自分の好きな事

d0006260_21452993.jpg
私は保田與重郎師の和歌が好きです。
万葉集より良いと思います。
人間のほんとうのやさしさや強い美しさがそこにあります。
棟方志功の作品の中でも「炫火頌(かぎろひしょう)」は
保田師の歌を彫ってあり素晴らしいものです。
ただ解釈や世界観が私と違うものもあるし
自分の家に飾りたいと思う作品は少ないのです。
そこで自分が欲しいと思うような
保田師の秀歌を木版画にするのです。
父もやっていましたがもっとたくさんあってもよいと
思うからたくさん彫りました。

晩年の父はかなりボケていましたが
この仕事をとても嬉しそうに見ていました。
自分の仕事と私の仕事の区別はそこにはありません。
正しい継承なのです。
「ウチの田んぼの米は美味いぞ。」というような感覚でしょうか。
他のお家では出来ない事ですから
我が家で細々と続けてきた仕事です。

この作品は非売品で100枚限定
葬式のお供えのお返し用シリーズ第3弾です。
連結決算のお返しにしてやや大きな作品です。
歌は保田與重郎・天杖記・鎮魂歌その1です。
まさに秀歌中の秀歌です。
こういう仕事が出来るのは幸せな事です。
[PR]
by tatakibori | 2008-12-16 21:51 | 仕事 | Comments(0)
<< 天杖記鎮魂歌その1 ニュートラルコントロールポイント >>