勝山町並みクラフト市

d0006260_19211860.jpg

11月23日、24日は真庭市勝山で「勝山町並みクラフト市」と題した
ワークショップ主体の大イベントに参加してきました。
私は2年前のリビングインアートプロジェクトの時と同じ旧郵便局が会場でした。
d0006260_19232367.jpg

イベントはかつやま町並み保存事業を応援する会と真庭市が主催です。
全部で15のワークショップがあり、そのうち5つが真庭市以外からの参加のようです。
この中で、先日のクラフトデイズの参加者は4名で、参加の意思があったものの
都合が悪かった2名を合わせると6名が関係者と言えます。
d0006260_19302958.jpg

イベントは大成功で勝山の町並みは季節外れの観光客や体験教室の
参加者でたいへんな賑わいでした。
真庭市の職員も運営団体の責任者も大喜びでした。
岡山県北で、ワークショップが主体のイベントは今までありそうでなかったのです。
私は、どんな雰囲気になるか興味津々で自分の仕事より調査、視察という気持ちで
参加したのが本音です。
結果的にこれだけの成功を見られたのは幸運でした。
来年はクラフトデイズでもワークショップイベントをやると、私は決意しました。
d0006260_19374633.jpg

今回は真庭市が相当な力を入れて文化往来館ひしおに専属のスタッフを配置して
パンフレットやTシャツを作り、岡山市からのバスツアーを企画して集客するなど
予算もある程度用意したようです。
しかし、肝心な部分は地元商店街の店主らの無償の協力が大きいように見えました。
私達がやるならお金の出所がありませんから、最低限のパンフレットと
手作りの看板など倹約できる所は徹底的にやらなければなりません。
一番の課題は継続的なイベントに育てる事だと思います。
「アートによる町おこし」であり、効果的な「地域振興」でなければ
地域の協力は得られません。
イベントは作家の生活のためではありますが、直接的な収入には
さほどつながらないと思われます。
簡単に言うとこれだけでは食べていけないのです。
この手のイベントで馴染みの人を作り、その輪を広げる事が
作家にとっては重要です。
地域にとってはそのイベントが定着する事によって
町のイメージの向上や観光客の増加がたいせつです。
若い作家と町の若い住民の交流なども有意義です。
いずれにしても単発のイベントでは集客できたとしても
効果は得られないので、将来を見越した計画を練っているところです。
クラフトデイズというグループで社会への貢献を目指さなければ
参加作家の生活も良くなりません。
がんばります。

勝山町並みクラフト市のブログ

勝山町並みクラフト市のfacebook
[PR]
by tatakibori | 2013-11-26 19:59 | 仕事 | Comments(0)
<< 続・アートによる町おこし クラフトデイズの展望 >>