ガラパゴス

d0006260_14493146.jpg

ガラパゴス諸島は赤道直下の南米エクアドルの沖900kmにあります。
他の世界と隔絶された進化をとげた動物が多くいるとされます。
ダーウィンが進化論の着想を得た地域として知られています。
日本で今、ガラパゴスと言えばビジネス用語の「ガラパゴス化」です。
じつは最近まで知らなかったのですが、2006年ごろに定着した言葉で
日本の閉鎖的な市場や規格で世界標準から離れてしまって結果的に
現在の家電不況の原因となった携帯電話などの事を示すそうです。
反対語は「グローバル化」でそれぞれ鎖国、開国と同じような意味です。

日本のガラパゴスの象徴は軽自動車だと思います。
戦後、日本の発展に必要だった自動車の普及のため
安価な小型自動車の規格として登場したのですが、
今から思えば敗戦国の屈辱的な情勢が大きく関わっていたのは明白です。
為替が1ドル=360円は、円は360℃だからと適当に決められたそうですが、
同じ数字の360ccという排気量の規格が鈍い動きしか出来ないアンダーパワーの
自動車を押し付けられたように考えられます。
当時のYS-11という国産旅客機がおそろしく非力なエンジンを積んでいたのは
軍事転用できない重い足枷だったのは間違いないと思います。
従順な日本人はそれでも国産軽自動車を愛して、やがてスバル360という名車を誕生させます。
さらにホンダN360の登場で軽でもスピードを楽しめる技術を確立させました。
軽はやがて550ccから660ccへと排気量の拡大と、安全性の向上の為の
大型化を経て現在の規格へとたどり着いています。
一部の国には少し大きなエンジンを積んで輸出されているようですが
ほぼ国内専用で世界には通じない、売らないガラパゴス商品です。
しかし、今や世界に誇る日本の製鉄やエンジン制御の技術で安全性、走行性能を
向上させて貧乏臭さ皆無のキュートな商品に育ったのです。
ガラパゴスでも良いとは言いませんが、
いかにも日本人らしい物事の進め方、磨き方がここにあります。
[PR]
by tatakibori | 2012-11-06 15:22 | 日々の生活 | Comments(7)
Commented by yayoishibainu at 2012-11-06 19:03 x
こんばんは。。。

少し視点が、異なりますが

みかん オレンジ
米 ライス
林檎 アップル
酒 ワイン
牛肉 ビーフ
。。。

翻訳すれば、近いのでしょうが
全く異なるのかな?

山田さん の視点
いつも 楽しくて。。。
Commented by tatakibori at 2012-11-06 20:13
yayoishibainuさん、お褒めのお言葉ありがとうございます。
世界不況ですから内需拡大こそが活路です。
真剣に考えなければなりません。
Commented by yonakijiji46 at 2012-11-25 23:57
ガラパゴスと揶揄されますが、日本はどうも海外にばかり目が向き過ぎている感が否めませんねえ。

この際 内需拡大にもっと意識を持って取り組んで頂きたいものです。(笑)

海外に生産部門を出向させてばかりで 技術も取られ放題

旅行といえば海外ばかり

福島産に100ベクレルの規制を掛けていますが 輸入品は300ベクレルを超える基準で安価に流通させてもおります。

中国や韓国などはその検査すらほぼスルー状態

日本人の思考能力自体がガラパゴス化しているように感じます。(笑)

携帯もSOFTBANKにいいようにあしらわれておりますが、電波の複数の使用などは認めてはならんのではないでしょうかねえ。
孫正義は帰化しているそうですが、常に朝鮮民族としてのアイデンティティに基づいて行動しています。
顧客の基本台帳も韓国に持ち出して管理しています。

日本人だけがその事実を知らないのですからなあ。


BY柳虫( ̄0 ̄)/




Commented by tatakibori at 2012-11-26 05:59
外国人とは同じ土俵に立たないのが日本人の使命なのかもしれません。
完全にモンゴルに乗っ取られた大相撲がそれを示しています。
あれだけがんばっても1勝も出来ないF1を観ていると騙し合いの世界に
我が民族は入っていけないとつくづく思います。
Commented by yonakijiji46 at 2012-11-26 16:53
同じ土俵に立つ

これが理解されていないのではないでしょうか。

其々の土俵にルール(法)があります。
相手の土俵に立つということは相手のルール(法)を受け入れるということ。

日本人は自らの土俵のルール(法)さえ相手に無用の配慮をしてねじ曲げてしまいます。

自らの土俵に持ち込んでも結局は相手の土俵に立つことになる。

相手は断固自らのルール(法)を曲げませんからね。

グローバル化が声を大きくしていますが、歴史をみれば鎖国と揶揄される徳川幕府でさえ貿易や人的交流は盛んに行っておりました。
ぎゃまんやびーどろや南蛮渡来なる舶来物も民衆の娯楽の中にありましたしね。

医学、数学、簿記、物理、科学、化学、力学、等々

日本は先進国を凌駕する技術や能力も備えておりました。

グローバル化は昨今始まったのではなく、実はシルクロード時代や大航海時代からもしかしたらもっと古くから始まっていたのです。

近年の日本人はグローバル化という言葉にあまりにも翻弄され過ぎているようにおもいます。

土俵=ルール(法)

ということを確り弁えなければなりますまいね。


BY柳虫( ̄0 ̄)/














Commented by yonakijiji46 at 2012-11-26 17:04
相撲会は外部からの干渉が過剰過ぎます。
故に、俗世のグローバルの風潮の煽りを受けてこの様です。

そもそも相撲は格闘技の前に武道であり神事であります。

皇室との関わりも深いが故に国技とされているのですから、他のスポーツや格闘技などのエンターテインメントとは異質なる存在でしょう。

それをファンも当事者もマスメディアも各関係機関・団体も見失っているのではないでしょうか。

八百長だの暴力団だのと叩かれまくり場所を停止させたこともありますが、相撲会のことは相撲会に任せて外部が一々干渉しないのが一番いいと考えます。

まあ、理事会からしておかしくなっているのかも知れませんがね。


BY柳虫( ̄0 ̄)/

Commented by tatakibori at 2012-11-27 19:43
yonakijiji46さん、言葉の定義の問題になると私にはお手上げですよ。
一般的な軽い意味だけで勘弁して下さい。
それに私は相撲は見ません。
<< 横浜で叩き彫展を開催 干し柿のブランデー漬け >>