2008年 04月 23日 ( 2 )

同人誌「昧爽」2

昧爽17号・平成20年春号が届いています。
d0006260_1957238.jpg

今回から私の木版画のタイトルと、表紙の写真を提供しています。
今号は内容がどちらかというと学術的な文章が多くて
写真に添えた私の文章が馴染んでいないようです。(笑
写真はこの次も作州の名所を撮りたいと計画しています。
津山城址か院庄・作楽神社が候補です。

昧爽誌は20号で終刊が決まっています。
すでに大きな役目は終えているという事でしょう。
同人誌を続けるのは難しいし、
目的が続ける事そのものでないなら
終わりが来るのは当然ですが
これだけの人々の集まりがあるのは
何かの形で残して欲しいと
思う人も多いでしょう。
[PR]
by tatakibori | 2008-04-23 20:17 | 読書 | Comments(2)

人を育てる

私が学生の頃、ある場所で父とその知人達が
芸術家を育てるとは、どういう事か真剣に話ていました。
若かったし無知だったからどの話も、もっともな意見だと
傍から聞いていました。
でも、それは個人の才能の問題もあるから環境をどうこう言っても
しかたがないような気もしたのを覚えています。

それから30年の時間が過ぎて、私も人を育てる立場になってきました。
あの時の話を時々思い出しますが、
ずいぶん乱暴な考えの人たちだったように思えます。(笑

今、私は18歳(男子)ともう10ヶ月程一緒に暮らします。
受験勉強もたいへんですが、一番大切な時間です。
芸術家に育てようなどと押しつけがましい事は思っていませんが
芸術を理解する大人になって欲しいと強く願っています。
あらゆる芸術の中でもたいせつなのは文学だと思います。
人を思い遣るこころを持つには文学を深く理解するのが大切です。
人間としての基本であり最も難しい事だと思います。
人の話をよく聞いて、文章をよく読んでから自分の意見を
持たなければならないとも思います。
何かモノを作る仕事に就くにしてもそういう事が一番大切だと思っています。
簡単に言うと言葉をたいせつにするということです。
適当にネットから拾った事を書いてはいけないと厳しく言ってます。(笑
これからはますますそういう時代になるでしょう。

文学に比べたら木彫などは簡単です。
良いものと悪いものがハッキリしているからです。
[PR]
by tatakibori | 2008-04-23 13:50 | その他 | Comments(4)