大阪うめだ阪急叩き彫展

d0006260_1927583.jpg

体調不良のままで臨んだ叩き彫展ですが、終わってやっと一息ついたところです。
耳の調子は少しは良くなりましたが耳鳴りはまだあります。

今回は2年振りの第16回という事です。最初は1990年でしたから17年前です。
じつは今回からは実質的に私の個展ということでかなりの緊張感もあったのです。
今までは父との2人展です。ここの会場では今までも私が中心でやってきましたが
作品については父のものが主力であったのです。

d0006260_19445394.jpg


百貨店の美術画廊でのイベントは販売も大切ですから
その期待に応える必要もあります。
結果としては目標まではいかなかったものの
まずまずの成果といえる線には達したと言えるでしょう。
来場者数は多かったと思います。
うめだ阪急は立替工事中なので画廊も仮住まいで狭くて人が入るスペースが
不足気味でしたから多くは望めません。

私の作品に対する反応は人それぞれで参考になりました。
一つの結論としては、もっとストレートに自分の個性を出した方がよいと考えました。

今までの父子展よりは一人の方が全体の構成とか対応なども
簡単に考えられるから気苦労が少なくて良いです。



仕事はいつも大きな山のようです。
やっと片付いてもまた大きな山があります。
時間は無情に過ぎていきますから
何もしないでも終わるのですが
それでは生きていく事ができなくなります。
些細な事柄が大きな壁に思えて困る時もあります。

目標を作ってそれに向かって努力する事が良いそうですが
私の目標とは何だろうと考えてしまいます。
夢を持ってそれを実現しようとすることそのものが
活力の源になるのでしょうね。
私の夢とは何でしょう?
[PR]
by tatakibori | 2007-06-17 19:52 | 仕事 | Comments(4)
Commented by yayoishibainu at 2007-06-22 20:30 x
はじめまして。。。
cozyさんのブログで 山田さんのことを知り
梅田阪急の叩き彫展にお邪魔しました。
短い時間でしたが 心が落ち着きましたよ。
お話しをしたかったのですが 
ご高齢の方とお話し中でしたので。。。

小さな木片を手に入れて 愛犬『さくら』を参考に
柴犬を彫ってみようと想っています。

些細な事が大きな壁に>>>毎日その連続で。。。
木に触れていると 何故か心がゆったりとします。


Commented by tatakibori at 2007-06-22 21:14
yayoishibainu さん
ようこそお出でくださいました。
叩き彫展にもお出でくださいましたか
たいへん失礼したようで申し訳ありません。

木に触れているときっと長生きが出来ると信じています。(笑
Commented by cozy at 2007-06-26 13:53 x
叩き彫り展にはお邪魔をいたしました。
成果があり良かったですね
yayoishibainu さんと同様に
>些細な事柄が大きな壁に思えて困る時もあります。
この様な事の連続です。

最近は時間が解決してくれると思いながらも、やはりストレスが大きいです。

僕はまだ全然結果がでていませんが

おっしゃるとおり、
>やっと片付いてもまた大きな山があります。
時間は無情に過ぎていきますから
何もしないでも終わるのですが
それでは生きていく事ができなくなります

全くの同感です。

僕は幸い昨年に「自分の夢」がわかりました。

後は実現するだけです。

夢はみるものでなくかなえる物と思います。
Commented by tatakibori at 2007-06-26 19:43
cozyさん
ご来場ありがとうございました。
成果あったのは目標が低いという事も大きいです。

仕事上の夢(目標)は、子供の頃からの夢と大学を卒業して始めた時の目標で、すでに達成しています。
あとはしっかりした収入があれば・・・くらいです。(笑
目標が低いのが私の性格なんでしょうね。

今の夢ってなんでしょうね?スポーツカーも欲しいし、家もきれいにして
合併浄化槽の設置とキッチン、トイレ、風呂の改装ともっと頑丈なリスニングルームも欲しいです。
・・・と相変わらずの現実的でささやかな欲望でした。(笑
<< 介護保険6 病床にて2 >>