<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

THE HOURS 「めぐりあう時間たち」

d0006260_18352198.jpg

めぐりあう時間たち(2002) ニコール・キッドマンがアカデミー主演女優賞を受賞した作品です。
どこにニコール・キッドマンが出ているのかと思うほど
特殊メイクでバージニア・ウルフに成りきっているのが見ものです。
メリル・ストリープの熱演も圧巻ですが、
この映画の見所は二人のスーパースターの影を薄くするほどの
ジュリアン・ムーアとトニ・コレットの台所での美しい台詞の掛け合いでしょう。
全編が詩の朗読のような印象のお芝居ですが、このシーンは最大の見せ場ですね。
日本で彼女達に匹敵する演技派の女優はいないように思えます。
しいて上げるなら深津絵里くらいでしょうか。
男優なら香川照之、オダギリジョー・・・ですね。
とにかくハリウッドの懐の深さを感じさせる名作でした。

ヒマなのでけっこう映画を楽しんでいます。w
[PR]
by tatakibori | 2011-02-27 18:49 | その他 | Comments(0)

名前

本名
愛称(ニックネーム)、俗称
あだな(「渾名、綽名」と「徒名、仇名」では意味が違う、
後者は悪評、事実無根の評判、男女関係についての噂を意味する)
ハンドルネーム(英語ではhandle, screen name)、コテハン(インターネットスラングで固定ハンドルの意)
筆名(ペンネーム)、雅号、芸名
四股(しこ)名、リングネーム
洗礼名、法名、
院号、戒名 (ランクがはっきりして差別的かもしれない)
僧名(僧名には使える文字の制限があるらしく、
場合によっては得度を受けるに戸籍の名を変える必要があるそうです)
諡(し、おくりな)、諡号 (貴人の死後に奉る、生前の事績への評価に基づく名)
「ホーリーネーム」はオウム真理教で有名になったアレです。

芸人の名はいいかげんなものが多く
ビートたけしの弟子の玉袋筋太郎はさすがに問題があります。
番組によっては本名で紹介されたり、玉ちゃんと呼ぶ場合もあるようです。

もう時効でしょうから書きますが・・・・
「私が号を考えてあげたから、これを使いなさい。」と言われた事があります。
大相撲がとてもお好きな方でした。(笑
もしも同名の有名人があったら別名を名乗るのも良いと思います。
そうでなければ本名で通したいと私は考えます。
[PR]
by tatakibori | 2011-02-18 21:07 | その他 | Comments(1)

メセナ

d0006260_2030075.jpg

メセナ とは、企業が主として資金を提供して文化、芸術活動を支援すること。
不景気の昨今では、あえて企業名を正面に出さない地味なメセナが展開されるなど、
規模は縮小しつつも裾野は広がり、多様化しつつある。


メセナの主体となる企業の多くは時の隆盛を誇る優良企業であり
それは信用を生み、多くの人々の支持を得てきました。
しかし時の流れはどんどん速くなりその事業も長続きしない場合が多くあるようです。
テレビCMを流し、メセナ活動を積極的に行っていたところが急に破産する事もあります。
かつてのバブル時代では、場合によっては感性の欠落した企業や組織が
おこなったメセナも珍しくなかったと思います。
将来は企業レベルでなく個人が文化支援活動をするように変ってくるかもしれません。
名を出さず、小規模で地味なメセナの行き着くところは個人の手作りの活動になると思います。
その場合は経済的に豊かであるより感性が豊かである事が重要であるべきです。
不景気と言いながら感性のレベルではますます豊かな時代になっています。
かつての富裕層だけが芸術を理解して楽しむ時代は遠い過去の話です。
展覧会を覗いたり、コンサートに出かけたり、誰かを支持するだけでも文化的活動です。
そのボランティアに参加するなら、もう立派な個人的メセナになるでしょう。
[PR]
by tatakibori | 2011-02-17 20:55 | その他 | Comments(0)

ブラウニー

d0006260_19533996.jpg

ブラウニーと言えば、ジャズファンならクリフォード・ブラウンを思い浮かべますが、
ほんとうの意味は英国北部の妖精です。
日本の座敷童子に近い存在で茶色の衣装を身にまとった小さな男の妖精です。
クリフォード・ブラウンは若くて小柄だったのでブラウニーのイメージにぴったりです。
ブラウニーのもう一つの意味はナッツ入りのチョコレートケーキです。
バレンタインが近いこの時期ならこっちの方ですね。
d0006260_19593397.jpg

チョコクッキーもあります。
いよいよ明日は14日、バレンタインデーです。
ショッピングセンターのチョコ売り場は例年より控えめに思えますが
手作り用のケーキ材料のコーナーはけっこう賑わっていました。
心をこめた手作りチョコがブームなのでしょう。
[PR]
by tatakibori | 2011-02-13 20:03 | 日々の生活 | Comments(0)

音楽映画

最近はミュージシャンの伝記映画がたくさん出ています。
d0006260_8392267.jpg

「キャデラック・レコード」(2008)はマディ・ウォーターズを中心とした
シカゴ・ブルースのお話です。ビヨンセ演じるエタ・ジェームスは見ものです。
古くはグレン・ミラー物語(1954)、ベニー・グッドマン物語(1955)から
映画として名作のサウンド・オブ・ミュージック(1965)など
音楽が主題の映画は深い感動があります。
ウッド・ストック(1970)のようなドキュメンタリーやビートルズの映画などは別ジャンルだし、
ブルース・ブラザーズ(1980)はどちらかと言うと娯楽映画だと思います。
おそらくクロスロード(1986)(音楽:ライ・クーダー)の頃から、
新しい感覚の音楽映画になってきたようにも思えます。
モーツアルトの「アマデウス」も1985年公開だから、
何かが変ってきた時代なのでしょう。
クリント・イーストウッドがチャーリー・パーカーを描いた「バード」(1988)は
大きな変化を決定づけるものだったと思います。
最近ではレイ・チャールズの「レイ」(2004)、
シュープリームスの「ドリーム・ガールズ」(2006)など佳作です。

個人的趣味ではドキュメンタリーですがマーティン・スコセッシュ監督の
1964年頃のボブ・ディランのお話「ノー・ディレクション・ホーム」(2005)は楽しめました。

日本なら川上音二郎と美空ひばりの伝記映画はぜひ作って欲しいと思います。
[PR]
by tatakibori | 2011-02-10 08:39 | 音楽 | Comments(0)

B級グルメ

d0006260_19563933.jpg

地元津山ではB-1グランプリで入賞してからホルモンうどんが大流行です。
味の良いと評判の店では県外からの客まで押しかけ行列が出来るほどの賑わいになりました。
B級グルメとは、贅沢でなく安価で日常的、庶民的な食べ物の事です。
ホルモンは国産牛の新鮮で良質なものなら安くはないのでやや意味合いが違うかもしれません。
元はと言えばホルモン焼きの店でシメにソバやうどんをホルモンと一緒に焼いていたものが、
形を変えて細々と生き残っていた片隅の料理だったのです。

B級と言えば思い浮かべるのは先ず映画です。
B級映画は単純に制作費が少ないのが基本形ですね。
「007」「ターミネーター」「ジョーズ」なども最初はB級として作られたのですが
高い評価と優れた興行成績でその後A級に昇格したとは有名な話です。
つまり面白いかどうかは別の事です。

オーディオではA級アンプ、B級アンプがあります。
A級は出力は少ないが歪が少なく高品位の音が得られ、
B級はクロスオーバー歪を我慢して出力効率を重視し、大出力を得ます。
それは動作方法の違いであります。

よく言われるA級戦犯というのは東京裁判において個人的責任がその種類に応じて分類され
「平和に対する罪」「通例の戦争犯罪」「人道に対する罪」それぞれをA、B、Cとしたものです。
A級がより罪が重いという訳ではないのです。
単純に解釈すればA級は命令を発した指揮官、B級は中間管理職クラスで
C級は一般兵士が多くなるようです。
公職追放には多くの公務員や文人もなったようですから社会的に指導者で
目立つ立場の人なら避けられなかったとも言えます。
とにかくこの場合はグレードの差という意味はありません。

その他にもB級品(わけあり商品、アウトレット)とか
B級ファッション(ファーストファッションつまりユニクロ、GAP、無印など)などもあるようです。

「サブカルチャー」もより文化的、芸術的価値の高いとされる「ハイカルチャー」に対して
登場した言葉ですが欧米では「マイノリティ(少数派)の文化」が強く
日本では「おたく文化」(アニメ、ゲーム、漫画等)を示す場合が多いそうです。
私はより純粋な芸術に対して歴史の浅い映画やジャズ、ロックなどのポピュラーな文化を
示す言葉で言い換えれば「B級文化」だと思っていましたがそれだけではないようです。

どれにしてもグレードの差というよりも発生の違いでありB級により味わいがあるように思えます。
B級グルメは歴史よりも進化が重要でどんどん面白く美味しいものが増えているそうです。
ますますB級の時代になりそうです。
[PR]
by tatakibori | 2011-02-05 21:00 | その他 | Comments(0)