カテゴリ:未分類( 53 )

住まいの改善4

d0006260_09264269.jpg
工事は3月30日に始まりました。
先ずはLPガスの撤去と解約をして、便槽の清掃から始まります。
仮設トイレが持ち込まれて、35年余り使ったトイレとさようならです。
仮設は和式で慣れないので、かなり戸惑いました。
塩手池の公園のトイレが良いとか、コメリで買い物をしてトイレを借りるとか、
色々な方法が検討されましたが、野菜直売所のトイレが新しくてシャワートイレだったので
タイミングと時間が合えば買い物ついでに利用させてもらうのがベストでした。

取り壊されたトイレスペースはもともと広いのですが、土台が腐っていたり、
天井もしっかりしてないので思い切って取り去られてさらに大きな
空間になっていました。
我が家のメリットは広さと高さがあり、その制約を受けない事です。
デメリットは水平、垂直が怪しい部分が多いのと壁が波打っていて
真っ直ぐでない事です。
d0006260_09264643.jpg
お風呂の基礎が作られ、土台の大きな材が入れば良いものが出来そうな気分になってきます。
基礎屋さんと大工さんの仕事の合間をぬって水道屋さんのアクロバティックな仕事が進みます。
この辺の段取りは設計士とそれを補佐する棟梁の腕の見せ所のようです。

[PR]
by tatakibori | 2016-05-15 09:43 | Comments(0)

粉飾決算

d0006260_20011147.jpg
リップサービスと言うか、話を盛るには作法があるようです。
適度な嘘や誇張は驚きや感動を大きくする効果があります。
嘘だと分かっていても、引き込まれるような盛り方があります。
逆に、真実なのにウソ臭い話も多くあります。
ずっと昔ですが、テレビで「ホラ話」をテーマにトークショーをやっていました。
「太平洋で8畳敷くらいのマンボウを見た」と釣り好きのタレントが楽しそうに話していたのが
とても印象的で覚えていました。
ところが、昨年のニュースに「日本近海で全長3.7mのマンボウが捕えられた。」と
大騒ぎした事があります。
今から思えば、あのホラ話はじつは本当だったのです。

アートイベントを開くと、入場者数の報告をしなければならない場合があります。
これにはある種のマナーがあって、参加作家、スタッフに入場者を足して・・・
だいたい2倍くらいに報告すればおさまりが良いようです。
よく言われる主催者発表というヤツです。
イベントの性格によっては動員数が目的になる場合もあるので、
心地よい「盛り方」を考えなければなりません。
どう見ても100人くらいの来客しかないのに
翌日の新聞に「400人が楽しんだ。」と書かれていて、
少し寂しい気持ちになった事があります。

売上や利益を粉飾して儲かっているようにしたら、
融資を受けやすくなったり、信用がアップして
色々と良い事があります。
これも上手く書かないとすぐにバレるので、
テクニックが必要です。
税務署へ出すものと銀行へ出すものが別なら良いのですが、
同じにしなければならないのが苦しいところです。
かなり上手く仕上げたつもりでも、見破るのは簡単なのです。
さらにハイテク機器の登場でウソはますますつけなくなっています。

・・・の筈なのですが、何故かテレビ、新聞、ネットのニュースも
ますます信用できない時代になっています。
真実は自分の目で確かめた事だけです。
生れる前の時代の話は両親と向こう3軒両隣くらいの
年寄りに聞いた話だけ信用するようにしています。
勿論、粉飾の決算書の作り方は父に教わりました。

[PR]
by tatakibori | 2015-07-28 20:35 | Comments(0)

走れよメロス

d0006260_20262105.jpg
太宰治「走れメロス」から「メロスの全力を検証」と題する中学生の自由研究が話題になったそうです。
http://matome.naver.jp/odai/2139169037928220101
往路の平均速度は3.9km/h。
復路はアクシデントに阻まれて2.7km/h。
最後の力を振り絞ったラストスパートでも5.3km/hと推測しています。
平均速度と現実の差に着眼した中学生は将来きっと大きな仕事の出来る人間になるでしょう。
これに感銘した大人が大真面目で反論している文章もあります。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n251352

話は変わって、自動車のナビにGPS速度計がついています。
スピードメーターとの誤差は、およそ100km/hでマイナス5km/hほどの数値が出ます。
どちらが正しいかネットで検索すると、GPSが正確と言う意見が圧倒的です。
私が定期的に遠乗りする伊勢神宮まで、ナビでルート案内を表示すると、
距離が339kmで時間は4時間32分と出ます。
平均時速は74.8km/hです。
津山ICから伊勢ICは326.4kmで3時間55分と高速道路案内のサイトに出てきます。
その場合の高速道路部分の平均は83.7km/hです。
休憩の取り方は個人差がありますが、3回休憩して合計30分を足して5時間になります。
平均速度はおよそ68km/hまで落ちてきます。
簡単な食事もとればさらに20分ほど足して5時間20分で平均は63.8km/hと
一般国道の速度に近くなってきます。
経験上の実際のドライブでは、やはり5時間程度で走るようになります。
その場合でも、メーター読みでは制限速度よりやや速く走るようになります。
100km/h制限の道なら、追い越し時にはメーター読みでは120km/hくらいは
出てしまいます。
ガソリン消費を抑えるためにメータ読み90km/hでゆっくり走行すれば、
さらに平均速度は落ちてきます。
平均100km/hの数値を出すためには、瞬間にはかなりの制限速度違反を
する必要があります。

必死でスピードを上げても、そんなに時間は稼げないのですね。
メロスは友人の命を救うという目的を達したから良かったものの、
移動の計画は慎重にしなければなりません。
自衛隊の訓練でも、移動は最も重要な団体行動だそうです。




[PR]
by tatakibori | 2015-07-23 21:06 | Comments(0)

「守る」と「攻める」

d0006260_20332021.jpg
野球の投手は100球の良い球を投げても
たった一球の失投で敗者になります。
逆に、打者は三振、凡打が続いても
最後の一打で勝者になれます。
守りの方が100倍難しいと言えます。
勢いのある野党でも政権をとったら
まったく役に立たなかった事もあります。

ゲームではない人生や仕事において「攻め」を続けるのは、
常にハングリーであり続けるという事だと思います。
それもまた苦しいように思えます。
またその場合は、明確なルールを持たないから、
ここからは「守り」になるという客観的な
判断をしなければなりません。

木彫刻は仕上げに入ると、過程での勢いや
鋭い線がだんだん平凡になってきます。
死ぬまでには、守りを捨てた荒々しい
攻めの作品をものにしたいと思います。




[PR]
by tatakibori | 2015-05-29 20:57 | Comments(0)

続々時代閉塞の現状・インターネット革命

d0006260_2043287.jpg

不況の原因のひとつにインターネットがあると言われます。
インターネットによって情報が過多になり社会に大きな悪影響を与えているようです。
19世紀の末に印刷機と製紙機の発明により印刷物が多く発行されるようになり
知識が普及して不況の原因になったのは今とそっくりです。
反対にテレビが普及した1950年代には「一億総白痴化」と言われて
知識の普及とはほど遠く、景気の回復とともに消費の増加に貢献したのです。

産業革命というくらいで食料、衣類の大量生産が社会の構造を変え、
輸送手段や動力源の進歩、この200年間は常に何かの革命が起こり
それによる恩恵だけでなく産業構造の変化による不景気もあったのです。

なぜ私がこんな事を書くのか不思議に思われる人も多いと思います。
私の仕事は木彫です。
日本の木彫刻は鎌倉時代に大きな発展を遂げて技術的に完成されて
その後はそれを越えるものは出てきていません。
江戸時代に出てきた円空、木喰上人の木彫は技術よりも信仰心など精神性に
重きをおいたものです。
高村光雲、平櫛田中など伝統に写実を加えて近代の木彫の隆盛に貢献した偉人もありますが
しょせん鎌倉期に完成された技術を大きく進める事はありません。
700年も前から何も変らない、むしろ後向きな技法で木を刻んでいては
現代の価値観から言えば、職業として成り立たないと思います。
そんな世界で生きてきた私にとっては「情報」や「費用対効果」を考えていては
良い仕事はできないのです。

小売業がインターネットによって崩壊したようにも思えますが
その廃墟に生まれる新しい生命があるはずだと思います。
繊維産業は産業革命で常に変革を迫られてきた分野です。
今は中国製造の衣料に征服された市場ですが、そのうち中国からインドなどへ工場も移ります。
その頃には流通の手段も今とは違うでしょう。
高級衣料もなくなってしまうとは思えません。
伝統工芸のようなものになって生き残るでしょう。
これからも進化を続ける産業革命は常に大量生産が主役だから
それが原因の不況はつきものなのです。
物を作る力は人間の生きる力です。
今の不況を乗り越える力とはそういう生きる力だと思います。
自給自足で頑張るような力です。
[PR]
by tatakibori | 2009-12-22 21:36 | Comments(0)

まだまだ新緑です

これも定点観測です。那岐連山。今日はこの時期ならまずまずの澄んだ美しい空気です。
d0006260_1822131.jpg
こちらは一番近い滝山。
d0006260_1823858.jpg
近所の果樹園。
d0006260_1824029.jpg
今日の新作の試し撮り。
d0006260_19364769.jpg

[PR]
by tatakibori | 2005-05-02 18:29 | Comments(5)

エビネラン

絶滅が危ぶまれている種です。何故か一般の家庭によく植えてあります。
d0006260_13451058.jpg
キエビネランというものもあります。
d0006260_1346314.jpg
d0006260_13463210.jpg
日陰に植えてあります。陽が当たる所では育たないようです。
d0006260_1349958.jpg

[PR]
by tatakibori | 2005-05-02 13:51 | Comments(0)

ゴールデンウィーク

世間は大型連休でレジャーシーズンです。仕事ばかりでは息が詰まってくるので出かけてみました。と、言っても仕事も絡めてあったりして欲張りです。
サービスエリアでアルファロメオを発見。で、パチリ。
d0006260_8332676.jpg

エアコンなんか当然付いてないでしょうから雨の日はたいへんでしょうね。
雨の高速はスポーツカーには厳しそうです。
d0006260_8335462.jpg

強烈にアピールするクルマですね。これが嫌いな人はないはずです。
これがアルファの何かとかは知りません。
とにかく、最近は古くて良い物に惹かれます。
CONTAX Tvs DIGITAL
[PR]
by tatakibori | 2005-05-02 06:36 | Comments(2)

新緑の山へ

d0006260_14332896.jpg

d0006260_14335161.jpg

いい雰囲気でしょう。
d0006260_14341494.jpg

これはヤマナシの花です。珍しい大きな木です。
d0006260_14344741.jpg

これが天然記念物の大イチョウです。
d0006260_1436499.jpg

d0006260_14392365.jpg

今日は気温がぐんぐん上がって例年のこの時期よりずっと暑いです。山でももう半袖でOKです。
Nikon D70s with AF Nikkor 28-80mm
[PR]
by tatakibori | 2005-04-30 14:42 | Comments(0)

美作滝尾駅

津山から鳥取へ向かうローカル線があります。因幡と美作を結ぶので因美線と言います。インビと読みます。他にも兵庫県の姫路と岡山県の新見を結ぶ姫新線というのもあります。これはキシンと読みます。どちらも今となっては貴重な寂れ行く情緒のあるローカル線です。
中でも因美線の滝尾駅は昔のたたずまいを残す文化財クラスの駅舎です。「男はつらいよ」のロケが行われ 渥 美 清 や 後 藤 久 美 子 が訪れたこともあります。
d0006260_7375785.jpg

d0006260_738126.jpg

d0006260_7382819.jpg

d0006260_9411290.jpg

d0006260_9412694.jpg

d0006260_7384119.jpg

d0006260_942583.jpg

d0006260_9423651.jpg

[PR]
by tatakibori | 2005-04-29 09:43 | Comments(4)