<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

収集

今日の新着
ジャクソン・ブラウン「The Naked Ride Home」
d0006260_2143713.jpg

2002年10月発売のアルバムです。去年秋に彼の新しいアルバムを買ったので、ついでながらその前作をとうとう買ってしまいました。
ジャクソン・ブラウンはほとんど持っています。
ライ・クーダーもかなり集めました。
その他にはジャズですがチック・コリア、
ロックならレッド・ツェッペリン、ダイアー・ストレイツもありますね。
全部なんて集め方じゃないですよ。
一番数が多いのはボブ・ディランです。でもこれはもともとが多いので、持ってない方が多いような気もします。
マイルス・デイビスもキース・ジャレットも何枚かあります。
結局、コレクターじゃないので出会いがなければ買いませんね。持ってないから買うとか、これとこれがあるならこっちも持って・・・と買い集めたりはしません。
[PR]
by tatakibori | 2006-02-13 21:08 | 音楽 | Comments(4)

自閉症

d0006260_75596.jpg

ニキ・リンコ著「俺ルール!」花風社  自閉は急に止まれない

著者自身が幼少時より苦しんできた自閉症(厳密に言うと彼女の場合はアスペルガー症候群)の患者(?)の思考についてたいへん分かりやすく書かれています。

私の父は若い頃からやや自閉傾向があり加齢とともにこの本に書かれているような言動や思考が多くみられます。父と話をする時にはこの本に書かれてあることを考えながら話すと時間が短くてすみます。
ただし、妹にその話をしたら、どこの年寄も同じようなものでそれが自閉とは言えないと笑っていました。

軽度の自閉的なモノは多くの人が持っているようにも思えます。特に一般的に高学歴で優秀な頭脳とされる人には多いようにも思えます。もう一つのパターンとして、たいへん優秀に思える方で環境もそこそこで育っているのに学歴が無い人・・・かなり確率が高そうです。
所謂マニアックな人はほとんどこれかもしれません。・・・そうあなたの事です、オーディオ・マニア諸君。
冒頭に書いてある・・・
・見逃す情報が多い割には、見ているところは深く見ている。
・拾った情報は貴重なので、ハイパーりちぎにそこで得た法則を守ろうとする。
まさにマニアックな人の思考回路です。

学習とはある意味で「同じものを探す」という作業です。自閉の人はその能力の一部がバランスを崩しているのでしょう。逆に、それ以外の部分は人より深く読めるからこそ大きな能力を発揮する人も出てくるのかもしれません。

教育者、管理職、経営者の方には是非読んでいただきたい本です。
[PR]
by tatakibori | 2006-02-10 08:28 | 読書 | Comments(0)

土の神

伊勢神宮、外宮の大前の御池の真向かいの杉林の中に土の神をまつる土宮があります。
まつられている神さまはその名を「大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)」といいます。

土の神さまは「地の神」でもあるようです。私がよく彫る「道祖神」もその一つの形なのです。
d0006260_7563155.jpg

備後を中心によくある「地神」の石碑も同じような神さまでしょうか。
d0006260_7515670.jpg


このような民俗信仰に近いものには諸々の説がたくさんあり、支那や朝鮮の似たような古い信仰と結びつけてあちらから伝わって来たモノだと説く輩も多くあります。
我々の先祖がまつってきた神さまは近くの氏神(うじがみ)様であり、産土神(うぶすながみ)様です。氏神様は先祖につながる神さまで、産土神は土地を守って下さる神さまです。これが日本古来の信仰の基本です。
日本は八百万の神々ですから外来の文化・信仰もどんどん寛容に受け入れて豊かな文化を作り上げてきました。今の日本の仏教などはその典型的なものだと思っています。道端のお地蔵さんなどはインドから渡ってきた仏教の本質からは大きく外れ日本人の信仰そのものだと思います。
仏教は出家であり、悟りであるのですが、日本人の考えは家を守り、先祖をまつるというという事です。いくら得度を受けた僧侶でも親を捨てては生きて行けないでしょう。そんな事をすればバチが当たります。本当です。
[PR]
by tatakibori | 2006-02-07 08:25 | 仕事 | Comments(0)