叩き彫展/新作木版画

d0006260_13193953.jpg

あれもしたい、これもしなければならない・・・
考えていると焦るばかりで充分な用意も出来ぬまま
もう時間切れになりました。
最後の気持ちを込めて、木版画を完成させました。
例によってサクラの板です。
叩いて彫るとシンプルな線に表情が出ていい感じです。
美しい女神の表情は難しいですが
おそれていては何もうまれません。
構図などは棟方志功の「本歌取り」ですが
同じテーマにすればより違いが鮮明になると思いました。
慎ましく、初々しい表情と思っていただけたら幸いです。





d0006260_16364414.jpg

木版画はカメラで撮るよりスキャナーで
読み込んだ方がきれいですね。
[PR]
by tatakibori | 2008-01-23 13:27 | 仕事 | Comments(7)
Commented by 物の怪かずえ at 2008-01-23 15:27 x
これ、私はとても好きです。
週末にかけて用事がなければ、叩き彫展へ行きたかったのに、残念。
Commented by tatakibori at 2008-01-23 16:40
かずえさん
そのお言葉だけでじゅうぶんにうれしいです。
ありがとうございます。

棟方志功や父の作品を見て何か足りないもの・・・
それを探して試行錯誤です。
夢二の美人画とも違う何かです。
Commented by at 2008-01-23 21:09 x
素晴らしいですね。
シンプルな線に表情が出ていい感じ・・・ほんとうに素晴らしいです。

Commented by ウッディ安藤 at 2008-01-23 23:23 x
写真とは随分イメージが違いますね。
スキャナーの方が実物に近いんですね。
凄く良いです。
Commented by tatakibori at 2008-01-24 09:50
秀さん
ありがとうございます
やっぱり叩いて彫るのが味がでますよ。
簡素化すれば叩く意味が大きくなりますね。

ふつうの印刷物でないからスキャンしても
雰囲気がありますね。
色目もやや濃いですが正確だと思います。
Commented at 2008-01-26 14:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tatakibori at 2008-01-28 20:27
中村さん
やっと終わりました。
約束の仕事はもう少しだけ待ってください。
<< 明日からです 叩き彫展 >>