歓ビ歌

ねむる兒の ゑまひうつくし うらゝ陽の 花咲く庭に 蝶はとびかひ
炫火頌の製作を再開しようと思います。
先ず一番に選んだのはこの歌です。
以前から気になる家族を詠んだ愛の歌シリーズ(?)です。

保田ファンには怒られるかもしれませんが
ジョン・レノンの「BEAUTIFL BOY」を連想します。
良い歌です。
Close you eyes
Have no fear・・・
と優しく始まり、
Beautifl boy
Out on the ocean sailing away
I can hardly wait
to see you come of age・・・
美しい我が子よ
広い海を渡っていく
おまえがそんな年頃になるまで
とても待ちきれない・・・

すばらしき親バカです。
ジョン・レノンは全く純真に愛と平和を語ります。
理屈はありません。
日本人がそういうテーマを取り上げると
どうも理屈っぽくて言い訳のようになります。

これは美しい言葉で素直な歓びを歌っています。
理屈のない歌が保田の真髄です。
[PR]
by tatakibori | 2007-09-06 21:17 | 仕事 | Comments(0)
<< 歓ビ歌について 収穫の秋 >>