MT(マニュアル トランスミッション)

d0006260_14003049.jpg
私が日常の足に使っているクルマはサクシード・バンの珍しいMTです。
13年前にクルマを買う時にMT車の選択肢がほとんどなかったのでこれになりました。
ATが嫌いとか、強いこだわりがあるほどではありません。
私が20歳の頃、父がクルマを買い替える時に、その当時としては珍しかったATを
強く推したくらいで合理的なAT車には子供の頃から憧れさえ持っていました。
トヨグライド2速ATのパブリカとかコロナを試乗した事もあります。
今まで我が家にAT車が無かった事など一度もありません。

意識はまったくしていませんが、街でポルシェを見かけた時にそれがATだったら
すごくがっかりするのは事実です。
マツダロードスターとかトヨタ86などもMTでなければ価値が無いように思えます。

自分では、なんとなく足クルマはMTの方が良いと思うだけです。
しかし現実はどんどん変化して、MT車の需要は減るばかりのようです。
とうとう一昨年にサクシード、プロボックスがCVTのATに進化して
MTが消滅しました。
次に買うクルマをMTに限定するなら荷物が少ししか積めない小さな
乗用車、あるいは軽自動車にするか、少し大きな貨物車くらいしか
選べなくなってしまったようです。
いざ現実にMTを止めるとなると大きな寂しさがこみ上げてくるのです。
今のクルマをどうやって延命して乗り続けるか対策を考えています。
私のような人間は絶滅寸前なのでしょうか?


[PR]
by tatakibori | 2016-02-16 14:24 | その他 | Comments(2)
Commented by aitoyuuki32 at 2016-02-16 21:54
お久しぶりです

我が家のアルテッツア6MTはまだ健在です
まだ12万キロなのであと3年は乗ろうと思ってます
そのほかシビックの6MT、ハイゼットカーゴは5MTがあり
アルトエコのみCVT
ひとり一台、贅沢な時代です

通勤になるべく自転車に乗りたいので
雨以外は車を使ってません
自転車は実用、車は趣味
これまたお叱りを受けそうな事ですね
Commented by tatakibori at 2016-02-17 06:50
恩田さん、お久しぶりです。アルテッツアの3Sエンジンは可変バルタイ搭載で最新のエンジンに比べて、それほど古臭いものではないと思います。自動車は2000年頃にある種の頂点に達したというのが私の考えです。そのあたりの名車の一つがアルテッツアですね。大事になさって下さい。
<< 普通でないもの 個人美術館その2 >>