人気ブログランキング |

介護保険2

町役場の介護度の認定担当者が来て母の様子など見ました。
それと主治医の意見書でコンピューター診断などして結果が出ます。
要支援1,2・要介護1~5と7段階の判定があります。
母の場合は容体が良くないので要介護4か5だと思ってました。
この度数で介護保険が使える範囲が違ってきますから
無理に度数の高い認定を望む人も多いらしいです。
そこでこの認定には客観性を重視した方法がとられているようです。

幸いに担当者も主治医も私の同級生なので不快な思いをしないですみました。
一般にはそんな事はほとんどありえないので気を遣う場面ですね。

介護度が決まれば町役場がケアマネージャー何人かを指定するそうです。
その中から一人を選んで実際にどういうサービスを受けるか相談すると言う事です。
by tatakibori | 2007-03-01 19:59 | 日々の生活 | Comments(4)
Commented by 秀さん at 2007-03-02 22:28 x
より高い介護認定を願う・・・これ矛盾ですね。私も現在体験中です。

もうダメと思ってから1年、最近大腸癌が見つかり、94歳では手術も出来ないと言われ、残る時間がどのくらいか・・・とても最近「いい顔」している母に会うのがつらいです。
Commented by tatakibori at 2007-03-03 20:03
同じようなご苦労をなさってるんですね。
いい顔をなさっているのは気持ちがしっかりしている証です。
我が母は苦しそうな表情ばかりで悲しいです。
Commented by yuriko,s at 2007-03-06 19:23 x
私の友は、ケアマネージャをしています、この職の対処は、かなり人間性である、と断言します。その友が自分の母の残された時間と言われ在宅介護、そしてホスピスにと 決心を固め神様がくれた時間として、休職し、お母さんとの時間を精一杯ガンバっています。
Commented by tatakibori at 2007-03-07 19:25
とにかく逃げないで現実に対峙することが解決への一番の近道と思っています。
でも、たいへんですね。
<< 騙された! 未来を考える4 >>