炫火頌 第二集

また文庫本サイズの手作り画集です。
手作りと言ってもプリンターで印刷です。
d0006260_19254295.jpg

第一集と合わせて見るとかなりの量があります。

こういうまとまった仕事はなかなか機会がないとできません。
今回は全く自分で企画して仕上げた仕事です。
今後、このような数が多い木版画の作品は
出来ないかもしれません。
そういう意味でも記念に残る仕事であったと思います。
[PR]
by tatakibori | 2007-11-09 19:30 | 仕事 | Comments(0)
<< 木版画の味わい あかつきのまどろみ >>