もう一つ彫る

d0006260_20581245.jpg

それでも一日頭を冷やしてからもう一つ彫ってみました。
う~ん、まあまあでしょうか。
篆刻は高尚な遊び心が肝心です。
人間のスケールが出てくるようで怖いですね。
今回はこれが一番傑作です。
[PR]
by tatakibori | 2006-09-28 21:01 | 仕事 | Comments(0)
<< 「炫火頌」(かぎろいしょう) 落款を彫る >>