叩き彫展

d0006260_21332756.jpg

25日からの作品展へ向けて用意をしています。
この一年は祖母の入院をはじめ介護に追われて
思うように時間がとれなかったので作品はやや少なめです。
それでも並べてみると「よくこんなに仕事をする時間が
あったなあ。」と思うほどありますね。
きっと人間は、何かに追われて切羽詰って仕事をしなければ
ならないように出来ているのでしょうね。

3人合わせて258歳の老人の世話です。
毎日が戦いでもあります。
100歳の老人の世話をしている人は多いと思いますが
82歳でまだ親が生きていると言う人は少ないでしょうね。

この一年で気持ちを切り替えて仕事をするという事を学びました。
[PR]
by tatakibori | 2008-01-18 21:40 | 仕事 | Comments(2)
Commented by ウッディ安藤 at 2008-01-23 23:21 x
こんばんわ!

急用がない限り、地味庵さんに寄らせていただきます。
忙しい時こそ集中出来たりすることありますね。
何事もプラス志向でいかんと、
やってられんことも多いですね。
版画も展示されるんですか?
Commented by tatakibori at 2008-01-24 09:47
ウッディさん
お待ちしています。
お天気が心配ですが
雪は積もる事はないでしょう。
<< 叩き彫展/新作木版画 サクラの版木 >>