<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

病床にて2

d0006260_164277.jpg

ここ数日は、それほどの痛みはないが、体を動かすと熱が出たり耳が痛くなるので横になっていた。
定位置は下はホットカーペット(時々熱いくらいにすると弱っている体に良いような気がして好んでいる。)
前は文机でその向こうにテレビがある。
毛布を被ってあきれるほどずっと寝ていた。ここ数ヶ月の疲れがいっぺんに出てくるようだ。

目が覚めるとその辺に転がっている本を読んだ。
山田悠介という若いミステリー作家の本が何冊かあった。
呪いとか幽体離脱とか憑依とかそんな感じだ。
お話や本が好きな人はどうしてこういうジャンルが好きなんだろう。
筒井康隆にも馬になったり男女が入れ替わったりする物語があったのを思い出した。

それから、星新一の読んでない本があったので、それもついでに読んだ。
不思議の国のアリスを元にしたような夢の世界の話だ。
夢の中に何度も訪れる場所があるというのは本当だと思う。
熱が出ると同じような夢をよく見るような気がする。
久しぶりに読むと星新一の文章はほんとうに洗練されていると思う。
難しい言葉をあえて極端に避けて子供にでも分かるように書いてあるが
その底に流れる教養のレベルの高さをいつも感じてしまう。

それからJ.K.ローリーングのハリー・ポッターのペーパー・バックスがあったので
開いてみたが3行でやめた。(笑 やっぱり英語は苦手だ。

そして「不敗の条件」(保田與重郎と世界の思潮)ロマノ・ヴルピッタ著をパラパラと読んだ。
(内容が難しく時間がかかるので全部は読めない。)
ヴルピッタ先生はイタリア人ながら日本語でも並みの文人以上の筆を持つスーパーマンだ。
保田與重郎論は数多くあるがこの本には一番の本質を書いてあると思う。
保田師を直接知る我々だけがそう感じるのかと思っていたが
最近の若い保田ファンの間でもこの本が人気があるようなので
きっと美しい心を持つ人なら皆そう思うのだろう。
ヴルピッタ先生も書いておられるが、物事には言葉や文章に出来ない(し難い)事柄が多くあり、
それを表現する手法として保田流の独特の技術があると私は思う。
さらにまだ表現できない心の表現があるならば、それが木を刻んで作るもので埋められると私は思う。
私には映画も撮れないし文章も書けないが、それが今の仕事の持つ使命である。
[PR]
by tatakibori | 2007-05-28 17:26 | 日々の生活 | Comments(2)

病床にて

d0006260_1618143.jpg

ここ2週間ほど風邪をこじらせて調子が悪い。
先週の木曜日から左耳の調子が悪くなってしまった。土曜までは痛みと耳鳴りで寝込んでいた。
たぶん2千ヘルツから上は全く聴こえてない。突発難聴で入院した事があるからよくわかる。
左の鼻が弱いから(2度も手術済み)左の目や耳、歯まで影響はある。
突発難聴はステロイド系の点滴や麻酔、高圧酸素などを併用して治す。
3割くらいの人は入院によって完治するが、その時は私も運良くなおった。
最初は左耳が全く聴こえなくなってびっくりしたが、治療により徐々に回復した。
低い方の音から聴こえ始める。入院10日目くらいでちょうど今と同じくらいに回復した。
何が同じかというと聴こえる一番上の周波数辺りがめちゃくちゃに歪んで聴こえるのだ。
だから水道の音、クルマの走行音、紙をクシャクシャと丸める音・・・なんでもうるさくてしょうがない。
症状が違うのは今は痛みがある事だ。耳の中が腫れて炎症を起こしているのだろう。
突発難聴は耳に痛みは感じなかった。

今の状態が長引けば音楽を楽しめなくなるのが悲しいところだ。
[PR]
by tatakibori | 2007-05-28 16:36 | 日々の生活 | Comments(0)

不動産屋事情

毎月のお便りを送って下さる不動産屋さんがあります。
その中に興味深い話がありました。
今年から大学の入学金返還制度が出来たから
3月になってから物件を探す人が増えたそうです。
お客は推薦入学の決まる10月頃から動き始めるそうですが
今年は中だるみがあって3月になって集中したそうです。
滑り止めに入学金を払っていても後日第一志望に合格すれば
滑り止めはいつでも断れるので住む所まで探さないと言う事です。
それにインターネットで調べればいくらでも情報を集める事ができるから
3月になっての駆け込みでも住まいは何とかなるという風潮です。
不動産屋にとっては頭の痛い問題です。

また、東京都内に物件が増えたせいで周辺部に空き室が増えたそうです。
都内でも学生数は減少してないのに来店する学生は減ったそうです。
価格競争もかなり厳しく、価格破壊も進んでいるとあります。

また入居する学生の要望は、先ずインターネットが使えるかという事です。
今は学生で固定電話を引く人は無いでしょうがインターネットは必需です。

なかなか大きく変われない世の中ですが
部分的には急速な変化が生じている表れだと思いました。
[PR]
by tatakibori | 2007-05-13 10:30 | 日々の生活 | Comments(0)

準備OK

一月先の6月6日より大阪うめだ阪急で叩き彫展です。
案内状も出来上がっています。
立体の仏像などの箱も全部揃いました。
板の作品も60点ほど用意しました。
箱は本日発注できました。
荷造りの段取りもしてしまいました。
あとはリスト製作、案内状の発送と板の荷造りなどです。

先日来の仕事の段取りの悪さに懲りて
ますます用意を早く進めています。
もともと早め早めに仕事は片付ける性格です。
ここまで早くしてしまうと異常かもしれません。(笑
[PR]
by tatakibori | 2007-05-06 20:54 | 仕事 | Comments(0)

限定・復刻版

限定とか復刻と言われるとつい欲しくなりませんか?
今日はハウスの昭和40年頃のカレーです。
まずパッケージに目が止まりました。
d0006260_1946583.jpg

中身は顆粒タイプで復刻ではありませんね。
昭和40年頃風のカレーというだけです。
d0006260_1950872.jpg

学校給食のカレーを思い出します。
d0006260_1956378.jpg

黄色のさっぱりした味でした。もうちょっと香りがあれば良かったかな。
[PR]
by tatakibori | 2007-05-03 19:57 | 日々の生活 | Comments(4)