最高の季節

木彫刻には梅雨時はよい季節です。
真冬は暖房で木が割れる事があります。
夜の仕事は光線の加減による失敗が多いので
昼間が長い夏至の頃は仕事がはかどります。

何よりも高湿度のおかげで固いケヤキやエンジュの木は
やや彫りやすくなるのです。
d0006260_20201954.jpg

梅雨が明けるまでは立像を彫って、
梅雨が明けたら板を削る予定です。
d0006260_20221533.jpg

[PR]
by tatakibori | 2007-07-18 20:24 | 仕事 | Comments(0)
<< 耳の調子 神様の名前 >>