消えたエコカー初代プリウス

d0006260_19355172.jpg

何時だったか、面白い記事を読みました。
プリウスはエコではないという話です。
先ず、普通の自動車との価格差を取り返すにはかなりの距離を走らなければなりません。
より廉価なコンパクトクラスや軽自動車と比較すればその価格差はいくら走っても
取り返せないのです。
その証拠に初代のプリウスは街ですっかり見かけなくなったそうです。
理由は高価な大型バッテリーの交換という関門も考えられるそうです。
それに大きなバッテリー製造や最終的な処分のための環境負荷は無視できないというものです。

ハイブリッドカーというのは電気自動車ではなくてガソリンエンジンに
補助装置を付けて大幅な燃費改善を目指したものという事を多くの人は
ちゃんと理解できてないように思えます。
それはエコ(安上がり)を目指したものでなくてもう一つのエコの為にあります。
初代プリウスは売るメーカーは原価を割った赤字で、国が大きな補助金を出して
心意気のある消費者が使う実験的なものだったと思います。
極端にストイックな内装や不思議で新鮮な運転感覚が売りだったのです。
多くのユーザーは徹底的に走行距離を伸ばしたそうです。
プリウスもモデルチェンジし、コンパクトカーの燃費も向上した数年後には
燃費でのメリットも失い、エコカーの存在価値を無くしたのは事実です。

かつてフォルクスワーゲンゴルフという革命的に合理的で未来志向の
クルマが登場しました。1970年代の事です。
ゴルフを薦めた間違いだらけの・・・とかいう本がベストセラーになったり、
初代ゴルフは輸入車としてはよく売れたそうです。
でも、ドイツ車としては意外に早く道路上からその姿を消したのです。
原因は極端に軽く作る為のヤワな車体構造にあったそうです。
ほぼ同クラスの国産車より100kgくらいは軽かったそうです。
GTIという高性能版は800kg足らずの車体に高性能エンジンですから
日本製のライバルより200kgも軽くて驚くほど速かったのです。

エコともう一つのエコと動力性能などをごちゃ混ぜにして話を組み立てれば
プリウスはとんでもない利益優先の国策に乗った税金回収装置になります。
安上がりのエコに徹すれば、軽自動車には魅力的な車種がいくらでもあります。
環境問題を優先すればクルマは止めて公共交通機関や自転車にすれば良いと思います。

エコはエコにつながるから、エコで節約して浮いたお金でヨーロッパに旅行すれば
ぜんぜんエコじゃなくなります。
以前書きましたが、ヨーロッパ往復で一人当たり1000リットルもの
化石燃料を消費してしまいます。
でもそれは、けっして悪い事じゃありません。
あなたが欧州で見て学ぶ事が1000リットル分のCO2が環境を
破壊する力より大きいかもしれないからです。
どっちにしてもエコは必ずしも善ではありません。
エコはある種の思い上がりで、人間のエゴでもあるからです。
[PR]
by tatakibori | 2013-09-06 20:24 | その他 | Comments(11)
Commented by yayoishibainu at 2013-09-08 19:02 x
こんばんは。。。

エコ 

ここ数年 
特に、嫌な言葉です。

エコロジー
エコノミー 
外来語の頭二文字が、同じ
語源が、似ている
頭の良い人達が、商売に用いたのでしょうね。

エコロジーかつエコノミーも有るでしょうが
とても少ないかな?

雨水貯留タンク
数十リットルのもの
 
地方自治体が、助成している理由
集中豪雨の回避に、少しだけ役立つ
 
購入予定者は、経済面を考えている。
 
降雨の少ない季節に必要な貯水には
このタンクの容量では、役に立ちません。

特に 植木の散水には。。。

数年前
仕事で学んだ事です。

プリウス等のハイブリッド車
音色の好ましくない車です。
我家の櫻媛
賛同しております。

 

 
Commented by tatakibori at 2013-09-09 15:03
我が家では青いプラスチックのドラム缶に雨水を貯めています。全部で5本半です。家庭菜園の水と洗車などは少雨になっても大丈夫ですが防火用水までにはなりません。
Commented by 山本ゆ at 2013-09-16 13:21 x
私の車は、まる11年31万kmを越えて、次の選択肢がなく思案中です。(現在、カローラフィールダー5MT 実燃費19~20km/L)
誰もがプリウスを薦めてくれますが、車両価格+運用費用を計算すれば適切ではないことは明白です。
機材(天体望遠鏡)が積めて20km/L以上でMTでというと、現行製品ではアテンザワゴン2.2D6MTのみでしょうか。でも300万は高すぎです。
次期シビックワゴン1.6DのMT車が国内販売されるか、または他社からそのような車種が発売されるのを待っています。
待ってても出ないか。
Commented by tatakibori at 2013-09-16 21:12
山本さん、フィールダーも先々代になりましたね。
だいたい40万kmくらいは使えるとか言いますから、
一般的な考えでは限界が近づいていると思います。
そこから先は大修理が必要な場面もあるかと思います。
今の状況から考えるとMTという選択肢は大きな何かを捨てる
必要があると思います。
主力のCVTで妥協するのが解決方法の一つだと思います。
私のサクシードバンMTは13.2万km走りました。
毎年の車検ですが、今回は新車時からの大きな問題であった
ベルト交換用のオルターネーターのボルトを外す事です。
もっと早く、補償のきく間に組み立て時のミスだったのを
発見していれば良かったと思います。
受注生産のMT車だからこその失敗なのだろうと思います。
世間並という安全策も大事だと思う今日この頃です。
Commented by 山本ゆ at 2013-09-16 22:02 x
現行カタログモデルでワゴンボディのMT車は、カローラフィールダー1.5とプロボックス1.5、アテンザワゴン2.2D、ルノー・メガーヌ エステートGT220ですべてのようです。
たったこれだけとは、なんということでしょう。
私の場合、AT車であることの難点は通勤時にバイパス単調運転で眠くなることなのです。
居眠り運転は本当に怖いです。
大昔のエンジンみたいにミクスチャーや点火時期を調整しながら運転したいくらいです。
長距離飛行が可能だった零式戦闘機も、居眠りで墜落した方々が多くいたと生き残った元操縦者が証言していました。
Commented by tatakibori at 2013-09-17 08:39
ワゴンではないですが、それに近い大きな荷物を積む事が可能なフィットにはMTがあります。プロボックスのバンならシートをレカロに替え、乗用車用タイヤを使えばOKです。家族で乗るか積荷かどちらかを優先する選択か必要ですが・・。私の価値観で申し訳ないですが、そういう観点は今でも全く変化しておりません。プリウスは候補にあがりません。ドイツ車でも無理なんで、フランス、イタリアは眼中になしです。運転を楽しむなら86が欲しいです。
Commented by tatakibori at 2013-09-17 08:44
やっぱりカローラフィールダーがベストですね。
最近のマツダは評価が高いようですが、BMWコンプレックスに
見えてしまうのは私だけでしょうか?
Commented by 山本ゆ at 2013-09-17 23:52 x
私もほぼ同様の考えです。
フィットは、先代にあったRSではない1500ccのMTが消えました。
> やっぱりカローラフィールダーがベストですね。
むむむ、やはりそうなりますか。
私もさんざん考えて、そうなってしまうのでがっくりです。
本当はもっと趣味性の高いクルマに乗りたいのです。
Commented by tatakibori at 2013-09-18 06:20
フィットは1.3に5MTがありますよ。
http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/spec/?type=13g
オプション、諸経費を入れても160万以下の格安車ですね。
フィットはカローラ、ヴィッツに比べると足回りがしっかりしているのが良いと思います。
趣味性の高いワゴンならスバルが魅力的ですがMTがないので
どうしようもありません。
カローラは少し小さく見えるので威張れませんが、内装の質感などさすがトヨタです。
40万kmを素人が目指すならトヨタの信頼性と維持費の安さは圧倒的です。
Commented at 2013-09-22 15:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tatakibori at 2013-09-28 16:33
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%82%B9
お返事たいへん遅くなり申し訳ありません。
カーボンニュートラルと言い再生可能エネルギーだと思います。
基本的には、間接的に太陽光をエネルギーとしていると
考えて間違いないと私は解釈しています。
<< 失われていくもの エコ >>