放射能健康法

地震による原発事故で原子力と放射能についていろいろと学んだのは
皆さん同じだろうと思います。
全ての毒は薄めていくと薬になるというのが英国における
薬学の一つの基本的考え方だと聞いた事があります。
それならば放射線も使いようによっては健康に良いという考え方もありそうです。

病院に行けば放射線科というのがあって、これは画像診断の方法と
放射線療法とありますから毒を持って毒を制すという方法が確かに存在しました。

岡山県北地域にはウランが採れる山があります。
その山の鳥取県側に三朝(みささ)温泉という世界有数の放射能温泉があるのです。
最大値が1リットル当たり9225ベクレルの高い放射能を含む温泉です。
確かなデータかどうかは知りませんが住民のガン死亡率は全国平均の半分です。

岡山県西部の鉱山で採れる「光明石」というなぞの薬石があります。
風呂に使うと薬石温泉としての効能があるそうですが、実態ははっきりしていません。
たいへん高価なので謎が多いのですが、しっかりしたホテルや施設でも使っているから
まんざら詐欺集団ではなさそうです。
もともとウラン鉱を探していた時に発見され、微量の放射線を出すという話もあります。
その鉱山で働くと体調が良くなった人が多くて、薬石風呂に発展したそうです。
だから歴史は古いものではありません。
じつは我が家に2個もあります。
d0006260_13183551.jpg


噂ですが、広島県東部にも身体に良いという謎の薬石があるそうです。
これはキツイので飲用すると内部被曝でガンを発症する可能性があります。
その昔、現物は見たのですがあれは何だったのだろうと今でも思い出します。
ひょっとしたら、数十万年前の古代文明による地中深くの放射性廃棄物を
誰かが掘り当てたのかもしれません。


残念ながら原発からの放射能にはいくら薄めても効能があるわけではないそうです。
天然と人工は「薬物」でも比較にならない違いがあるのです。
[PR]
by tatakibori | 2011-04-08 13:23 | 日々の生活 | Comments(4)
Commented by 渡邉晃 at 2011-04-08 17:30 x
とても参考になります。ただ、最後の行だけは少し飛躍があるやうに感じました。天然と人工といふ区別は勿論ありますが、100%天然は存在し、一方、100%人工は存在しえません。病院で処方されるのは人工の薬物です。個人的には民間療法で治せるならそれに越したことはないと考へてはをります。
Commented by tatakibori at 2011-04-08 19:55
そこの部分はまだ中間報告です。
東大病院放射線治療系を読むと放射線被曝には発症へのしきい値があるとあります。
それに個人差があるとしてもそこまでの放射線なら身体に良いはずだと思います。
しかし、しきい値は無いと書いている研究者もあります。
どちらも否定できないので、とりあえずそう書いてみました。
ラドン温泉でガンの発症率が高まるとの説もあります。
抗がん剤の副作用に必ず発ガンとガンの進行と書いてあるようです。
病院で処方される薬はすべて毒であるのは間違いありません。
Commented by こくらん at 2011-12-23 12:48 x
広島県東部の謎の薬石について、もっちょっと情報ないでしょうか。
Commented by tatakibori at 2011-12-23 13:42
こくらん殿
コメントありがとうございます。
じつは、その後調査しておりまして、、、
当時の関係者の証言によると鉱物のようなものでは無いとの事です。
それに深く関わった多くの人が早世してしまったので怪しいとみていたのですが、
その原因は喫煙や美食というか偏食にあったという解釈が正しいようでした。
ホルモン、ステーキ、刺身、寿司など美味いものを食い続けるという
人間の耐久テストをしていたようです。
精神的なストレスも病気の大きな原因のようです。
カルトのようにその薬石(のようなもの)を中心に何かが狂って
そういう事態が起こってしまったのです。
事情を外から知っていた人達はひょっとして放射能???と勘ぐったりしたのです。
放射能より危険なものがあるという事です。
<< 放射能健康法その2 クロモジ >>