<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

介護保険3

時間が少しかかりましたが介護認定が下されました。
当然ながら「要介護5」です。
d0006260_15351714.jpg

奈義町には「やすらぎ福祉年金」という制度があって
介護者には月額にして1万1千円(要介護5の場合)が支給されます。

ここからの流れは、担当の事業者の紹介がありその中からこちらで選んで
事業者を決めて、それに所属するケアマネージャーと相談して
プランを作成してもらうというものです。
4月になったら相談の機会を持ちたいと思っています。

先ずは、入浴、リハビリのサービスとベッドを借りようと思っています。
それからショートステイですね。


じつは、母だけでなく骨折で入院中の祖母が病院内で転びさらに重症になっています。
様子をみて祖母の手続きも必要になりそうな事態です。
今は不安が広がるばかりで、深刻に考えると眠れなくなりそうです。
[PR]
by tatakibori | 2007-03-27 15:46 | 日々の生活 | Comments(2)

元祖・炫火頌

以前紹介した棟方志功と保田與重郎に縁が深い新学社が今年のカレンダー用に
撮影した同社秘蔵のほんもの棟方志功の炫火頌の写真をいただきました。
d0006260_20523053.jpg

新学社は出版社ですからプロのカメラマンがリバーサルフィルムで撮影した
素晴らしい仕上がりの写真です。サイズは2Lです。
出版物にする場合は元の写真からかなり加工してあります。
これはいわば素材ですから情報量が多く本やカレンダーになったものからは
分からないいろんな事がわかります。
エネルギー感に圧倒されそうです。
元の作品の持つパワーもありますが、写真撮影の技術も素晴らしいですね。
専門家の仕事はやはり違いますね。
[PR]
by tatakibori | 2007-03-08 20:58 | 仕事 | Comments(4)

コンパクトフラッシュ

使っているCFカードは1GBのモノが3枚です。
1GBでRAWモードで撮影した場合、D70sなら178枚。
D200なら約100枚撮る事が可能です。

赤いのはバッファローでD70s購入時に近くのベスト電器で1万3千円で買いました。
今、同じものは6,200円だそうです。
緑はハギワラシスコムでboxer-4殿がD70時代に使っておられたモノです。
これは今なら4,000円弱で手に入ります。
青は最近手に入れたトランセンドで送料込みで3,000円と格安でした。
d0006260_19331520.jpg

バッファローは動作が安定しているようです。D70sでもD200でも安心して使えます。
ハギワラシスコムは4年前の発売の製品ですから書き込みに時間がかかります。
それにD70sと相性が良くないですね。接触不良を時々おこして撮影できなくなります。
PCへの転送にも時間がかかります。当然、連写は無理があります。
トランセンドは最近人気のある商品でこれでも全くストレスなしに速い書き込みと
転送ができます。
2GB以上のものはさらに速いようです。
レキサーなどの高級品は使ったことが無いですが、トランセンドで充分のように思えます。
一日に数百枚以上も撮る人もあるようですが、私はフィルムや現像代が高かった頃の
習慣で連写を多用したりバンバン撮るのはどうも苦手です。
2GBもあれば一日撮影が楽しめます。
[PR]
by tatakibori | 2007-03-07 19:59 | 写真 | Comments(2)

騙された!

ヤフオクでナイキのジョーダン1レトロとかを買ったら
中国から送られてきました。
形だけは精巧にできていますが
底がクニャクニャでとても履けたものではありません。
値段もそこそこするのでしっかりしたモノかと思ったのに。

そういえばコンパクトフラッシュの贋物を危うく掴まされそうになった人もいましたが
本物をよく知っていたので返品できたそうです。

相手は外国人で計画的な詐欺行為ですから個人で争う事は難しそうです。
ネット販売の詐欺が増えているそうです。
よく調べて買わなければなりませんね。
[PR]
by tatakibori | 2007-03-05 20:35 | 日々の生活 | Comments(3)

介護保険2

町役場の介護度の認定担当者が来て母の様子など見ました。
それと主治医の意見書でコンピューター診断などして結果が出ます。
要支援1,2・要介護1~5と7段階の判定があります。
母の場合は容体が良くないので要介護4か5だと思ってました。
この度数で介護保険が使える範囲が違ってきますから
無理に度数の高い認定を望む人も多いらしいです。
そこでこの認定には客観性を重視した方法がとられているようです。

幸いに担当者も主治医も私の同級生なので不快な思いをしないですみました。
一般にはそんな事はほとんどありえないので気を遣う場面ですね。

介護度が決まれば町役場がケアマネージャー何人かを指定するそうです。
その中から一人を選んで実際にどういうサービスを受けるか相談すると言う事です。
[PR]
by tatakibori | 2007-03-01 19:59 | 日々の生活 | Comments(4)