芸術には金がかかる

d0006260_19313589.jpg
アーティストになるにも作品を作るにもたいへんなお金がかかるそうです。
まず、芸術系の大学の授業料は普通より高いのです。
作品を世に発表しようとするにはもっとお金がかかるそうです。

作品を作るにはたしかに資金が必要ですね。
でも、どんな製造業でも設備資金は必要です。

陶芸の場合など素人の趣味よりプロの方が
むしろ安い道具や設備を使っている場合があります。

ない物ねだりをするより手元にあるモノを最大限に生かして
先ず、やってみる事の方が大切です。
その力を創造力と言うのです。

この事は我が家のように代々やってきても親子あるいは兄弟の間で
意見が分かれます。
私は貧乏性ですからお金をかければ良いものが出来るという考えには
抵抗があります。
作品の素材にはお金を惜しんではいけませんが
汗を流す事や悩む事を嫌がっては何も出来ません。
お金が無いなら発想を変えて人が驚くような解決策を実行するしかないのです。
旧態依然の権威と格式と伝統の世界の考えに毒されては
プロとして食っていけません。
[PR]
by tatakibori | 2007-07-23 19:54 | 仕事 | Comments(0)
<< あと一ヶ月 昨日よりも >>