木版画教室

d0006260_147382.jpg

先日の香川での叩き彫展で初の試みで「木版画教室」を開催しました。
6日間の合計20数名が参加されて、充実した時間と出来上がりの作品に大満足でした。
最近はワークショップという名で参加型のアートイベントが流行っていますが
自分でやったという満足感ではこの木版画教室はかなりレベルが高いものがあります。
全くの通りがかりの人も多く、お母さんが突然に始めてしまって2時間も待たされた
お気の毒な家族もありました。
それだけワークショップに興味を持っている人も多いのです。
用意されたガラスや陶器に絵付けをするタイプの教室も楽しそうですが、
木版画は絵が描けない人のために下絵を数種類用意してあります。
ちょっとしたアレンジや文字入れでオリジナル度がアップします。
集中力も要りますし疲労感もあるので刷り上りの感動がありますね。

今後は下絵の種類を増やし、簡単な額も用意して2,000円程度の参加費で開きたいと企画中です。
少し大きなアートイベントにワークショップだけの参加として開催するのも面白いかもしれません。
[PR]
by tatakibori | 2011-05-27 14:23 | 仕事 | Comments(0)
<< 震災後 香川・丸亀で叩き彫展開催 >>