<   2005年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

作品撮影 その5くらい

今回はさしこむ直射光線で表現を変えてみました。
d0006260_747491.jpg


さらに
[PR]
by tatakibori | 2005-05-26 07:49 | 写真 | Comments(0)

ユキノシタ2

一昨日咲きはじめたユキノシタがだいぶ開きました。
d0006260_7414828.jpg


続き
[PR]
by tatakibori | 2005-05-26 07:44 | 写真 | Comments(0)

ユキノシタ

d0006260_719234.jpg

てっぺんだけ咲いています。
てんぷらだけじゃないですよ、ユキノシタです。薬効もあるそうです。
[PR]
by tatakibori | 2005-05-23 07:18 | 写真 | Comments(0)

せっかくですのカメラの紹介

d0006260_19245148.jpg
ソニーのサイバーショットです。OTさんの言う「なんちゃつてカール・ツアイス」ですが、なんちゃってじゃないです。これは4年使いました。もう2万枚近く撮ってます。色も良くて細かな調整もできます。接写も10cmまで寄れます。申し分の無い高性能です。これを買ったとき128MBのメモリースティックが17,000円もしたのは昔話です。
d0006260_19285531.jpg
本物カール・ツアイスの CONTAX Tvs DIGITAL 昨年末からのの驚くような値下げで買ってしまいました。起動の反応はややソニーより速いもののもどかしいですね。色がこころもちソニーよりきれいで面白いです。後処理で作れない色ですね。後からの色の補正はほとんどしないで使ってます。シャッターを押せば画になる便利なカメラです。接写は15cmで、暗いところも何故かソニーより弱いです。チタンボディーが渋いです。こちらは512MBのSDカードでたっぷり撮れます。コンパクトデジカメでもこれらのクラスなら文句なしです。
[PR]
by tatakibori | 2005-05-21 19:36 | 写真 | Comments(2)

見失いがちな本来の目的、作品撮影

d0006260_18442936.jpg
d0006260_18444967.jpg
こちらが今、製作中の伊勢神宮 神恩感謝祭の記念品「水の神」です。
d0006260_1845910.jpg
d0006260_1845239.jpg
高さは10cmの小さな神さまです。材はクス。全部で1,000体近く彫ります。

D70s Ai-s NIKKOR 50mm 1.8

このような作品撮影にはAi-s 50mm 1.8の面白さは発揮されません。色が安定するズームが使いやすいですね。残念です。
[PR]
by tatakibori | 2005-05-21 18:47 | 仕事 | Comments(0)

Ai-s NIKKOR 50mm F1.8

d0006260_11571847.jpg
デジタルと相性が良いとの噂の古いレンズを手に入れました。薄っぺらで、ニコンのレンズの中でも最も安っぽいモノです。
d0006260_1159433.jpg
取り付けると意外と似合います。ただし露出計が働きません。全ての操作が手動になります。露出は見当で撮ってからモニターで見て、撮り直すという手順になります。このようなレンズを趣味人の世界では「スローレンズ」と言うそうです。ゆっくり、ゆっくりです。この雰囲気が写真の撮影という作業に似合っています。
d0006260_125187.jpg

d0006260_12514241.jpg

d0006260_1252397.jpg
上は明るい所と影の差が激しい写真です。
d0006260_12538100.jpg

d0006260_12533323.jpg
日影や室内の写真です。
暗い所の表現が得意です。露出計無しでもここまで写ります。と言っても分かりにくいですね~。自分ではたいへんおもしろいです。
[PR]
by tatakibori | 2005-05-21 12:05 | 写真 | Comments(2)

本当の良い音とは

たとえばこの組み合わせ
d0006260_134747100.jpg

altec 419-8B + fostex FT-48D
d0006260_13502016.jpg
AMCRON PSA-2X
偶然の賜物です。下は借り物。

Nikon D70s + Ai-s NIKKOR 50mm 1.8
[PR]
by tatakibori | 2005-05-19 13:55 | オーディオ | Comments(0)

鳴らし込み

d0006260_20332911.jpg

アルテック604-8Hを使い始めたのは去年の10月初めからです。充分な音量でパワーを入れて鳴らしこんできたつもりでした。もともとが中古で知り合いの方から譲っていただいたものです。所謂エージングというものはもう必要ないと思ってました。
しかし、先日のオフ会でまだ鳴らしこんでないと指摘されました。いつもより大きな音でドスンと来る音楽を一曲かけたら見事に音が変わります。
私が普段聴いている音量は都会の暮らしでは不可能な大音量です。まさかと思いましたがエージングが出来ていないのです。これはたいへんなショックです。
史上最強のアルテック515系のウーファーは並みの音量では鳴らし込みが出来ないのでした。
あれから10日余りだいぶ鳴らしこみをしました。低音の出方はずいぶん変わりました。まだ良くなるらしいのでしばらく続けようと思っています。アルテック604系、515系をお使いの方はこの鳴らし込み本当に大変ですよ。今の音はまだ未完成だと思った方がいいですよ。

どれくらいの音量が必要かですか?それはそばに置いたCDプレイヤーが音飛びするくらいです。天井から砂や埃が落ちてくるくらい。(笑
[PR]
by tatakibori | 2005-05-16 20:52 | オーディオ | Comments(12)

微調整とマクロレンズを

d0006260_8371522.jpg
d0006260_8373083.jpg
d0006260_8374416.jpg
d0006260_8375957.jpg
d0006260_8381364.jpg

ホワイトバランスのとり方を変えて、下2枚はマクロ・タムロン90mmです。
色は神経質になるより画として美しいのが良いようですね。
マクロで撮るとどうしても肉眼よりアラが目立ちます。
多少ゆがんでても実際には気にならないですが写真で見ると気になります。写真栄えのする作品もあります。それを克服するには一つの方法としてはより忠実な再現を目指すことです。それがある程度まで出来てはじめてデフォルメというか、照明効果で陰影を付けることにします。
[PR]
by tatakibori | 2005-05-15 08:40 | 写真 | Comments(2)

ホワイトバランスを決めて・・・

d0006260_1601164.jpg
d0006260_1602739.jpg
d0006260_160438.jpg

照明がまだ決まっていませんが、ホワイトバランスをとればだいぶ上手になりました。
三枚目は昨日撮ったのと同じ作品です。今日の写真がかなりリアルです。イチイの木の色がうまく出ました。
こうやって詰めていくのです。
コンパクトデジカメではスポット測光やピントのポイントの調整がうまく出来ません。写真の解像度だけなら問題ないのですがこのような詰めが出来るかどうかが問題なのです。総合的にマニュアル操作を考慮に入れた一眼デジカメが素人が使っても有利な事は多いと思います。

まだまだ手抜かりがあると思います。皆様の突っ込み大歓迎です。宜しくお願いします。


今回購入したもの
Nikon D70sとAF NIKKOR 28-80mm3.3-5.6G
TAMRON SP AF90mmF/2.8Di MACRO
コンパクトフラッシュ:1Gタイプ+USBリーダーライター(以上5点それなりのお値段です)
白ベニヤ板:1,680円
蛍光灯20W:980円 (40Wの蛍光灯と室内の照明も使用しています)
[PR]
by tatakibori | 2005-05-13 16:08 | 写真 | Comments(8)