<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ボブ・ディランの誕生日

d0006260_19103365.jpg

今日、5月24日はボブ・ディランの73歳の誕生日です。
ちょうどその日、ポール・マッカートニー(71歳)は体調をくずし東京で入院中です。
コンサートツアーはキャンセルされ、本人も興行元も大きな損失だと思われます。
ボブ・ディランは3月末から4月にかけて日本で17のステージをこなし
無事にコンサートツアーを終えています。
ポールは2回の国立競技場と大阪長居ヤンマースタジアムの合計3回の
ステージの予定でした。
10万人に影響が出たと言われています。
ボブ・ディランはライブハウスの公演ですから17回でも
数千人の観客と思われます。

写真は1996~97年に発売されたディランのアルバムと
トム・クルーズ主演「ザ・エージェント」(原題Jerry Maguire)のサウンドトラックアルバムです。
ディランはこの映画のために「Shelter From The Storm」を録音しなおしています。
どこかで読んだ記憶があるのですが、1975年に録音したこの曲の歌詞を書き換えて
この映画のために新しく録音したのです。
ディランは1975年当時の若い声を出すためにボイストレーナをつけて
発声に努力したそうです。
このオルタネイトバージョンは1997年発売のベストアルバムにも入っています。
もう一枚のアルバムは1997年のオリジナルアルバム「Time Out Of Mind」です。
97年当時のディランの無理しない声が聴けますが、
先のShelter From The Stormとは全然違う年寄りの声です。
このように分析するとディランは無理はしませんが、努力家なのが分かります。

先日、夫婦喧嘩の度が過ぎて逮捕されたポール・サイモン(72歳)と比べても
ディランは真面目に見えてしまいます。
本人はいたって普通のオヤジだと自称しているそうですが、なんとなく納得です。
[PR]
by tatakibori | 2014-05-24 19:35 | 音楽 | Comments(0)

クラフトデイズの将来

d0006260_19221855.jpg

美作の工芸作家展として昨年春にスタートしたクラフトデイズは、
イベントでありグループでもあるぼんやりした定義の活動です。
昨秋の初イベントは津山文化センター展示ホールで、
2回目のイベントはクラフトデイズワークショップフェアとして
奈義町現代美術館前エリアで開催しました。
どちらも会場費を抑える為に、初回は津山文化振興財団、
次は奈義町との共催という形をとりました。
2回やっての反省点として自治体やそれに準じる組織との
連携は私達作家集団にとって難しい面がある事です。
物事に対する取り組み方や言葉の使い方そのものに
大きなズレがある場合が出てくるのです。

反省点を踏まえて今後の展開を思案中です。
私たちは何が目的だったのかあらためて考えています。
先ず、
クラフトデイズ宣言
工芸の仕事に携わる者は得てして寡黙である。
言葉で伝えるより仕事で伝えたいという願いがあるからだ。
そうやって手仕事を重ねて作り上げた手のぬくもりを持つ物は自然の摂理に適い、
生命の循環の一部を成す安心感に包まれている。
尊い仕事を継承するのは大きな喜びと引き換えの苦しさもそれなりにある。
夢を持ち続ける事は容易ではないが、
環境がそれを奪う事が出来ないのもこの分野の特徴である。
資金や組織がなくても手と情熱があれば物作りは何処でも可能である。
むしろ厳しい環境下でこそ作品が輝きを持つとも言える。
技術を継承し、生活の糧を得るため作品を売るという避けられない現実もある。
そういう小さな経済の循環の為にもよき理解者と価値観を共有し語り合える仲間が必要である。
クラフトデイズは美作の地にその場を作るためにある。
(2013.11.18)


もともと若い作家が食べていく土壌を作るのが一番の目的でした。
その次は地域に暮らす人々と関わることによって
若い世代にこの地域での未来に少しでも希望を作ることです。
疎外感とジェラシーのないあたたかい心のふれあいが
美術工芸を通して出来るのではないかと考えたのです。
作家同志の交流によってベースになる世界を作り、
そこにファンを交えて言葉では伝わらない気持ちを感じあうのです。
そういう人と人の心のふれあいこそが私達の目的でした。

既存のイベント形式で行うと色々な煩わしい事柄があります。
目的を充分に理解しない関係者も発生してくる場合があります。
もっとシンプルに作家とファンの気持ちの交流ができないでしょうか。
ファンは普通の人であり、むしろ遊び慣れてない真面目な人が多いようです。
行動力や好奇心が旺盛な人なら作家の工房を訪ねて
自分で道を開きますが、普通の人は何かイベントでもないと
なかなか近づけない雰囲気はあります。
イベント形式から大きく離れるのは難しいようですが、
無駄を排してよりスムーズに目的を達成できる方法が必要なのです。

まだ具体的なアイデアは出ないですが、
ここにヒントを一つ挙げておきます。
ヒューマンインターフェィスと言って人間が機械(パソコンなど)に
どうやって接して扱うかの考え方があります。
どんどん進歩して、今は取り扱い説明書が無い機械もあります。
人間の感覚や本能を大事にして、思うままに触っているだけで
使い方がどんどん分かってくるのです。
これを美術工芸作家とファン(一般の人)のふれあいに
当てはめて考えていくのです。
多くの人がクラフトデイズに何を期待しているかを
知る事が一番です。

今、クラフトデイズは大きな希望を持つものとして、
作家からもファンからも期待されているのを実感しています。
[PR]
by tatakibori | 2014-05-20 19:59 | 仕事 | Comments(0)

遊ぶ人と遊ばない人

d0006260_656274.jpg

先ず、私は基本的に遊ばない人だと理解して下さい。

先日イベントを主催したのですが、
準備の話し合いの中で人がお金を落としていく心理のような話題になりました。
これは私には理解し難い話に展開していきます。
普通の人は休日があり、遊びに行くのですが、
私の場合はそういう事はほとんどありません。
すでにこの年齢で、今から宗旨替えもありませんから、
遊びに行く人の心理はほぼ理解不可能で人生を終えることになりそうです。

ボランティアの募集とか、飲食の出店などの問題がこれに絡んできたのです。
結局は遊ばない人間の私が出て行って、出店の要請をし、
ボランティア団体と話をしてなんとかその部分を確保できました。
遊ぶ人の心理は結果論として分析は出来ますが、
そういう大衆を動かすのは同じ遊ぶ人間には無理があるように思えました。

会議を開くと気がつく事があります。
たいへん贅沢な物を作る人々の生活は貧しいようです。
何がそうかと言うと駐車場のクルマです。
たいていの作家のクルマは使い込んでキズだらけで
艶を失った古いものばかりです。

贅沢な物は心の贅沢ですから物質的な贅沢さを求める人には作れないのだと思います。
どこかで何かをあきらめて心の豊かさを求めるのが美術工芸の作家なのです。
当然ながら普通の人が遊びに行くような事はあきらめる以前に
思いもつかないから物作りの仕事に就くのです。
私も楽しみは色々とありますが、遊びに行くというのはその中にありません。
極端な話ですが、パスポートを作った事が無いのがそれを物語っています。

贅沢のひとつの象徴であるフェラーリの創設者エンツォ・フェラーリはその90年の生涯を
ほとんど生まれ故郷であるモデナで過ごし旅行へ行く事などなかったそうです。
遊ばない人間が最高の遊びの道具を作っていたのです。
[PR]
by tatakibori | 2014-05-19 07:24 | 仕事 | Comments(2)

草刈り

d0006260_730324.jpg

草刈りに励む季節になりました。
草刈機でバリバリ刈っていると、色々な花が咲いています。
ハルジオンが咲いているので少しだけ残します。
垣根の下にはユキノシタの花が咲く準備をはじめています。
イタドリが生えてきました。
ドクダミの勢いが出てきています。
そういうのが気になると全部は刈り切れないので、
草が伸び過ぎたポイントを重点的に刈って行きます。
自分としては重労働をこなして、少しはスッキリしたつもりで
作業を終えます。

2、3日経つと草は不思議なくらい復活しています。
それを見た他人は「雑な草刈りはしないほうが良い」と言います。
草刈りは丁寧にしなければならないという事です。


こういうのは全ての仕事に共通して言えます。
さきがけとして何かを始めると、色々な事が見えてきます。
それぞれに気を遣いながら前に進めるようになります。
前例がない仕事ならさらに多くの事が浮かんできます。
何らかの形が出来てきて、他人に見せられるような
資料など出来上がってきて会議に提出、プレゼンを行ったりします。
そうすると必ず「それが出来るならもう少し、あそこまでやれば良いだろう。」
と言うような意見や、「ここを丁寧にして欲しい。」と言うような意見が出てきます。
始めた人にとっては有意義な意見に思えるし、やっぱり目を変えて人の意見も
聞かなければならないのだと実感するのです。
そして、さらに原案を熟成させてより良い仕事になるよう努力します。
しかし、多くの場合は意見を出す者は何もしない、出来ないのです。
他人の話を聞けば聞くほど仕事の量は増えていきます。
自分ではたいへんな重労働の草刈りをしたつもりでも、
人から見れば雑な草刈りなどしないほうがマシというのと同じです。

それでも、やっぱり「あっ、アザミだ。これはマツヨイグサだから残しておこう。」と思いながら
トラ刈りの草刈りを続ける事が何か大きな事を成すために必要だと思います。
・・・ぼちぼちやります。
[PR]
by tatakibori | 2014-05-16 07:59 | 日々の生活 | Comments(0)

蝶夢法師

d0006260_1956161.jpg

大津の義仲寺に、保田與重郎師(1910~1981)と蝶夢法師(1732~1796)の墓が並んでいます。
蝶夢は芭蕉(1644~1694)の研究家で『芭蕉翁発句集』『芭蕉翁文集』『芭蕉翁俳諧集』の三部作や
『芭蕉翁絵詞伝』の著作で知られます。
蝶夢が義仲寺を再興し芭蕉百回忌を1793年に盛大に行ったのです。
没後100年近くたっての注目はまさに厳しい俳諧の道を示しています。
没後にその人の価値が分かると言うなら、芭蕉の世界は静かに100年も眠り続け
再び注目されるようになったのです。
やがてまた荒れ果てた義仲寺は昭和に再興されます。
三浦義一と保田與重郎がその大きな役割を果たしています。
今年は芭蕉没後320年です。
長い日本の歴史から言えばたった300年余り前の人です。
日本の文学に大きな功績を残した偉人は身近な人のように思えてきます。

今日の谷崎昭男先生のお話で、
奥の細道に「富めれども卑しからず」(富める者なれども、志卑しからず)という
芭蕉の人を讃える言葉があるそうです。

富めるかどうかは別にして、「志卑しからず」でありたいものです。
[PR]
by tatakibori | 2014-05-10 20:29 | 読書 | Comments(0)

2回目プラグ交換

このブログでけっこう人気のある記事にサクシードのプラグ交換があります。
メンテナンスの記録用に書いたのです。
初回が8万km走行時でしたが、
今回は2回目で、オドメーターは14万3千km。
交換後の走行距離は6万3千km。
写真は外したプラグです。
d0006260_17524250.jpg

前回交換時のプラグが残してあったので比べてみます。
d0006260_17582482.jpg

写真では分かり難いですが、今回は劣化が少ないようです。
角の減りが少ないのと、ギャップも広がっていません。
新車時はデンソーのK16R-U 11で
次はNGKのBKR5EYA 11です。
今回もNGKを装着しました。
一本520円(税別)です。
交換した理由は発進時に微妙にエンストしやすく
なったような気がしたからです。
前回と同じ様な劣化ならここからの1万7千kmで
かなりの劣化が進むようです。
予防的措置なら良いタイミングだったと思われます。
次回は20万kmを超えてからになります。


クルマは2003年10月購入のサクシードバン。
エンジンは1500ccの1NZ-FE。
パワステベルトが極端に弱いのが特徴です。
最近はタイヤは純正サイズ165R-13 6PRだけを使用。
5万km少々でパワーのかけ過ぎかドライブシャフトが
傷んだので交換しています。
マフラーは10万kmほどで交換。
オーディオとナビは今年になってから交換してます。
[PR]
by tatakibori | 2014-05-06 18:07 | 日々の生活 | Comments(2)