あかつきのまどろみ

d0006260_136533.jpg

あかつきの まどろみ浅く おもふこと 旅に死にたる 人の安らぎ

これも、誰の事を詠んだのかはわかりません。
旅に死にたる 人の安らぎ
旅といえば芭蕉を思いますがそうでもないようです。
アメリカのホーボーのような人生を送った人を何人も知っています。
ウディ・ガスリーの歌を聴くとその人たちを思い出します。
誇り高き日本人でした。
旅行中に死んだわけでもないですが
心のきれいな人は安らかに死んでいくと思います。


以上で山田尚公版「炫火頌」(かぎろいしょう)に
ひとまず区切りをつけたいと思います。
全部で101点彫りました。
後日ホームページにまとめたコーナーを作る予定です。

[PR]
by tatakibori | 2007-11-08 13:17 | 仕事 | Comments(3)
Commented by 渡邉晃 at 2007-11-09 14:17 x
お疲れさまでした。
創作に打ち込むオーラがこちらにまで伝播するやうに感じました。
保田與重郎の人となりを偲ばせる挿話も興味深く読ませていただきました。
有り難うございました。
Commented by tatakibori at 2007-11-09 19:22
渡邉さん
ありがとうございます。
こういうのは気合が気合が入らないと入らないとできませんね。
良い経験になりました。
Commented at 2007-11-18 13:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 炫火頌 第二集 かなしきもの >>