小型デジタルアンプのお話

d0006260_12300725.jpg
このブログの記事の中で人気があるのは小型デジタルアンプのお話です。
使っている小型デジタルアンプを紹介しておきます。
手前右から、
ステレオ誌付録のLXA-0T3を手づくり木製ケースに入れたもの。
トッピングのTP10-Mark3。
かつて秋月電子通商で扱っていたパーツで組み上げて、木製のケースに入れたもの。
後列は右から、レパイ、鎌ベイアンプの古いタイプ。

どれも似たような部品で作っていますから
たいした差ではないと思います。
ケースの品質感やスイッチ類のタッチには値段相応の差があります。
音質の差として感じるのは・・・
音が大きく感じる製品はゲインが大きいのでしょうから
それなりに荒っぽく感じる場合もあります。
逆に音が小さいトッピングは繊細な雰囲気があるような気がします。
比較試聴しなければ気にするほどの差でもないと思います。
鎌ベイは2台手に入れたのですが、音を絞ると片chから音が消えたり、
故障があったりと先発メーカーの初期商品らしい欠点もありました。
これも旧製品で今は手に入りません。

ノイズが気になった事もありますが、丹念に調べると
たいていはケーブルが原因だったり、CDプレイヤーの劣化だったり、
古いプリアンプの故障でした。
パソコン関係の動作不安定と同じ様な傾向があるようです。

震災以降の電気代の値上げやエネルギー問題を考えれば
かつてのように消費電力の非常に大きなアンプを使う事はないでしょう。
照明をLEDライトに替えたように、もう元には戻れません。




[PR]
by tatakibori | 2015-04-29 12:57 | オーディオ | Comments(2)
Commented by 山本ゆ at 2015-04-29 18:54 x
デジタルアンプたちの一員に加えてくださって光栄です。
私のまだ実現していない夢は、大型スピーカーとホンダ製スポーツカーです。
どちらも10代の頃に思い描いた夢ですが、30年経った今に至るまで空想の中で楽しむばかりでした。
自宅ができて、S660が登場して、どちらも実現可能といえばそうなのですが。
Commented by tatakibori at 2015-04-29 19:42
山本さん、こんばんは。LXA-0T3は活躍しています。ご安心下さい。
ホンダ製スポーツはありませんが、大型スピーカーならおまかせ下さい。場所が空いたら持って参上いたします。
<< しゃべり言葉 まだこれからやりたい事があるとすれば >>