人気ブログランキング | 話題のタグを見る

さんぶたろう

2年くらい前から「さんぶたろう」をステンシル版画で描いた
Tシャツとエコバッグを作って販売しています。
下の写真はエコバッグです。
「さんぶたろう」とは私の住む地域に伝わる
民話で、実在の美作菅氏の首領・菅原三穂太郎満佐(すがわらさんぶたろうみつすけ)
に蛇女房、だいだら法師、蛇婿入りを織り交ぜた奇想天外なお話です。
京都まで三歩で歩く巨人というのがそのスケールを示しています。

美作菅氏とは当地に多く住む菅原道真の子孫と言われる人々です。
数日前に著名な画家の贋作という事件がありましたが、
東山魁夷、平山郁夫と並んで有元利夫の名が上がっていました。
夭折の天才画家で当然ながら文化勲章などの大きな受賞歴も
ないのに海外の著名なオークションなどでは日本人としては
最高の扱いを受けている本当の意味での実力派です。
この方、さんぶたろうの直系とされる奈義町の有元家の
末裔の一人であります。
さんぶたろうの子孫は多くあるので、他にも偉人が
いるような気もしますが、私の知る限りでは
有元利夫が一番だと思います。


私の描いた「さんぶたろう」です。
さんぶたろう_d0006260_12520084.jpg
# by tatakibori | 2021-09-30 13:15 | 仕事

4月の個展の案内

会期は4月8日~29日
東京都目黒区目黒本町5-11-20
ギャラリーつつい
東急目黒線・武蔵小山駅・西口

4月16日(金)~18日(日)(4時過ぎくらいまで)
作家在廊の予定です。
お付き合いは長いのですが
つついさんは昨年新たなギャラリーを新築されました。
ご来場をお待ちしてます。
4月の個展の案内_d0006260_13131317.jpg
4月の個展の案内_d0006260_13124009.jpg

# by tatakibori | 2021-04-08 13:19 | 仕事

新年の個展のお知らせ

新年の個展のお知らせ_d0006260_19492378.jpg
先ずは毎年恒例の地元津山での新作展です。
1月15日(金)~17日(日)の3日間、11時から18時まで。
津山市伏見町14-1 地味庵(もり田2F)。

新年の個展のお知らせ_d0006260_19493681.jpg
続いて、中止になった昨年初夏に予定されていたイオンモール岡山5階
ハレマチ特区365ギャラリースペースでの個展が1月末に開かれます。
会期は1月30日(土)~2月6日(土)の8日間、時間は10時から19時。
初日と最終日は17時まで。

お近くの方は是非ご来場ください。
来場者プレゼントも用意してます。
たいへんな情勢ですが、静かに活動を進めております。
年齢なりの雰囲気が加わってきたのを感じていただければ
幸せだと思います。

# by tatakibori | 2020-12-30 19:59 | 仕事

新型コロナ対策

新型コロナ対策_d0006260_11184299.jpg
新型コロナウイルスによる自粛でたいへんな事態になっています。
私の仕事でも商業施設が営業を自粛したので体験教室に個展も
中止になりました。
工房へ訪ねてくる人もありません。
作品を見てもらう機会がなければどうにもなりません。
インターネット上ではSNSに自作品の写真をアップして
web上の展覧会的な行動が始まりました。
そこで問題になるのは写真の品質だと思います。
ここ20年、色々な方法でインターネットを利用した
販売や作品発表を行ってきましたが、
通信速度や容量の進化に合わせて常に作品写真の
品質の向上に努めてきました。
今回は照明の見直しを中心に、色々と学んでおります。
簡単にiphoneで撮るのが一番安上がりで品質も
安定しているので良い方法なのは常識です。
しかし、少しでも多くの情報を伝え、作品の
良さを理解してもらうために、人よりも
先に進まなければなりません。
良い作品を作る事と同じ意味を持ってきたからです。
写真の専門家と言ってもジャンルは細分化されていて
彫刻が専門の方もありますが、大都市に集中して
いるのか、私の周りにはそれらしき人はありません。
どうしても自分で質の高い写真を撮る必要があります。
作品で何を伝えるかは作者自身が一番分かっているのですから。
外出を控え、引きこもっていますが、久しぶりに
写真系のサイトや動画、価格コム、アマゾンなどで
最新の情報を調べています。
これもアフターコロナ時代の新しいアーティストの
活動のひとつになると思っています。

# by tatakibori | 2020-05-21 11:39 | 仕事

天莫空勾践 時非無范蠡

天莫空勾践 時非無范蠡_d0006260_06540795.jpg
天莫空勾践 時非無范蠡
天 勾践(こうせん)をむなしゅうすることなかれ
時に范蠡(はんれい)なきにしもあらず

勾践は中国春秋時代の越の王。范蠡は呉に敗れた勾践を助け、呉を滅ぼした忠臣
天は勾践を見捨てない、時がくれば范蠡のような忠臣が出て助けてくれる。
南北朝時代、児島高徳(こじまたかのり)が捕らわれの後醍醐天皇に、
自分の志を示すため桜の幹を削って書いたという、
「太平記巻4に見える詩句による。

津山市院庄にある作楽神社の御朱印を制作しました。
戦前は小学校の教科書にも載っているお話として有名でしたが
その世代の高齢化とともに作楽神社の参拝者は減る一方です。
南朝と言えば河内国の武将・楠木正成の活躍が有名ですが、
悪党と言われた南朝派に備前の児島高徳も加勢したのです。
その行動は武力で挑むのではなく密かに桜の木に
十字の漢詩を書くという謎めいた高尚なものと言えます。
当時、美作の有力者達の多くも悪党に加勢する気運が高まっていました。
今でも後醍醐天皇ゆかりの小さな史跡は数多くあり
奈良や京都の人々から見ると不思議なほど当時を偲んでいるようです。

あまり歴史では語る事がありませんが南北朝が統一された後も
後南朝と言われる存在が残り、その一つに美作後南朝・植月御所という
歴史に埋もれた存在もあります。
植月村は美作管家の一大勢力・植月氏の領地であり菅家は南朝支持で
悪党に加わったという史実もあるそうです。
美作の人々が今に至るまで南朝・後醍醐天皇をたいせつに思う理由が
そう言った歴史の中にあるはずだと私は思います。

作楽神社そのものは明治の初めに津山藩主松平慶倫によって建てられました。
明治末期に俳優・歌手の川上音二郎が拝殿と石橋を寄進しています。
昭和になって立派な社殿に建て替えられ今の姿になっています。
戦後になって福田景門氏(1927~)によって守り続けられています。

参拝者を増やす事は津山全体の観光客を増やす事に直結しています。
福田先生の志を継ぐ気持ちのある方は作楽神社へお参り下さい。
作楽神社をたいせつにしたいと今よりも多くの地元の人々が
集う事がまず一歩ではないかと私は思うのです。







# by tatakibori | 2020-01-01 08:03 | 神社