えびす

d0006260_20542251.jpg

知らない人が多いので書いておきます。

七福神の中でエビスさまだけが日本の神さまです。
エビスは「ヒルコ(蛭子)」の事です。
イザナギノミコトとイザナミノミコトの国産みの際に
最初に女の方から声をかけて出来た子がヒルコで
足が立たなかったので葦の船に乗せて海に流したのです。
流れ着いたのが今の西宮です。
西宮神社は主祭神がヒルコ(蛭子神、蛭子命)です。
西宮の猟師達はアマツカミの子を福の神として大事に育てたのです。
もちろんそのおかげで今の世まで西宮あたりは裕福でお金持ちの多い土地柄です。

我が国では古くから障害のある子供は福の神と言われてきました。
神代の時代の始まりからそうだったのです。
障害者を大切にしたのは我が国の伝統でもあります。

この話を車椅子の子供を持つ友人にしたところ知らなかったそうで、
少し感激した彼は自身のブログにその話を書いていました。

足がちゃんとあるエビス像もありますが
私のエビスさまは足の立たないヒルコです。
エビス大黒を祀るのも良いですが
現実の障害者とどう接していくかは難しい問題です。
少しでもそれを考えるという事が人々に心の豊かさを
与えるのだろうと思います。
[PR]
by tatakibori | 2010-02-04 21:14 | 神社 | Comments(0)
<< ベーシストの指を見よ DC録音 >>