<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

古事記千三百年

d0006260_20162747.jpg

今年は太安万侶によって古事記が献上されて1300年です。
語り部によって伝承されてきた物語を書き留め壮大な歴史物語として
編纂する事業はたいへんなものだったと想像できます。
なにせ当時はまだ文学などというものは無かったのですから。
古事記は読んでみれば分かりますが漢語のオンパレードで
当時すでに漢字はおろか中国の思想や歴史なども日本では常識となって
いたのが想像できます。
冒頭の「無名無為」の出典は荘子であるのは明白ですから「史記」も
輸入し研究されていたと思われます。
漢字の伝来は私達が学校で習ったのは4~5世紀頃ですが、
ほんとうはもっと古い時代で紀元前200年とも今は言われています。
万葉集は古事記の少し後で八世紀後半になります。
万葉集の最初の歌は雄略天皇(418~479)の御製です。
5世紀にはすでに和歌はたいへん重要なものとして朝廷でもさかんに詠まれていたと思われます。
もちろん記録もされていたのでしょう。
古墳時代と言われる雄略天皇の時代には朝鮮出兵などもあり、すでに大陸との交流も多くあったのです。
万葉集は和歌のスタイルの確立だけでなく、もっと根本的な日本語の統一に貢献したと考えられます。
李白とか杜甫なども万葉集の編者・大伴家持と同じ時代ですから
文学熱は日中で同時に盛り上がっていたようです。
万葉集には漢詩由来の歌もあります。
今の日本語の成立に大きく貢献した古事記、万葉集はすでに「やまとことば」だけではなかったのです。
今年は皇紀2672年ですが、その紀元の頃の純粋なやまとことばである原日本語とは
どんな言葉だったのでしょうか。
漢字伝来で失われた古代文字があるという話も聞いたことがあります。
古代の人々はどのような文字と言葉で暮らしていたのか・・・タイムマシンがあれば・・。
[PR]
by tatakibori | 2012-01-09 20:53 | その他 | Comments(3)

やまとことば

d0006260_201486.jpg

「やまとことば」とは外来語に対して昔からある日本語のことを言います。
外来語とはカタカナの英語もですが、古い時代に入ってきた漢語も含まれます。
やまとことばだけの文章として代表的なのは「大祓詞」などの祝詞だと思います。
祝詞は漢字で書いてありますが、よく読むと漢語はありません。
漢語が入ってくる前に作られたもののようです。
現代の地鎮祭などのその時のために作られた祝詞でも
できるだけ漢語を避けてやまとことばに置き換えられるものは
そうするのが決まりです。

意識してやまとことばの文章を書くと気がつくのですが、
天皇陛下のお言葉は基本的にそうなっているようです。
ただし、無理にやまとことばに置き換えると多くの人が理解している
言葉とずれる場合があるので、平易な漢語は使われます。
それ以前のルールとして全ての民が理解できて誤解のない
表現を心がけているのが分かります。
宮内庁の職員が原稿を書いているのかと思っていましたが
ほとんどのお言葉は陛下ご自身の文章だと公表されています。
そういう視点でよく聞いているとたいへん思慮深い文章です。

昭和天皇の「終戦の詔書」が全国民へ向けての最初の「お言葉」です。
その後ラジオ、テレビで多くのお言葉を国民は耳にしました。
私の子供の頃には、バカな大人が「あんな変な話し方をするのは頭が悪いからだ。」と言っていました。
あれは祝詞の奏上の時の朗読のやり方だと私は思っていました。
やがて天皇のお言葉はどんどん平易でシンプルな表現になりました。
口調も丁寧語に変わり、戦前の教育を受けた大人たちは間抜けな挨拶だと思ったようです。

「皇神(すめかみ)の道は言霊(ことだま)の雅(みやび)にある」と言われますが、
まさに「お言葉」は言霊そのもので簡単にあたりまえの事が述べられるだけですが、
それこそ真実であり日本の未来と希望を示しているように思われます。

今後政権はどうなるか見当もつきませんが、次期総理大臣は真実の言葉で
未来を語ることを願っています。
[PR]
by tatakibori | 2012-01-08 21:10 | その他 | Comments(0)

芭蕉句の解説文(下書き)

芭蕉句木版画の解説文の原稿

旅人と我名よばれん初しぐれ
「笈の小文」より。亡父の三十三回忌に伊賀へ帰郷する前の餞別句座の作。「神無月の初空さだめなきけしき、身は風葉の行方なき心地して」とあってこの句が続く。「時雨(しぐれ)」は芭蕉の好んだ言葉、十月の異称でもある。旅への焦がれる気持ちとこころの充実を感じさせ、美しい映画のような光景が浮かぶ。


髪はえて容顔蒼し五月雨
貞享四年、芭蕉四十四歳江戸深川にて。詞書に「貧主自ヲ云」とあり、まるでゴッホのような自虐的な自画像である。鏡を覗き込めば、不精から伸びた髪と木々の緑に染まった光が顔を蒼く染めている。「ようがんあをし」の音が美しく響く。


夏草や兵どもがゆめの跡
「奥の細道」奥州藤原氏の隆盛をとどめる史跡・平泉での句。七百年近くの時間を「ゆめの跡」と詠んだ。「兵」は視覚的にあえて「つはもの」とひら仮名で彫った。


蛸壺やはかなき夢を夏の月
「笈の小文」に記された最後の句。「明石夜泊」と詞書がある。「壺」の文字の面白さも句の味の一つだろう。古い時代の明石の蛸は多くが飯蛸だから浜に並ぶ壺は小さな物だった。


田一枚うへてたちさる柳かな
「奥の細道」下野国・那須での作。西行が立ち寄った柳の下で、しばし西行を偲んだ。柳は謡曲「遊行柳」で知られ、西行が「道のべに清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ」と詠んだ場所で、今も往時の姿を残している。


名月や池をめぐりて夜もすがら
貞享三年、深川の芭蕉庵に門人が集い舟を浮かべて月見をした。月見は今よりも身近な娯楽であった。ガ行を含む言葉の並びに明るいリズムがある。

一家に遊女もねたり萩と月
 「奥の細道」市振の宿で。「一家」は「ヒトツヤ」と読む。遊女、萩、月と並んだのが旅の宿の出来事。世俗を捨てた俳人にとっては遊女さえも美しい自然の一部なのか。


象潟や雨に西施がねぶの花
 「奥の細道」象潟(きさかた)は秋田県南部の名勝。「松島は笑ふが如く、象潟は憾(うら)むが如し」とある。一八〇四年の象潟地震で海底が隆起し、陸地化している。西施(せいし)とは春秋時代に越王・勾践(こうせん)が呉王・夫差(ふさ)に復讐のため贈った伝説の美女である。国を滅ぼすほどの美女の名が象潟と艶やかなネムの花と並ぶ。


さればこそあれたきまゝの霜の宿
 杜國の隠家を訪ねた折の句。坪井杜國は芭蕉の門下の逸材であったが、貞享二年に空米相場の罪で尾張藩を追われ渥美半島に隠れ住み、元禄三年三月二十日病に三十四歳で没する。江戸時代にも今の会社経営と同じようなテクニックやセンスが必要だったようだが、責任のとり方が現代の世界経済と違うのが興味深いところ。杜國はその人柄を多くの人に愛されながら薄倖の人生であった。死罪が決まっていながら「蓬莱や御國のかざり檜木山」という句作を知る尾張藩主のはからいで追放に減刑された。杜國の人となりを簡潔に語る句である。


何の木の花とはしらず匂哉
「笈の小文」伊勢参宮の句。西行の「何事のおはしますとはしらねどもかたじけなさの涙こぼるる」の本歌取りである。「蓬莱に聞かばや伊勢の初便」という伊勢の神宮への思い、「薦を着て誰人います花の春」という西行への思いの句もある。


枯枝に烏のとまりたるや秋の暮
 自らをカラスと譬える句もあったと思い、ただ一羽のカラスを描いたが、芭蕉自身はこの句に複数のカラスを描いている。芭蕉三十七歳、漢詩の趣を持つ新しい俳諧の境地とある。


旅に病んで夢は枯野をかけ廻る
 「笈日記」芭蕉は大阪・御堂前の花屋仁右衛門方の離れ座敷でその五十年の生涯を終えた。この句は最後の作であるが辞世ではない。生涯に十句を残せば良いとしたストイックな旅の詩人は死の病に臥していながら夢の中で旅する自分を見る。死をまったくイメージしていないし、させもしない。


山路来て何やらゆかしすみれ草
 「甲子吟行(野ざらし紀行)」より。「大津に出る道、山路をこえて」と詞書あり。「何やらゆかし」の大様な表現が新鮮に響く。足下に咲くスミレはこの世で最も可憐な花のひとつだ。


春の夜や籠り人ゆかし堂の隅
 「笈の小文」大和桜井の長谷寺、初瀬観音にて。「籠り人」は艶やかだから「ゆかし」となる。西行をイメージする「薦を着て誰人います花の春」という句もあり、修行僧はどこか風雅な物語のようである。


菊の香や奈良には古き佛達
 元禄七年九月九日、重陽の節句の作。死の僅かひと月前である。前日に伊賀を立ち急ぎの旅であった。笠置より舟にて木津川を下り、その日のうちに北から奈良へ入った。猿沢池のほとりに宿をとった。そうなると「佛達」は興福寺のものであろう。軽快な調べの句である。
[PR]
by tatakibori | 2012-01-06 19:48 | 仕事 | Comments(0)

今年の流行を予測して

d0006260_2095226.jpg

お正月なので、久々に真空菅アンプに火を入れて聴いてみました。
わずか7W+7Wの出力ながら小型デジタルアンプとは低音の力や
音の密度がまったく違います。
若者の懐古的流行がこのまま進むならば、
これこそ味のあるブツだから、
いずれブームになる日が来ると思います。
若者の間では一時は壊滅状態だった腕時計も復活しているようです。
もちろん順当にスマートフォンはもっと増えるだろうし、
新型ハイブリッド車は爆発的に売れるのは間違いありません。
経済活動としてみればそういう商品が大きな存在ですが
文化的な価値を求めて過去を振り返る小さなモノの復活があると思います。
小さいというのは経済効果においての意味であり、そのモノの存在や
物理的サイズではありません。
例えば古民家再生というのがありますが、リフォームではなくて
クリーニングというかきれいに磨き上げて建設当時の状態に近いまま住むという
ような暮らしが流行るかもしれません。
GDPには貢献しない生活です。
大量に増え続ける年金生活者がどうやって生きていくべきか考えると
「里山資本主義」のような結論が出てきます。
人口の大部分を占める都市住民には無理な事が多いですが
考え方としてはそういう方向に進むのは間違いありません。
「消費しない文化」とでも言うべき生活が未来の一つの姿として見えてきます。
自分がそうだから気になっているのかと思っていましたが、
私の周りの多くの人々が過去はどうだったのだろうかと思い、
歴史を顧みる必要を感じています。
捨てるものを持たない生活と言う美しい未来への渇望があります。
そういう文化を持ったモノがきっと流行るでしょう。
[PR]
by tatakibori | 2012-01-02 20:39 | オーディオ | Comments(2)