫刻家がどうやって社会貢献するのか難しい問題があります。
やはりイベントを通じて経済活動に少しでも参加していくのが正攻法です。
既存の百貨店や画廊での個展も良いですが
21世紀のスタイルとして非営利のNPO法人などのイベントに参加するのも
面白い方法だと考えています。
今回はNPOではなくて一般の企業の主催するギャラリーですが
この部門は非営利を趣旨としている変わった形態です。
ここに集まる人々の中から千人に一人でも本業の客が出てくれば良いという
ゆとりのある営業スタイルです。
NPO法人もスポンサーが必要です。
結局は多くのNPOは自治体の支援を受けています。
場合によってはお荷物になっているのは否めません。
大手のメセナでなくても、発想を変えて方法を探り
結果的に芸術文化への大きな貢献を実践しているのがここのギャラリーです。

先日、紹介の「浅野晃詩文集」も一介のサラリーマンが私財と
労力を注ぎ込んで具現化した非営利の出版です。
自著の私家本を趣味で発行するのとは違う大きな文学への貢献なのです。
こういう動きが21世紀の芸術文化だと思います。
それだけ世の中が豊かで成熟しているのだと思います。
しかし、色々なものが溢れて分かり難くなっている現状もあるようです。

今回は初めての場所なのでどれだけの来客があるか分かりませんが
来場者にはできるだけ楽しんでいただきたいと思っています。
[PR]
by tatakibori | 2011-05-19 19:37 | 仕事 | Comments(6)
Commented at 2011-05-21 21:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぐみの木 at 2011-05-21 22:42 x
何気なく撮られた写真でせうが、軽快なアングルですね~
・・・生意気言って失敬です。
ぐみの木愛用は、小さな安物コンデジです、目が悪くて
なかなか水平が出なくて困っています/愚痴こぼしで失敬しました。
Commented by tatakibori at 2011-05-22 07:11
浅野晃詩文集はわかる人は高く評価されています。すぐに反応はないかもしれませんが
後世に残る本だと思います。
Commented by tatakibori at 2011-05-22 07:18
ぐみの木殿
デジタルになって写真は技術や機械よりも撮ったモン勝ちです。
いっぱい撮って楽しむのが正攻法だと思います。
そういう意味では中高年の男性よりも、女性のほうが
純粋に楽しんでいるように思えます。
私はブランドに興味がないのでメーカーにこだわるなど
意味が分からない部類です。
コンデジで充分というか、フィルム時代を考えれば大変な高性能です。
Commented by いずみ at 2011-05-22 20:55 x
山田さん、こんばんは。
今日、叩き彫りのワークショップに参加させていただいた、ガールスカウトの山下泉です。
山田先生のサポートのおかげで、自分でも大満足な作品ができました!
子どもたちと、おしゃべりしながら、わいわいと楽しい一時でしたね。
また、お会いできることを楽しみにしています。
本当にありがとうございました。
Commented by tatakibori at 2011-05-22 22:16
いずみさん
今日はお世話になりました。
ガールスカウトの子供たちがあんなに張り切るとは
想像もしていませんでした。
今の子供たちは欲がないと思っていましたが
彼女たちはけっこう積極的だったですね。
良い思い出になって欲しいです。
<< 木版画教室 情報格差 >>