<   2007年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

レコードの音

d0006260_19594089.jpg

オーディオマニアでクラシックが好きな人なら必ず持っている
グレン・グールド「ゴールドベルグ変奏曲」です。
これはCDとレコードの両方を持っています。
両方持っているのはそんなにたくさんはありません。
これ以外はロックとジャズばかりです。
このレコードは最近になって人からいただいたのですがこれが音が良いのです。
先日、オーディオの調整に使おうと思って再生したら
あまりの音の良さに聴き入ってしまいました。
なんか伝わってくるモノが全然違います。
これがピアノだけの表現かと思うくらい感動に包まれています。
CDとレコードでここまで違うという体験は初めてです。

そこで、今日はCDも出してきて何処がどう違うのか比べてみました。
これはもともとが1981年のデジタル録音です。

聴き比べてみると思っていたほどの違いはありません。
CDにする時に別の編集をしたとかはなさそうです。
そのせいか、パッと聴くと驚くほど音は同じです。
ほぼ同時スタートで再生して切り替えながら聴いてみます。
音量を上げるとCDの方がややメリハリが利いているようです。
ふだん聴く最大音量くらいにするとCDの中高音がほんの少し歪が出てきます。
これは歪に敏感な調子の悪い左耳のせいかもしれません。
再生装置は古いし安いものですからデリケートな不具合があるのかもしれません。
深刻に考えると不安になります。

いらいらせずにじっくり聴いて切り替えると
低音部もレコードがややまろやかで迫力があるように思えます。
これはじっと聴いていての印象で、パッと切り替えたら何も違いません。
こういう風に感動が違うというのは初めてですね。

同じアルバムを両方持っている人の感想も聞いてみたいです。
[PR]
by tatakibori | 2007-07-31 20:24 | オーディオ | Comments(7)

規格とは

d0006260_2183967.jpg

今日は板の準備をしました。久々だったのでもう一度縦横の基準になる比率を考えてみました。
今までは油絵のキャンバスのF何号(人物画用?)の比1:約1.29に近いものを多く作っていたのです。
たとえばA4の比なら1:約1.41
コンパクトデジカメは1280x900などですから1:約1.42
一眼デジタルカメラのAPS-Cなら1:約1.5
黄金比なら1:約1.62と思ったより長いですね。

普通の製造業なら規格があって互換性も考えますから
全く白紙でサイズを決める事は少ないと思います。
あらためて私の仕事は自由というか規格のない世界なんだなと思ったのです。

勝負の世界は厳しい規則があって成り立ちます。
F1などその典型的な例でしょう。
私の仕事は勝負とは無縁ですね。
自分の思うように作るだけです。
誰かに勝つとか、目標を達成するとか関係ないですね。

・・と勝手な事を考えながら
いざ、さしがねを持って板に向かうと現実的な木取りになって、
切り取った板の比は油絵のキャンバスに近いものになりました。
自然にそうなるのだから理にかなった事なんでしょうね。
山の図柄のために1:2に近い長いものも作りました。
d0006260_2148354.jpg

仕事場の窓からAF Nikkor180mm2.8で。(クリックするとやや大きな画像が出ます)
[PR]
by tatakibori | 2007-07-30 21:36 | 仕事 | Comments(0)

参議院選挙の結果に思う

d0006260_20394525.jpg

民主党が勝って喜ぶのは北朝鮮くらいですが、それでも勝ってしまいました。
愚衆の選択だと決め付けるのはやや読みが甘いような気もします。
民主が勝てば株も円も下がって物価は上がり景気は後退気味になるのは
見えています。
それでも自民党の暴走に歯止めをかけたいとの思いなんでしょうね。

国民の漠然とした思いを一つの仮説で考えてみました。

何時かは国の借金を減らさなければ子孫に大きな負担を残します。
奴隷制度はアメリカの黒人だけではありません。
一つの国の中で同じ民族でも奴隷制度はあります。
奴隷達は先祖の残した借金に縛られているのです。
このままでいけば未来は先祖の残した借金のために
奴隷のように苦労するようになるでしょう。
少子化の原因もこんなところにあるのではないでしょうか。
少なくとも今の自民党の政治家には明るい未来を作れないという事です。
[PR]
by tatakibori | 2007-07-30 21:00 | 愚痴 | Comments(0)

今日のメインシステム

高域用のアンプ、エレキットTU-8730が退役したので状態が少し変りました。
d0006260_19581141.jpg

一番上がとりあえず高域用のCLASSIC PROのプリメインアンプKOK500です。
180W+180Wでファン付き、馬力があるのでシステム全体の印象がまるで変りました。
プリメインなのでトーンコントロールが付いていてこれが案外役に立ちます。
ソースによってチャンデバよりもこちらで音色を調整すると歪が減ります。
システムコンポのアンプとは馬力も歪感もまるで違いますね。(笑
次に上から、
チャンネルデバイダーのベリンガーCX3400(やや残留ノイズがあります)
プリアンプはベルウッドランシングのMS-660Ⅱ(低音に馬力があって奥行きの出る感じです)
CDレコーダー・タスカムCD-RW750(CDプレイヤーとしても面白い音です)
CDプレイヤーDENON DCD-1630(これが一番古い、なかなか捨てられませんので好きな音なんでしょう)
この状態でCDPをVRDSなんかにするとゴワゴワ、バリバリの音で
音とびしまくりのひどい事になるでしょう。

下は低域用パワーアンプ・ベリンガーのEP2500が2台ブリッジモノで1300Wx2です。
ファン付きパワーアンプが3台とチャンデバの残留ノイズ、耳鳴りまであり
騒音の中で聴いているようなものです。(笑
ターンテーブルはトリオKP-7070(ケンウッドになってからのハイテクデバイスの付いたアームよりこっちがやっぱり好きです。)
カートリッジはA・テクニカAT15Ea(音が柔らかくておとなしい)
d0006260_2017041.jpg

スピーカーはアルテック604-8Hに自作箱(工事現場風)
今はコイズミ無線のホーンツイーターをコンデンサーのみで足しています。

音はバリバリのロック向け超硬質サウンドです。
大音量で耳が絶対におかしくなるでしょう。
貧乏な難聴者向け?(笑
[PR]
by tatakibori | 2007-07-29 20:27 | オーディオ | Comments(17)

今日の仕事

下絵から始めて完成まで一日で仕上げた
木版画の工程を紹介します。

先ずは下絵
鉛筆でざっと描いてみました。
d0006260_20572154.jpg

少し手直しですが、どうせ木に彫る段階で
細かな事はなるようにしかならないので
ざっと描いてみるだけです。
でもこのあたりの段階で数十枚の下絵を描く事も起こり得るのです。
d0006260_20595010.jpg

そして美濃紙に筆で下絵を写します。
d0006260_2105546.jpg

これを裏返しに版木に貼って彫るわけです。
ここから先は余裕がなくて写真はありません。
そして一気に仕上げました。
d0006260_2121646.jpg

今回は祖母の満100歳記念です。
作品は菩薩半跏思惟像です。
[PR]
by tatakibori | 2007-07-28 21:04 | 仕事 | Comments(4)

明日の参議院選挙

d0006260_9172516.jpg

明日の選挙の予想では民主党が優勢だそうです。
何が自民党離れの原因かと言うと年金問題らしいですね。
あの年金問題は政党や政治家のせいでなく官僚のせいのように思えますけど。

それはうわべだけのことで、真意としては憲法改正の問題でしょうか。
憲法問題はたぶん9条のことだと思うのですが
これはそもそも戦後占領時代に進駐軍のマッカーサー達が考えた
理想論ですね。
もちろん素晴らしい憲法だと思うし、それを大事に守って
世界にアピールして世界平和に貢献できれば言う事はありません。
しかし大戦後60年以上経っても戦火の絶えた事もなく
世界はますます危険な状況になってしまいました。
もう国民の常識になりましたが中国や韓国では反日教育というのがあり
おかしな歴史認識がまかり通っていて
日本は国連の安保理常任理事国にさえなっていない現状です。
世界平和への貢献という意味ではすでに憲法9条では対応できない状況です。

ここで中途半端に民主党が勝利して国会に衆参ねじれ現象がおきては
ますます近隣国から舐められるようになるだけでしょう。
景気対策としてもここで起こりつつあるおかしな風潮は
国民にも国家としても何の利益もないと思っています。

・・・大丈夫なのかな日本は、主権は国民にあるという事を忘れている人が多いです。
1/100000000では一人くらいいい加減なヤツがいても関係ないと多くの人が思ってしまいますよね。
[PR]
by tatakibori | 2007-07-28 09:40 | 愚痴 | Comments(5)

やらなきゃいけない事があるだろう

d0006260_1853030.jpg
さあ、夏本番です。
梅雨が明けたらやろうと思っていた事がたくさんあります。
でも雑用に追われなかなか手がつきません。
明日こそはなんとか段取りだけでも始めましょう。

それにしても暑い。仕事場は33℃もあります。
その中で発熱量の大きなアンプをたくさん並べて音楽を聴いていました。
汗びっしょりです。
それも心地よい真夏の始まりです。
何を聴いても楽しいですよ。
d0006260_1894567.jpg

[PR]
by tatakibori | 2007-07-27 18:09 | 日々の生活 | Comments(0)

自分を客観的に見る

その事で若い頃父と激しく言い争った思い出がある。
自分を客観的に見る必要があると私は思う。
鏡で見る自分と写真に写る自分は違うと思う。
中学の時に初めてビデオに写る自分の姿を見てショックを受けたことは今でも忘れない。(笑

苦しくて焦っている時は自分を見つめなおそうと思う。
今さら自分を変える事は難しいから・・・

去年の今頃もこんな日記を書いていた。
そういう季節かもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006年07月31日
「芸術家」

自己紹介のときに職業をどう表現するかは大きな問題だ。
若い頃はこのままでは何か悪い事をしでかしたら「家事手伝い」と書かれる様な気がして不安だった。(笑
20代の頃、当て逃げされた時に警察の事情聴取で仕事の説明をすると「彫刻家ですね。」
と警察官に言われたのでそれからは分かりやすく「彫刻家」と名乗る事にした。
しばらくすると職人の彫刻家もあるのでその事を細かくたずねる人が増えてきた。
分かりやすく説明する為に「木彫の芸術家」と名乗る事にした。
関東では芸術家を自称するようなヤツはあまり信用されない。
だから時々、馬鹿にされる事もある。
でも「誰にでも分かりやすく」が信条なので今更職業の表現は変更できない。
ホームページにも本名や学歴、作品の値段まで書いてあるので多少の摩擦がある場合もある。
年齢や学歴を正直に書いて何が悪いかと思う。
ポジション的に二流の国立大学だから抵抗なく書けるのが気楽で良い。
[PR]
by tatakibori | 2007-07-26 15:39 | 日々の生活 | Comments(6)

犯人はこいつだ

朝から気になるのでジャズで聴いてみました。
・・・・・さっぱり高音が出ていない・・・。(汗
どうも何か根本的に間違っている事があるぞ・・・・。

今年になってから、
プリの電源を入れっぱなしにして、やや高域に力が出てきました。
でも気温が高くなってからはまた以前のように曇った音です。
プリのせいで低音に馬力が出てきたからよけいに悪いかもしれません。

Project The BigBlockをもう一度読み返してみました。
もともとTU-8730と604-8Hは相性が悪いと書いてあります。
d0006260_12373317.jpg

604導入当初は簡単に他のプリメインと比較してこれが柔らかくて
良い音のように思えたから使ってきましたが
時の流れ、機器の入れ替わりやプリやスピーカーの状態で
TU-8730がついてこれないようになったのでは?と思い
足元に転がっている適当なアンプに入れ替えてみました。
案の定、高域のパワーが違います。

犯人はTU-8730でした。
振動にも弱いのかもしれません。
ためしにこれをアイデン12cmフルレンジにつないでみると
たいへん元気の良い音が出ます。
やっぱり604との相性に問題があるようです。

ホーンツイーターの件はやり直しです。
高域用のアンプを探さなければなりません。
[PR]
by tatakibori | 2007-07-26 12:43 | オーディオ | Comments(0)

ホーンツイーター

耳の調子が悪くなってから1万Hz以上の高音にもかなりの
エネルギー感がある事に気が付きました。
アルテック604-8Hはその1万Hz付近から上が弱いので
チャンネルデバイダーで補正してそのあたりを持ち上げています。
私が聴こえる限界付近の13000Hzまでもう少し強くしたら
良くなるのではないかとツイーターの導入をしました。
以前使っていたヤマハやナショナルのホーンツイーターは力が弱いので
JBL2405とか075あたりのパワフルなホーンツイーターが良いのですが
アルテックにJBLをプラスするのも癪なので何か良いモノはないかと探しました。
これはコイズミ無線のオリジナルでアイデンの商品の復刻版でSR用にも使えると
書いてありますからパワーがありそうです。
アイデンのフルレンジは透きとおった美しい響きの印象が強いですから
何か期待してしまいます。
値段も格安なので安心して求められます。
d0006260_2091180.jpg

d0006260_20222660.jpg

当面はマルチじゃなくてコンデンサー一個でつないでみる事にして
0.68μFのフィルムコンデンサー(ドイツ・MUNDORF製)を使います。
もともと完成度の高い604-8Hにツイーターをプラスするのには
かなり抵抗があったのですが・・・
やってみると「なんだ、はじめからこうすれば良かった。」と思えるくらい
すんなりとマッチしています。
値段が安いという不安がありましたが
歪に敏感な駄耳の左で聴いてもそれほど嫌な音は出ていません。
このあたりはコーンやドームのツイーターとは能率やパワーが違うせいでしょう。
もう少しコンデンサーの容量が大きくても良かったかもしれません。
機会があれば0.82μFも試してみたいです。
その前に適当なアンプでマルチにしてしまいそうですが・・・。

音としては妙にCDの方が変化が大きいような気がします。
高域が伸びた印象より低域が固くなったように思えます。
こういうのはよくある話ですね。
[PR]
by tatakibori | 2007-07-25 20:40 | オーディオ | Comments(4)