カテゴリ:仕事( 219 )

香川・丸亀で叩き彫展開催

d0006260_1910535.jpg

香川・丸亀市綾歌町栗熊東の山一木材・KITOKURASギャラリーで
5月20日(金)~25日(水)
山田尚公 叩き彫展 を開催します。

今回から仕切り直しというか気持ちを切り替えてやろうと考えています。
先ずは製作実演です。
どうやって彫るのか、どれくらい時間がかかるのか
見れば分かります。
次に、最近流行のワークショップです。
木版画教室を開催します。
d0006260_19165073.jpg

震災以降考えたのは「社会貢献」です。
微力な彫刻家がどうやって社会貢献するのか難しい問題があります。
やはりイベントを通じて経済活動に少しでも参加していくのが正攻法です。
既存の百貨店や画廊での個展も良いですが
21世紀のスタイルとして非営利のNPO法人などのイベントに参加するのも
面白い方法だと考えています。
今回はNPOではなくて一般の企業の主催するギャラリーですが
この部門は非営利を趣旨としている変わった形態です。
ここに集まる人々の中から千人に一人でも本業の客が出てくれば良いという
ゆとりのある営業スタイルです。
NPO法人もスポンサーが必要です。
結局は多くのNPOは自治体の支援を受けています。
場合によってはお荷物になっているのは否めません。
大手のメセナでなくても、発想を変えて方法を探り
結果的に芸術文化への大きな貢献を実践しているのがここのギャラリーです。

先日、紹介の「浅野晃詩文集」も一介のサラリーマンが私財と
労力を注ぎ込んで具現化した非営利の出版です。
自著の私家本を趣味で発行するのとは違う大きな文学への貢献なのです。
こういう動きが21世紀の芸術文化だと思います。
それだけ世の中が豊かで成熟しているのだと思います。
しかし、色々なものが溢れて分かり難くなっている現状もあるようです。

今回は初めての場所なのでどれだけの来客があるか分かりませんが
来場者にはできるだけ楽しんでいただきたいと思っています。
[PR]
by tatakibori | 2011-05-19 19:37 | 仕事 | Comments(6)

燃費計測

d0006260_12391775.jpg

今回の横浜行きは距離が長いので、正確な燃費を調べてみました。
出発前にセルフのスタンドで満タンにして、帰ってから同じスタンドで満タンにしました。
給油は4回で総量82.19L、総走行距離は1520km。
燃費はおよそ18.5km/Lとなります。
ちなみに代金合計は10,823円です。
高速道路通行料金は、行きは休日割引で2,400円
帰りは通勤割引があって12,150円の合計14,550円。
総計の旅費は25,873円となりました。
クルマは2003年式トヨタ・サクシード1500ccのライトバン350kg積、
走行10万kmでエコカーではありませんが最新型の1500とは同じような燃費です。

細かく考えれば、駐車場代が1,050円x7日で7,350円もあります。
これについては会場とホテルの移動をクルマで行ったので
電車とバスで1日分960円とすれば7日で2人分は13,440円となり
節約した結果になっています。
ここでの話題からどんどん離れますが宿泊はウィークリーマンションで
7泊して35,700円です。

旅行と考えればずいぶんケチなものですが、
無名の作家の個展開催の経費としては現実的で節約型のものです。
実際には飲食やお土産とかいろいろあるでしょうが、そこは個人差もあります。
父と二人で都心のデパートで盛大な叩き彫展を開催した頃は
大きな経費をかけていましたが、21世紀の不景気時代ならこれくらいで
積極的に小さな催しを開くのがファンのためにも良いと思います。
これである程度の目処がついたので今後は軽い叩き彫展を
定期的に開く事ができればと考えつつあります。
[PR]
by tatakibori | 2010-12-01 13:15 | 仕事 | Comments(0)

ふるさと村で叩き彫り展開催中

d0006260_4323979.jpg

久々の首都圏での叩き彫展が、24日から始まっています。
色々な会場を経験しましたが、これほどの雰囲気は滅多にありません。
京都・鹿ケ谷の法然院という名刹の講堂が最高でしたが
あれは330年の歴史があるから世界が違います。
比較の対象にそこまで出てくるような落ち着いた空間です。
今の首都は拡大して、西は小田原くらいまでが広義の東京と考えられるそうですから、
横浜市の北の外れと言っても都心まで20kmと世界最大の都市東京の中心に近い場所に
個人経営のこういったスペースを維持するのは奇跡のようにも思えます。
29日までやっていますので、ぜひお出かけください。
きっと、小さな感動があります。

場所は
寺家ふるさと村 郷土文化館 
〒227-0031 横浜市青葉区寺家町602 
電話 045-961-5862
[PR]
by tatakibori | 2010-11-26 05:04 | 仕事 | Comments(6)

横浜で叩き彫展

今月の24~29日に横浜で叩き彫展をします。
横浜といっても一番北のはずれ、青葉区寺家(じけ)のふるさと村です。
ふるさと村は田園風景が保存され、まさに都会のオアシスのような地域です。
駅からは少し遠いのですが、訪れて良かったと思えます。
会場は郷土文化館という施設で、紅葉の美しい茶室もあります。
白心庵と名づけられた茶室では同時に染付けの陶芸展も開催されます。
作家は福西さんで同じ津山の方です。
先に私が案内状を作ったのですが、それと並べて似合うような美しい
案内状が出来上がってきました。もちろん写真もデザインもご本人です。
d0006260_20252488.jpg
福西さんはジャズが好きでサックスも演奏されます。
オーディオも楽しんでいて、染付けの作業場にはインフィニティのスピーカーが置いてありました。
まことに気取らない親しみのある人で、「半農半陶」を目指すなど味のある人物です。
ブログは右のリンク内にある「染付屋回回青の気まぐれ日記帳」。

初冬の美しい紅葉と染付けの陶器、そして叩き彫。
素晴らしい組み合わせになりました。

福西さんの染付けの体験が先着50名様、一人千円で楽しめます。
私からは、ご来場先着150名様に木版画ポストカードのプレゼントです。

場所は
寺家ふるさと村 郷土文化館 
〒227-0031 横浜市青葉区寺家町602 
電話 045-961-5862
施設内に昼食のお食事処があります。
少しだけですが駐車場もあります。
電車なら 東急田園都市線「青葉台駅」より バス「鴨志田団地行き」終点 徒歩5分
      小田急線なら「柿生駅」が最寄です。

今回は楽しい催しになりそうです。
[PR]
by tatakibori | 2010-11-09 20:40 | 仕事 | Comments(8)

美術を産業としてみると

d0006260_15003.jpg

美術を産業としてみると、いったいどれくらいの数の人が従事して
これで生活を立てているのでしょうか。
完全に作家活動をしている人となると、かなり少ないように思えます。
画家、彫刻家などの美術作家と陶芸、木工などの工芸作家を合わせても
周辺で考えてみると1万人当たりにせいぜい5人くらいでしょうか。
田舎はその割合が少ないでしょうから、仮に日本全体で7万人とします。
学校の先生がおよそ130万人とすれば、美術関連は20人に1人として6.5万人。
全国に美術館が1千以上あります。そこで働いている人は1万人程度と想像できます。
各種デザイナーなどもかなりの数がいると思われます。
他にも美術商、百貨店の美術、古美術店などで働く人もいます。
いい加減ですが、仮説としておよそ20万人の就労人口が想定できるような気がします。
自衛官が23万人、警察官が29万人、医師が25万人ですからけっこうな産業です。

それだけの身近な産業であるにもかかわらず、この業界の将来を論ずる時には
往々にして有名な人や作品の話でスターになる事やお金持ちになるような話が先行します。
村上隆の作品がニューヨークのオークションで約16億円で落札されて話題になった事があります。
彼の著書や談話から感じるのはモチベーションがネガティブな所にあると言うことです。
わかりやすく言うとコンプレックスをバネにしているのですね。
こういう生き方は起業論とか経営戦術みたいでバブル的なものを連想させます。
小室哲哉の失敗に似たものを想像してしまうのは私だけでしょうか。
立派な産業としての人口を抱えているのですから、何も特別な方法や理論がなくとも
美術を生業とすることは可能だと思います。

ずっと以前に権威ある某美術館の館長にお会いした事があります。
簡単な紹介(祖父の代から円空仏のような大胆な作風の木彫をしている・・・)があり
挨拶したのですが、突然にこう言われました。
「そういうのが一番困るんだよ。人間の本質にあるものだから評価が難しい。・・・」
話はそれだけで何をしに行ったのかはよく分からずじまいでした。
その時に帰りのクルマの中で思いました。
「私の作品を中学生の女の子でもお金を払って買ってくれるのだから、権威ある有識者に
認められなくても生活するには何も困らない。」
ひょっとしたら権威ある方々の中には感性が欠落していて芸術に対する感動が無い人があるのかもしれません。
もっと考えていけば、有名な芸術家でも感性に乏しい人がそのビジネス手腕で成功しているのかもしれません。
芸術の才能は何かプラスのものではなくて、何かが欠落しているマイナスの要因による場合があります。
だから普通に真面目に努力を積み重ねる事を軽んじる人もあります。
でも普通の職業として考えれば「悪い所だけは天才にそっくり」というのは困ります。
猿に絵を描かせて売るような金儲けをたくらんではいけません。
[PR]
by tatakibori | 2010-02-20 16:17 | 仕事 | Comments(0)

そして大勢がやりはじめた

d0006260_10543239.jpg

狭い範囲での視点で申し訳ないですが、
30年前に備前焼の作家は200人と言われましたが、今は500人くらいはいるそうです。
岡山県北の美作地域でも作家活動をするアーティストは比較にならないほど増えたようです。
ただ、以前の陶芸のように作れば売れるような活気は全く無くなってしまいました。
地方紙を見ると常に何かの展覧会があります。しかも、若い人が多いようです。
また昔話ですが、地方紙の記者が県内の30代のアーティストを紹介していこうと
コラムを作り連載を始めました。残念ながら5回ほどで行き詰って、
まだ20代半ばだった私の所へも取材に来たのです。
今からは考えられないほど寂しい状況だったのです。
とくに今世紀になって鑑賞する側にも芸術を幅広く受けとめる素養が育ってきました。
確実に、芸術が誰にも身近なものとなったのです。
絵手紙やスケッチの教室は大賑わいで手軽なアートを楽しむ人はどんどん増えています。
芸術の民主化というよりも、もはや革命と言えるレベルです。
その一方でビジネスとしては成り立ち難いものも多くなり
百貨店をはじめ多くのギャラリーがその活動を休止しています。
まさに混沌の新時代と言える状況です。

世紀末に盛んだった美術界の大型プロジェクトが行き詰った今、
民家に学生の作品を並べるような身近で小回りの効くイベントが登場しています。
お金は行き詰りますが創造のエネルギーは無限である証拠だと思います。
信念をもってたゆまぬ精進を続ける事こそ新しい時代を切り開くのではないかと
今になってあらためて考えます。
未来を希望あるものに変えていく方法を考えているのです。
政府のやっているエコ政策はエゴを助長するだけでまだ未来は何も見えません。

               
                   もうちょっと続く・・?
[PR]
by tatakibori | 2010-02-17 12:56 | 仕事 | Comments(0)

やってみたくなるような・・

d0006260_20423984.jpg

これが芸術であるなら、表現者として鑑賞者に持って欲しい感情に
「これなら自分もやってみたい。何かできるかもしれない。」というのが
理想のひとつで、そういう親しみを持って欲しいと思ってきました。
ある美大出の新聞記者にそういう話をしたら「それは何か違いますよ。
簡単には真似できない卓越した技術こそが芸術表現だと思うのです。」と応えました。
そう言われるとそうなのですが他人に真似できない器用さが売りというのはさみしいようにも思えます。
このフクロウの版画などはそういう親しみのある作品です。

芸術は私が思うよりずっと広い世界で、世の中には色々な芸術表現があるようです。
中には熟練も技術も無い、アイデアだけでしかもその場でしか見られないし
形も不安定、素材も耐候の無い段ボールや布や植物だったり、ありふれた工業製品を
並べただけのようなものまであります。
奈義の美術館のように完成当初の度肝を抜くようなインパクトが
後発のモダンな建築物によってすぐに色あせてくるようなものもあります。
誰にでも真似できるというのは、その場合では儚いものになってしまいます。
ポルシェは常に最新のポルシェが最上のポルシェであるというに似ています。
芸術的と言えるほど完成度の高いクルマですが、工業製品の宿命でもあります。



    言いたい事がまとまらないからつづきます。
[PR]
by tatakibori | 2010-02-16 21:23 | 仕事 | Comments(0)

一万体は通過点

d0006260_2123442.jpg

昨日から作品の片付けをしています。
すでに若き日の目標であった立体像1万点と言う目標は通過したと思います。
番号をきっちり付けていないので分からない部分もありますが
それを越えたのは間違いありません。
d0006260_2127188.jpg

工房の中にはおそらく千点近くの作品が残っています。
d0006260_21285583.jpg

千点以上の作品を並べた個展を1回やったら迫力があって面白いと
父がよく話していました。
そのうち何処かでたくさん並べてみたいものです。
壮観な光景になると思います。

幸いに我が家は広いので、できるだけたくさんの作品をご覧いただけるように改装も考えています。
[PR]
by tatakibori | 2010-02-06 21:37 | 仕事 | Comments(0)

毎年恒例の叩き彫展です

d0006260_14414645.jpg

今月末29~31日、金曜日から日曜日までの三日間
地元・津山での作品展です。

例によって看板など書きました。
筆を持つ度に自信を失うのですが
とにかく書かなければ上達もありえないと書き続けています。
先人の墨跡に学ぶしか方法はありません。
不思議に、じっと見ていると筆の動きが見えてくる事があります。
d0006260_14494964.jpg

練習作です。
d0006260_1450432.jpg

[PR]
by tatakibori | 2010-01-19 14:52 | 仕事 | Comments(2)

写真と彫刻

彫刻に写真を利用したのはロダンの大きな功績だったそうです。
モデルを長時間拘束しないで写真を撮ってそれを利用したようです。
私は制作途中で写真で客観的に見て修正を加えます。
d0006260_20202499.jpg

カメラは機械だから思い入れなどありませんからおかしな所を見つけるのに役立ちます。
d0006260_2027892.jpg

今回は何度も確認していますが
普通はほぼ完成してから歪みを見ます。
作業台の隣に照明など撮影の準備が常にあります。
d0006260_20295321.jpg


最近の美術にはデジタル写真を利用したものが増えているようです。
極端なのはスケッチはほどほどで写真を元に人物や風景を描いた作品も多く見られるようになりました。
コンピューターを利用するのが21世紀の美術の主流になりつつあります。
これは一時の流行でやがて廃れると私は思います。
そのような作品が並んでいると虚しいものを感じるからです。
音楽で言うとサンプリングした音源で既存のメロディを利用した
ダンス系音楽のようなものだと思います。
人の手のぬくもりが無いのです。
[PR]
by tatakibori | 2009-12-30 20:37 | 仕事 | Comments(0)