<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

木彫に対する私の思い その3

d0006260_16551172.jpg
私が若い頃には木彫をする人がたいへん少なかったように覚えています。
比較される方が何処かにあれば私の個性もより理解しやすいし、
木彫と言うジャンルへの理解も深まるはずなので、
木彫作家が増える事を願っていたのです。
近年になって木彫作家が増えているようです。
今まで脚光を浴びなかった人達が注目されて、この分野の情報も
増えてきているのを実感します。
色々な表現の人がいるのですごく違和感を感じるものも
ありますが、バリエーションが増えるのはとても良い事です。
若い木彫作家達が何故に素材に木を選んだのか知りたいと思う事があります。
私(我が家)の場合は先祖から木にかかわる仕事をしてきた環境が一番の理由です。
それは先祖が暮らしていた地域の風土がそうだったのです。
すぐ近くに農林学校(旧制)、製材所、林業試験場がありました。
建築関係やデザイナーへ進む人も多かったようです。
最近は美術大学に進んでから素材に木を選ぶ人が多いので、
木や道具に対する思いが少し変わってきたように見える場合もあります。
他の人達の作品を見る事によって自分のやりたい表現や出来る事が
見えてくるように思えます。
良い時代になったと、しみじみ思うのです。




[PR]
by tatakibori | 2017-08-28 17:18 | 仕事 | Comments(0)

熱中症

d0006260_19080821.jpg
私は汗が少ない体質なので、歳をとるにつれて熱中症気味になる場合が増えてきました。
真夏以外は汗が出ないので水分補給の習慣がないのも良くないです。
飲み物はよくとるのですが、コーヒーと緑茶が多いので水分補給にならないそうです。
カフェインの含まれる飲料やアルコールの含まれるビールなどは
利尿作用も強いので、水分補給にはカウントしないのです。
カフェインは日常的に摂取するものですが、興奮作用をもつ精神刺激薬のひとつでもあります。
最初に緑茶を飲んだ日本人はその刺激に驚いただろうと言う話をテレビで見た事があります。
茶道はそもそもカフェインの作用を最大限に楽しむために考案されたという見方があります。
開高健だったか、本来は作用の弱い阿片を楽しむには厳重な作法が必要であると書いています。
一滴のアルコール、カフェインや満腹も阿片を台無しにしてしまうのです。
大麻の作用も個人差が大きく、何も感じない人がいると聞いた事があります。
そのようなものと比較しなくてもコーヒーには強い習慣性があり、中毒をおこします。
コーヒーを断つと2日目くらいには強い離脱症状が現れます。
それを我慢してしばらくカフェイン断ちをすれば、最初に飲むコーヒーは
素晴らしい精神への刺激を与えてくれるかもしれません。
依存症には薬物でなくても、脳内にアドレナリンやドーパミンを発生させる
刺激的な行動でも起こるそうです。
スポーツでも音楽、ゲーム、スマホ・・・何でも依存症になれます。
美術、特に木彫刻の依存症というのがあるのかどうか調べてみました。
これは鑑賞ではそれほどの快感が得られなくて、創作に参加する事によって
依存症が起こる可能性があるようです。
木版画教室が好評であるのはそれなりの理由があるようです。
木彫刻が作者の快感にとどまるだけでは生業としては不完全です。
より楽しめる木彫刻についてはまだまだ研究の余地があります。

[PR]
by tatakibori | 2017-08-15 19:40 | 日々の生活 | Comments(0)