木版画の味わい

本物の木版画には深い味わいがあります。
実際に手にしてみると驚くほどの深みがあります。
拡大してみました。
d0006260_20173074.jpg

d0006260_20191758.jpg

d0006260_2019357.jpg

越前和紙の木版画用紙は繊維が太くて表面そのものに
かなりの深みがあります。
墨にも深い色合いがありますから
単純な墨の黒とは言えない広がりがあるのです。
これだけでもまったく贅沢な世界です。
[PR]
by tatakibori | 2007-11-10 20:23 | 仕事 | Comments(0)
<< 炫火頌 頒布価格 炫火頌 第二集 >>