天馳る

d0006260_19165455.jpg

天馳る すべなきことを 知るきはに 千々に砕けよ 一代は人にあり
天馳る : あまかける

戦争中に大陸で詠んだ歌です。
多くの人が死んでいくのを見たのでしょうね。
悲しみに満ちているこころのようです。


あと6点ですが
歌を選んで3つは下絵を描きました。

全部で100点+1と言う事です。

[PR]
by tatakibori | 2007-11-05 19:23 | 仕事 | Comments(0)
<< 戊子遊行吟 立春 >>