リフォーム

今の一番の夢は家(工房)のリフォームです。

もともとが学校の校舎を移築したもので、それからもう28年も経ってしまいました。
d0006260_7443373.jpg

当時、父は大きな仕事の注文があって広い場所が欲しかったのです。
ですが、その仕事はキャンセルになり工事は予算がないままストップしてしまいました。
なかなか支払いが出来ないまま、未完成の部分を手作りし
生活できるようにするにはけっこうな苦労がありました。
将来は建替えるつもりだったのですが、4年前の台風で屋根が全部飛んで
葺き替えてしまったのでこのまま使い続けるしか方法がなくなりました。
この地区は下水道が設置されない事が決まっているので
浄化槽にしてトイレなど水周りのリフォームが先ず必要なのです。
あとは台風で水浸しになってシミだらけの部分の改修です。

この建物には設計士やデザイナーの意見を入れたりしないで
直接職人さんを雇って工事をしました。
そういう経験から言うと、設計士やデザイナーは絶対に必要です。
どんな小さな仕事でもプロの意見を入れるべきだと思います。
職人さん主体になると全体の予算やデザインを考えないで
些細な事に拘り凝った事になる場合が多いのです。
結果的に無駄に高くつく事になるような気がします。

よくあるオーディオ・マニアのパターンで「こだわり」の塊のようなシステムにすると
細かなパーツやケーブル、さらには部屋そのものの音響改善など
際限のない世界に陥る場合がありますが、家の場合もまさにそれです。
ようするにバランスや予算が大切なのです。

松江のお城を見てびっくりした事があります。
けっして贅沢に作ってはないのです。
材木を出来るだけ倹約してあるのには驚きました。

新しい病院や福祉施設なども贅沢に作ってあるようですが
厚生労働省の基準があってその範囲内での予算やスペースですから
贅沢なものではありません。
多くの設計士やデザイナーの知恵があればこその雰囲気なのです。

ほんとうのプロの仕事とはそんなものだと思います。
細かな事にこだわりすぎては全体像が見えなくなります。


我が家のリフォーム、理想を言えば自分で出来る部分は
自分で工事したいと思っています。
あんがい、これが一番の贅沢かもしれません。
[PR]
by tatakibori | 2008-04-11 08:11 | 日々の生活 | Comments(15)
Commented by 病気上がりのHG at 2008-04-11 20:17 x
 昔の木造の学校は、構造基準がしっかりしていたので基礎さえ問題なければ100年は楽に持つと思いますよ。こんな風に考えると良いと思います。

1.目標予算の決定
2.耐震診断構造判定、防水断熱性能の診断
3.設備機器の診断
4.リフォーム概算の算出→予算との比較、修正(増額減額)
5.発注方式の検討(一括または分離)
6.外装は、コスト的に一番安いのは、既存には手をつけずその上からカバーして包んでしまう工法だと思います。
7.屋根は、今ある屋根の上にさらに断熱材を敷きこんで新たに屋根をかけると画期的に住み易くなります。
Commented by tatakibori at 2008-04-12 06:56
1.1千万円以内(一度に全部は無理です・笑)
2.耐震は大丈夫でしょうが、防水断熱は問題ありです。
  というより、湿気対策ですね。雨どいの整備とその水の流れをきちんとしなければ・・・
3.トイレ、キッチン、風呂全部やりかえる予定です。
4.ここからは設計士と相談ですが、友人にたくさんいるので
 誰に依頼するかが最大の問題です。(笑
5.たぶん、一度に全部は無理なのでその順番も考える必要があります。
6.外装は塗装と窓を2重にする事ですね。窓が多いので一部だけで
 半分くらいははめ殺しにしてしまってもよいです。
 下手するとお金がとんでもなくかかりそうなので
 この部分がいちばんアイデアが必要なところです。
7.屋根は400万以上かけて4年前に修理したばかりです。
 断熱は天井を2重にしたり断熱材を足したり・・と思ってますね。
Commented by HG at 2008-04-16 16:12 x
まだ熱が37度下まわらなくて長引いています。
断熱材は、スタイロフォームが僕は好きですけどね。湿気に強いしあんまり有毒ガスが出ないし。逆なのがウレタン系で加湿分解してボロボロになります。グラスウールは痩せてしまうので避けた方が良いし、湿度を通すので内部結露が酷いです。内地だともっとかもです。
スタイロフォームを接着した石膏ボードとかコンパネがあるので、それで天井や壁をこさえると簡単に断熱の補強ができます。既存の上から長いボルトで留めます。サネを切ってあるので隙間もしっかりしてますよ。
Commented by HG at 2008-04-16 16:24 x
床の湿気は、建物廻りに溝を掘って厚手のビニールで軒の水が浸透しないようにしてから暗渠を這わすのがホントはいいんですが。うかうかしていると土台腐りますもんね。
更には、一度縁の下を出してビニールを敷き込んでコンクリートを打つとかなり防湿効果があっていいんですけどね。あと、床の捨て貼り用のコンパネもスタイロフォームの複合版で組むとけっこう有効だと思います。樹脂系の材料は水分の透過性能が少ないので。シロアリ防止のオスモみたいな防腐剤も必要でしょうね。
窓をふさぐとしたら、最近流行しているのに、中空ポリかがあります。
http://www.agc.co.jp/news/2004/0930.html
断熱性能はペアガラス並の性能があって釘で打つだけです。極限的にコストを押さえる場合には私良く使います。
Commented by HG at 2008-04-16 16:26 x
最後に
設計屋さんは、施主の言うことを聞いてくれる人がいいですよ。
細かいデザインに拘る人は避けるのが無難です。(爆)
優秀な設計屋さんは、施主の言うことを聞いたように見せかけて最後には自分の世界を作ってしまいますから。
優秀でない人に限って、「あれはできない」とか「これは出来ない」などや
「こうせねばならない」と言って先生風を吹かせるものです。
これは構造設計屋さんにも共通して言えますね。いろいろな人とつきあってそう思いました。
設備屋さんの言うことは正しい場合が多いので素直に聞いた方がいいかもしれませんが。(爆)
Commented by HG at 2008-04-16 16:34 x
でも、写真見ると犬走にコンクリートのたたきがあるんですね。
これじゃ雨が跳ねて凄いことになっていそうですね。ここを砂利にするとだいぶ改善できますが。(暗渠は必須として)
雨樋だとするとは、内地だと銅板でこさえる専門の職人がいるのかな?

さっきのポリカーボネートで建物全体を包むというのもありですね。塗装の心配はなくなります。いろいろな色や透過性のものがあるので工夫するとデザインできます。無塗装の羽目板に透過性の高いポリカにするとかっこいいかもです。
それとは別に断熱材とコンパネの複合版で室内をこさえないといけないとは思いますが。
ヨーロッパの農家にその中空ポリカでこさえた家があったと思います。
光は通すけど中は見えにくいしかっこよかったです。
Commented by tatakibori at 2008-04-16 17:30
私も花粉症でまいっています。
ポリカーボネートを使うというのはじつは私も考えていました。
開けない窓は全部そうするつもりでした。
断熱材のそういう特性は全く知りませんでした。
床下にビニールを敷いてコンクリートを打つというのも考えていました。
コンパネと断熱材の複合材料は見たこと無いので、調べに行ってみようと思います。
天井も2.8m以上はあるし、柱は杉ですが4.5寸です。
土台はほとんど腐っていないのですが
事情がある部分(笑)があってそこはダメです。簡単に修復できる事を確認済みです。
Commented by tatakibori at 2008-04-16 17:38
外装は痛みがありますが内装が2重に板を張っているので
すきま風は壁からは無いと思います。
問題は窓がガタガタです。
あとは長さが40mもあって一番北に電気が入っています。
居間が南の方なので電圧降下があります。
アムクロンが使えないのです。
太い電線を天井裏に引きたいと思っています。
幸い天井裏はたっぷりスペースはあるので移動可能です。
床下は頑張れば移動できます。気分が悪くなりそうですが・・。
Commented by HG at 2008-04-16 18:48 x
窓こそが一番高いですからね。(笑)
最近の北海道では断熱樹脂サッシが主流です。
アルプラ といってアルミと樹脂の複合した商品もあります。
これは樹脂サッシより値段も安いので検討してみてはどうですか?
新日軽から出ています。
薄肉で華奢ですが悪くないですよ。
Commented by HG@会社 at 2008-04-16 18:51 x
アムクロンはやっぱり200Vで引いてダウントランスでしょうね。
Commented by tatakibori at 2008-04-16 18:53
私の考えていたポリカーボネートは普通の波板で
開けない窓の外に木で枠を作ってそれに貼り付けて
塞いでしまおうというのでした。

中空の素材を切って窓枠の中にはめ込むと良いようですね。
土台の腐っている部分の壁を取っ払って
そこに大きなポリカの壁というのもおもしろそうです。
デザインのまとまりをどうするかが問題ですね。
Commented by tatakibori at 2008-04-16 19:04
今まで留守にしていた隣家が
生活の拠点を県外から津山市内に移して
数年後にはここへ戻ってくる計画です。
その為の防音対策も必要なんです。
今はちょうどスピーカーの音の出る方向に
隣家の居間があってよく聴こえるそうです。(笑
窓からもれる音が一番大きいようですね。
Commented by HG@会社 at 2008-04-17 15:56 x
もし、中空ポリカを使うとしたら営業の人に「サンプル出荷」(要するにタダ)できないか聞いてみますよ。でも、数量が多いから無理かな?

注意すべきところは、台風が来たときに飛ばないようにボルトかネジで留めることと下地のネダ。最低45㎝ごとに下地が必要で、高さが大きくなると「せい」も20㎝くらい要ります。たる木では無理だと思うので、2バイ10あたりが良いと思います。大きさ次第ですが、2バイ8でもいけるかもしれません。

あっ、これには全く遮音性能はないですから(笑)。
Commented by tatakibori at 2008-04-18 18:39
サンプルですか。
どれくらいまでの量ならいけるんでしょうか?
少量なら自作で窓を中空ポリカに入れ替えても良いですね。
大きな工事は寝たきり老人がいるので無理なんですよ。

こんな話を書いているから家の工事をしている夢を見ますよ。(笑
Commented by HG at 2008-04-19 22:49 x
週明けに少し探ってみます。(笑)
<< 成果ある仕事 ジャズ・ファンじゃなくてオーデ... >>