賄い

賄い料理と言えばご存知でしょう。
それと同じように余り物の商品価値の無い板で作った我が家の食卓です。
d0006260_2121138.jpg

簡単にプレーナーで削って、ウレタンを薄く塗ってあります。
工芸品としての値打ちもないし、まして美術品にはほど遠い物です。
職人の合理性精神のようなモノはありますね。
神経質さが全く無いので不思議な落ち着きがあります。
意外と美しさと味わいがあります。
生活の中に他人と全く違う価値観のこういったモノを置けば
人生観の表現にもつながるでしょう。
[PR]
by tatakibori | 2008-10-07 21:29 | 仕事 | Comments(2)
Commented by yayoishibainu at 2008-10-08 19:26 x
賄い料理・・・若い頃から私の得意技です。

山田さんの想いが 写真からとてもよく伝わってきますよ。
青年時代は モダンな生活(ある意味空虚な)に憧れておりましたが
今は 人肌を感じる物を求めています。
古くなると味わいが楽しめ 傷や汚れも想い出に。。。

価値観の持ちようで 清楚な生活を楽しむ事が出来ますね。
例え 収入が少なくとも。。。
Commented by tatakibori at 2008-10-08 19:52
割れないプラスチックで固めた木は呼吸をしません。
仕上げを良くすればするほど細かなキズが気になります。
せめて自分の手元に置くものはおおらかな生命を感じるものが欲しいですね。
<< 失敗を恐れない レタッチ >>