叩き彫

d0006260_12175912.jpg

昭和20年代の祖父の作品です。
この作風で「叩き彫」と名付けられました。
祖父は円空には興味を持っていなかったようで、
写真集や雑誌など見ていませんでした。
昭和になって円空を見直したのは柳宋悦ですから、
民芸運動に近かった人達がよく知っていたのは
間違いありません。
円空を模したものではないのが祖父の特徴です。
私は幼い時に祖父の彫る姿や、作品を身近に感じて
これが途絶えるのはもったいないと思いました。
しばらくは叔父が後継者として仏像を彫っていました。
私は叔父とバトンタッチしたようなものです。
円空の写真集は子供の頃から見ていましたが、
祖父の豊かさ、バランス感覚はなかなか良いと
信じて育ちました。
d0006260_12261014.jpg
今日の私の新作です。
鉈彫りと呼ばれる大胆な表現は平安時代にはすでに登場して
仏像彫刻にまた違った芸術性を加えています。
円空にも先人があったのです。
もっとさかのぼれば、ホモサピエンスが石器や鉄器を
使い始めてすぐに木彫はあっただろうと思われます。
日本は森林がとても豊かだったから身近な素材の
一番は木材だったはずです。
しかし、残念ながら湿度の高い日本では
木彫は腐り、保存されなかったのだろうと思うのです。
私の木彫のルーツは祖父の叩き彫であり、
さらにたどれば原始の人々が木を刻んでいた
文化にたどりつくだろうと自分では思っています。
[PR]
by tatakibori | 2014-09-18 12:34 | 仕事 | Comments(0)
<< 草枕 カッコいいカメラ >>