<   2008年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

プラグ交換

丸5年で8万km走ったサクシードのプラグを一回も交換していない事に気がつきました。
燃費に悪影響が出る前にと交換しました。
d0006260_1341025.jpg
サクシードのエンジンは1NZ-FEというトヨタの最も数多く作られる汎用エンジンです。
徹底的に合理化された使い易いユニットです。
VVT-iというのは可変バルブタイミングという意味。リフト量も可変です。
ホンダのVTECと同じような意味です。1989年、VTECインテグラの登場は
自動車エンジンの歴史的にみても大きな出来事でした。
わずか1.6Lで3Lのエンジンのパワーを簡単に出して世界を驚かせたのでした。
時代は変り21世紀ではそれがベーシックエンジンです。
この1.5Lエンジンでも20年前の3Lクラウンよりはるかに速く走ります。
黒いカバーはプラスチックで4本の10mmのボルトで止めてあり
簡単に外れます。
d0006260_1314556.jpg
カバーの中はこんなです。
ダイレクトイグニッションですからプラグの上にそれぞれコイルが別に付いています。
このエンジンからトヨタはタイミングチェーンで普通のDOHC4バルブエンジンになっています。
私のような年寄りにはありがたくて涙が出そうな大サービスです。(笑
初代スカイラインGT-Rへの憧れが蘇る瞬間です。(爆
d0006260_13193356.jpg
特別な工具は必要ありません16mmのプラグレンチが要るだけですね。
d0006260_13204062.jpg
外したプラグと新品の比較です。
かなり角が取れてギャップも広くなっているようです。
d0006260_13215768.jpg
この角度から見るときれいに使い込んでありますね。
d0006260_13233520.jpg
4本とも同じような感じでバラツキはありません。
新車装着はデンソーで、取り付けたのはNGKです。
点火時期は自動的に調整されるので劣化したプラグでも不具合は全くなかったのです。
新品に換えるとやや低速に粘りとトルクが出てクルマが穏やかに動くような印象です。
高速回転での印象の差はほとんどありません。
燃費も新車時から数値的に落ちているのでないですから、
今回の交換で何かハッキリした変化が得られるものではなかったようです。
でもこのまま16万kmも使用できませんから、ちょうど換え時だったと思っています。

プラグにもプラチナとかイリジウムなどレアメタルを使った高級品があり
マニアの好奇心を刺激するような効能が書かれています。
このあたりはオーディオと似たような世界があります。
以前MR2に乗っていた時は標準仕様でプラチナプラグを使っていましたが
特別に寿命に差があるようにも思えませんでした。
今は実用的な商用車ですからそのような貴重な金属の無駄な消費はしません。
[PR]
by tatakibori | 2008-08-30 13:46 | 日々の生活 | Comments(9)

経済効果

景気を押し上げるほどの効果が得られるイベントとなると
オリンピックがそのナンバーワンでしょう。
歴史を振り返ってみると、参勤交代などかなりのものだったようです。
移動の経費だけでなく、それに伴い伝わる江戸の流行や文化の
もたらす豊かさも大きかったそうです。
情報伝達としても優れていたのですね。
高速道路、新幹線、空港などたくさんできて、インターネットの普及で
流行の同時性など高くなり田舎に住んでいる文化的疎外感も減ってきたと
思いますが、それと同時に文化も廉価版になってしまい
面白みも少なくなってきたような気がします。

毎日のようにネットで面白い話やモノがないかと探しているのは
我が家でも同じですが、たいていの事柄はすぐに行き詰って
いつも見ているサイトに帰ってきたりします。
手作りで面白いモノやイベント、情報などを発信して行くのが
一番の方法かもしれません。
人に頼るより自分ひとりでもやるのがベストです。
一人一人が景気を良くしていこうと何かをする事が必要です。
経済は大手に集約していきますが、情報はますます細分化されています。
アクセスは少なくとも有益な何かを発信しなければと思っているのです。


       ・・・オチのない結論で申し訳ないです。
[PR]
by tatakibori | 2008-08-29 21:11 | 日々の生活 | Comments(0)

不景気からの脱出

個人事業で困るのは・・、運転資金が無くなると、そのまま生活に直結しているので
サラリーマンで言うと給料が出ない事と同じなのです。
国の借金が800兆円あろうとも公務員の給料はちゃんと出るのに・・。
設備投資とか開業資金なら簡単に借りられても日常の運転資金はなかなか借りられないのです。
運転資金とは給料や借金返済のためのお金ですから
これが不足すると言うのは事業が順調でない証拠になるからです。
そんな人に今以上の融資をしてもそれで良くなるとは言えないと言うのが保証協会や銀行です。
でも借りる側から言えば、ここでもうワンクッションおいて支払いを延ばせば
今度は完済の目途が立つという場合も多いと思います。
それを具体的に示す方法というか指標があって、個々の事業に当てはめる事が
出来れば良いような気がします。

民間の活力がここまで下がった原因は起業を目指す人の減少が大きな要因です。
もう少し資金調達の方法が多様にあれば多くの人が成功できるかもしれません。
私の地元の友人でも個人事業で成功したと言える人はほとんどありません。
父の時代とはそこが全く違います。地方経済が落ち込むはずです。
寄らば大樹の陰となってしまうのですね。

岡山県は昨日、県関係の給与を9.5パーセント下げると発表しました。
財政がこんなに悪化したのは先代の知事(故人)とその部下(すでに退職済み)の責任です。
その犯罪者ともいえる人達は何の責任も問われず退職金もたっぷりもらってぬくぬくと生活しているのです。
そのツケを払うのは私達の世代の職員が中心です。
これも困るのですが、零細企業なら失敗すればオヤジは自殺、残った家族は
一生かかって借金を払うという場合だって珍しくないのです。

ここまで豊かで社会保障など整備されてきたのですから
事業を続ける意思があるなら簡単に自己破産というのでなく
資金調達がもっとスムーズに出来ればと思う局面もあります。

杓子定規というか現実に即してない理論に当てはめて物事を考えようとしているような気がします。
唐突ですが、経済の再生には神頼みという方法もあります。単純に祭りを盛大にする事です。
神さまの祭りだから政教分離で国や自治体を挙げては出来ないと言うような屁理屈は全く馬鹿らしい話です。
靖国や伊勢など国がちゃんと管理して盛大な祭りをすれば景気にも大きな効果があると考えています。
それくらい柔軟な発想が必要です。
[PR]
by tatakibori | 2008-08-28 21:13 | 日々の生活 | Comments(0)

不景気の原因

たった今の不景気はガソリン価格などの高騰、つまりはインフレが原因です。
流通の形態の変化、小売業の崩壊など色々と話題にあがりますが、
そうではなくてここ10数年ほどの時間で見た場合の話なんです。
よく言われることですが、自分さえ儲かれば良いと思う勝手な人が増えると不景気になります。
それは誰なのでしょう・・・、たぶん金融業界ですね。
私は世間も狭いし、経済に関しては常識もないですが
その範囲で見た経済構造の矛盾というか不況の原因について考えました。

大人になって先ず不思議に思ったのは融通手形という変な仕組みです。
金融機関はこれで利益の大半を稼いでいたようです。
行政の指導や経営者側から見ても無理のある事なので
バブル崩壊以降、止めようという強い方針が立ち
手形割引にも厳しい審査や締め付けが始まり、その後減ったようです。
それと頼母子講というこれまた変な仕組みのお金のやりくりです。
これもどう考えても発展のない話です、今もあるのでしょうか。
町の高利貸しも減ったし、金融業の形態は大きく変ってしまったようです。

建前の論法で言うとそもそも銀行が安心して貸し出しできるような
融資先などほとんど無いと思います。
そして銀行は手数料で稼ぐというとんでもない道を選んだようです。
だから従業員を減らし、大半を契約社員にしてATMに仕事を任せたのです。
つまりは人間は要らないのです。融資の審査もずいぶん前から
コンピューターがやってますから人間は要りません。
つまりはお金がお金を勝手に稼いでくれたら良いとなったのですね。
銀行の使命には人間は不要だったのです。
融資を受けるには必要な数字の書類だけ揃えたらいいのです。
ただし、正直に書くとほとんどの場合は審査ではねられます。
人間の誠意は数字に出来ないので審査の対象になりません。
もともと土着性が強く、貯金が好きな日本人ですから
お金が無いくせに夢を見るような事は認めないのです。
だから、たいていの場合はウソの数字を並べた書類を作ったり
虚構の組織や取引をでっち上げて融資を受けるようになるのです。
真面目な人には苦痛の多い作業です。
これで、今まで回っていたお金が回らなくなったのです。
先行きで破綻の場合が多い融通手形など無くなるのは良い方向ですが、
何を勘違いしたか、自分さえ儲かれば良いという方向へも進んでしまったのです。


           たぶん、つづく。
[PR]
by tatakibori | 2008-08-27 21:07 | 日々の生活 | Comments(0)

After The Gold Rush

日本にもバブルと呼ばれるゴールドラッシュがあったと思います。
そこに至る原因を探っていけば将来が見えてくるでしょう。
バブル絶頂の頃、猪瀬直樹「ミカドの肖像」という本がベストセラーになりました。
日本人が書いたのですがまるで外国人の視点で書いてあるのがとても新鮮でした。
例えば、そのような視点で近年の出来事を振り返れば今まで見えなかった
真実が見えてくる事があると思います。

一九分けと呼ばれた髪形のパイプをくわえた男が何でも知ったように
豊かになる事を説いていました。大勢の社長と呼ばれるオヤジ達が
その言葉を信じていたようです。
バブルの戦犯というのがあるとしたら彼もA級戦犯に違いありません。
いまだにTVに出てくるのが不思議でしょうがありません。

もっとさかのぼれば富国強兵でもあるでしょう。
いや、原点は黒船ショックかもしれません。
我々はアジアの中で唯一欧米と対等な関係を持とうとした国です。
近隣の国々が我が国を敵視する事で国家としての統一を保とうと
ほんとうの歴史を隠した教育をしているのがとても変ですが、
我々の歴史にも埋もれた重要な真実があると思います。
それが未来の豊かな日本を作るのにとてもたいせつだと思います。
不公平なルールにはオリンピックでもF1でも慣れっこになってますから
いかに大きな障害があろうとも今より素晴らしい未来が来るはずです。
d0006260_20534677.jpg

[PR]
by tatakibori | 2008-08-26 20:55 | 日々の生活 | Comments(0)

Gold Rush

d0006260_21201921.jpg
私の頃と違って、今の高校の世界史ではアメリカのゴールドラッシュについて
詳しく習うようです。Forty-ninersなんて言葉は全く知りませんでした。
1848年砂金がカリフォルニアで発見され49年には米国内だけでなく
世界中から一攫千金を夢見て人々がカリフォルニアに流れ込んだのです。
金を求めて集まった人々は夢破れ破産したりたいへんな目にあったそうですが
その周辺で砂金採取の道具を売るなど新しい産業で成功した人々がいたのです。
最も有名なのはジーンズのリーバイスだと言えばおわかりいただけるでしょう。
経済の再生にフォーティナイナーズの失敗とその周囲の成功例を教訓とすべきと
説いている方もあるようで、歴史的に重要な事件と扱われるようになったのです。

でも、日本人の多くには開拓民の心情が理解できないような気がします。
先祖代々の土地の上に暮らして自らを植物のように例える
日本人の感覚だけではゴールドラッシュを乗り越えたアメリカの
西部開拓の歴史は分からないと思います。
ニール・ヤング、ウディ・ガスリーの歌と開拓に夢破れた我が家の歴史が
私にその事を教えてくれたのです。

今の高校教育は、なかなかやるなと思いました。
[PR]
by tatakibori | 2008-08-25 21:34 | 日々の生活 | Comments(9)

開拓地

d0006260_20233343.jpg
私が住んでいる地域は日本原高原と呼ばれ、自衛隊の演習場に隣接しています。
この地はもともと古い火山灰質の土壌で酸性が強く農耕に適していなかったために
荒地でしたが、明治11年に開拓が始まり、農地にしようと努力が続けられました。
この碑は演習場内にある開拓の祖・安達清風の称徳碑です。
その後明治42年に陸軍演習場になり終戦の昭和20年までは開拓は途絶えます。

戦後昭和20年から食料増産のため再び開拓が始まり
父や祖父が入植したというわけです。

その後、昭和38年に今度は自衛隊の演習場になって開拓者は立ち退きました。
立ち退きせずに残った十数戸が一箇所に集まって作った集落が今住んでいる
場所です。山田家は31年に先に私達親子が出て、その後38年に残っていた
祖父母と叔父の3人が出たのです。
そして、昭和55年に現在の土地を買いここへ再びやってきたのです。

当地の町内会は開拓者の集まりですから人情が他所の地域と少し違うような
気がします。どこか北海道の人のような気質を感じます。
[PR]
by tatakibori | 2008-08-24 20:41 | 日々の生活 | Comments(0)

youtube貼り付け


エキサイトはどうして出来ないのかと思ってましたが
単に対応が遅かっただけのようです。
8月20日から出来るようになりました。

動画は近くの山道をドライブしてきたものです。
フジフィルムのコンデジFinePix F31fdを助手席のヘッドレストに縛り付けて
撮影しました。
BGMはMusic Makerで簡単に作ったものです。
[PR]
by tatakibori | 2008-08-22 22:06 | その他 | Comments(0)

手作りの力

d0006260_21374661.jpg

音楽製作ソフトでBGMを夢中になって作っている時は
とても素晴らしいように思えました。
でも、久しぶりにビリー・ホリデーを
聴いてみると驚くほどの人のぬくもりや呼吸、
力強さ、切れの良さを感じました。
とくにライブ録音がいいですね。
こんな生命感のある作品を作らなければと
あらためて思いました。

素直に感動できるのはとても素晴らしい事ですね。

たいへんな毎日が続きますが木に触れることで
元気が出て、音楽に少し勇気をもらっています。
・・・写真は運動不足の解消か、ストレス発散かな。(笑
[PR]
by tatakibori | 2008-08-22 22:00 | 仕事 | Comments(0)

夏休み工作

おなじみの夏の工作です。
今年はすでに小型スピーカーを2組作っているので家具に挑戦です。
2x4材だけで作るソファーというかベンチです。
座面の幅185cm、奥行き58cmと長身の小僧2の昼寝にも充分な大きさです。
d0006260_1941363.jpg

2x4材とインパクトドライバーさえあれば何でも作れるという
見本のようなベンチになりました。たいへん快適です。
2x4材は16本使用しました。1本298円ですね。
[PR]
by tatakibori | 2008-08-17 19:44 | 日々の生活 | Comments(2)