工芸作家はアウトロー

d0006260_2058579.jpg
 
建国1300年記念「美作の工芸作家展」(仮称)の開催を計画しています。
開催予定日は平成25年10月18日(金)19日(土)20日(日)の3日間(予備:その次の週末25~27日)
場所は津山文化センター展示ホール
趣旨として・・・作州に今どんな工芸作家がいて何所でどういう活動をしているかあらためて地域の皆様に知っていただくためのイベントです。
近年、美術工芸関係の作家活動を美作地域で始めた若い作家が増えて世代交代が急速に進んでいます。
アート系のイベントは多く開かれていますが、工芸は物を作って売るのが生業(なりわい)ですから参加しにくい状況もあります。
そこで美術工芸関係の作家を集めてその作品、活動や工房の所在地などを広く多くの方々に知っていただくのが目的です。
古くから活動をしているベテランの方々に聞いても、最近は工房へ訪ねてくる人が減っているようです。
気軽に工房へ見学や制作体験など楽しみに訪問し、美術工芸を身近に親しんでみようと
世の人々に呼びかけたいと思います。

テーマ:「作った人の顔と名前が分かる物に囲まれたこころ豊かなくらし」(仮)

参加作家:作品を販売できる人です。陶芸、木工、染色、彫刻、絵画、版画、ガラス工芸などジャンルは問いません。
販売、見学可能な工房があり、それを知ってもらいたい人。
ワークショップ、体験教室や定期的に教室を開催している人・・・・

と言う事で、現在は参加作家を募集中の段階です。

で、ここからは私の本音のお話です。
世の中ほとんどの職業は資格や制度の中にあります。
美作は過疎地域なので、周りを見渡すと医療、福祉関係とか教育関係、公務員、消防署、警察、自衛隊などが多いようです。
中学の同窓会で気がついたのは食べ物に関係する仕事の人も多いようです。
薬局、自動車関係、建設関係もあります。
あとは工業団地の工場で働く人達です。
自営業や専業農家は珍しいと言えます。
医師、看護士、薬剤師、介護士など多くの資格が必要な職種で構成される医療・福祉は
国の保険制度あってのもので医療保険、介護保険など税金がその基本です。
もちろん公務員は100パーセント税金から給料が出ているのは言うまでもありません。
多くの民間企業や自営業でも何らかの法的制約や許認可の中で法律を守りながら仕事をしているのです。
そうやって考えていくと、工芸系作家は法律とか制度とは無縁の珍しい職業なのです。
国や自治体、大企業のメセナ活動が主催するアートイベントは工芸系から見ると公共事業のようなもので
中々そこへ参入できない現実があります。
今から40年ほど前には工芸系の作家や事業所を集めて県の観光物産課が世話をしていた事があります。
全国へ備前焼を売り出したのは岡山県の仕事でした。
ジェトロが紹介して工芸品をアメリカに輸出した事もあります。
今はそういう動きはほとんどありません。
農業なら普及員とか専門職があり細かく農家を回って指導しています。
工芸には何の手助けも無いのです。
今の工芸作家は完全なアウトローなのです。
我々から見ると世の反体制の発言者はほとんど体制の中でぬくぬくと暮らしている人々です。
アウトローは体制の批判さえ許されないのです。
団結して何かを勝ち取るというような事は考えませんが、
横のつながりを少しでも持って手作りの価値ある仕事を後の世に伝えたいのです。
日本のモノつくり文化が衰退したら、それこそ日本そのものが滅ぶかもしれません。
世の一番自由な仕事であるが故に貧しく慎ましく暮らし、ひたすら良いモノを作る事だけを
願う作家を集めて、人々に少しでも知ってもらうのが目的なのです。
[PR]
by tatakibori | 2013-02-28 21:34 | 仕事 | Comments(0)
<< 道があるから バタフライ効果 >>