祖父の仕事

d0006260_16221696.jpg

母方の祖父は仕服(仕覆とも、読みはしふく)の職人でした。
昭和20年6月の岡山大空襲で焼け出されるまでは、茶道具の商いと
少しの家賃収入、仕服を作って人並みよりはやや裕福な生活だったようです。
京都には道具屋をしながら何かの茶道具を作っているような
お店を今でも見かけます。
千家十職と言われるような最高位の職人は別として、
普通は何か他の収入も得ながら、
代々に渡ってこだわりの道具を作り続けるのが職人の家です。
現代においても物作りの仕事だけで生活していくのはたいへんだと思います。
茶道具の竹細工が本職だけど、生活の糧には土産物の玩具に近いような
ものを作る人や、木工ロクロの職人が独楽やコケシを作っているのは
よくあるパターンだと思います。
能面を打つ職人はいつの間にか消滅して技術が途絶えたそうです。
現在は高度な技術を持つ木彫職人が家元に継承される実物を参考にしながら
その複製を作るような形で再現されているようです。
昔から、能面を打つだけではとても生活していけないのです。
手仕事として技術的にも美術的にも価値の高い仕事をどうやって継承していくか
という大きな問題があり、それは昔も今も変わらない状況なのだろうと思います。

祖父は戦後は細々と仕服を作りながら、茶道具の鑑定などもやっていたようです。
その目利きの秘蔵の茶器がこれです。
d0006260_1641579.jpg

唐物染付捻盃のような箱書きが見えます。古い景徳鎮なのでしょう。
とても良い色だと思います。

追記
祖父は貧乏を極めていたので、けっして高価なものではありません。
[PR]
by tatakibori | 2013-04-25 16:42 | 仕事 | Comments(8)
Commented by マイケル at 2013-04-26 00:57 x
今晩は~
物づくりは人の心を動かさないと買ってもれえない厳しい仕事ですね。
その辺は野菜は米などの食品と違いますね。
ましてや美術品ともなると貧乏人は一生買えないともいえますのでなおさら難しいですね。

能面は光の角度で喜怒哀楽が表現出気lる世界でも珍しい芸術の頂点的技術だと思います。
いずれも魂の象徴のようですが般若などより小面が難しいのは単純なものほど難しいと言う美術の基礎が具現化されたような技術だと思います。

僭越ですが、おじい様の景徳鎮は呉須のコバルトの色が鮮やかすぎる気がします。
江戸時代の写しではないでしょうか?
唯の感なので気にしないでくださいね(笑)。
ではまた~
Commented by tatakibori at 2013-04-26 07:06
最近はアート、美術の民主化が進んでいるようです。
金持ちがいなくなったのかもしれませんが、
平凡な貧しい人々が精神的には贅沢に美術を楽しむ良い時代になったように思えます。
他所は知りませんが、少なくとも岡山ではそういう傾向がはっきりしてきました。
逆に言うと、米や野菜と美術、工芸の立場はそれほど違わないようです。w
能面を打っているのは大学の後輩で私よりは少し若い世代の人です。
家元との交流から始まってますから、観賞の立場と違って
あくまでもクリエーターの話に終始するのが面白いです。
話はけっこう大雑把にしますが、出来上がった作品は繊細そのもの表情を持ってます。

盃は写しなのですか?知識がないので私には分かりません。
福岡の人は唐津や有田が近いので日常にそういうものに親しんでおられるので
写真を見ただけで色々とわかるのですね。
これはたとえ贋物であっても祖父がとてもたいせつにしていた品で
大事にしなさいと母が譲り受けたものですから
これからも大事に保存します。
Commented by マイケル at 2013-04-26 10:19 x
<盃は写しなのですか?
一時期、古伊万里を集めていたので何となくなので気にされないでください。
なんでも鑑定団はほぼ当たりますよ(笑)。
TV番組は事前に調査してリハーサルを重ねますので中島誠之助がどれほど審美眼hがあるのかかなり疑問です。
あれは台本どうりしゃべって演技してるだけです(爆)。
ではまた~
Commented by tatakibori at 2013-04-26 10:35
鑑定団は玉石混淆ですよ。
明らかに??なものもたまに出ていますね。
事前調査と言ってもTV局のスタッフです。
スポンサーや力関係でどうにでもなります。
Commented by マイケル at 2013-04-26 22:16 x
鑑定団の評価は??ですね。
売って旅行に行きたい云々ありますが、アノ値段で古美術商が買うとは思えないです。
私も油絵のコレクションががありますが画商に持ち込んでも買った値段の1割くらいでしか取らないですね。
毎日オークションに出したほうが値段がでます。
Commented by tatakibori at 2013-04-27 07:15
手持ちの美術品の処分は、自分でコツコツとオークションにかけるのが良いですね。
父の作品が出ると知らせが入るようにしていますが、数年前より相場がかなり下がっています。
必ず売れるだけマシなのかもしれません。
5、6年前なら納得のいく値段で売れてましたが、
今はかなり安いです。
人間国宝クラスの作品でも似たようなものです。
自分で購入した人がオークションに出品する事はまずないですね。
記念品などに制作したものや、購入者の遺族、あとは業者です。
Commented by マイケル at 2013-04-27 11:20 x
昨今の美術品の値崩れは凄いですね、バブルの頃の超人気作家で10号300万の絵が50万くらいで売られてます。
1知部のカルト作家で熱狂的ファンがいる作品はぎやくに上がってますが~
私は池田満寿夫のエッチングが好きで要らないと言う人から5万で買いましたが東京の画廊で同じものが80万で売ってたりします。
値段があって無いのが美術品で欲しい人は何が何でも欲しいわけですね(笑)。
幸い棟方 志功さんのレベルになるとそういうことは無く資産価値が有ると思います。
コレクターの宿命か一生懸命、美術品を集めても死んだら価値の解らない家族にゴミにだされるかヤフオクに出されるかで、きちんと換金出来る遺族は少ないかもしれませんね?
絵画とかはまだましで「水石」とか石を集めてる人がいるでしょう?
あれは遺族には解んないでしょうね?
Commented by tatakibori at 2013-04-27 14:44
某企業創業者は美術品のコレクションが多かったそうです。
没後に後継者がそれを展示する美術館をある建築家に依頼したところ、
その企画はとある理由で断られて代わりに某島にXX美術館が出来上がりました。
いくならなんでも大金をかけて贋作のための展示館を建てるのは出来ないという
建築家の良心だったのでしょう。
結果的には、そのおかげで今年もXXXXX芸術祭は賑わったそうです。
まあ、めでたし、めでたし・・・です。ww
<< カテゴライズ 和様 >>