人気ブログランキング |

エコじゃなくて安上がりなら

由緒正しい貧乏生活者の私の考えです。

クルマ生活をトータルで安上がりにするなら、ハイブリッド車よりも
一番安い軽自動車のアルト、ミラなどに乗れば安上がりです。
通勤などで距離がけっこう出る人なら1.0~1.3Lのコンパクトカーが
丈夫さもあるので、10年乗ればトータルで安上がりに思えます。
グレードは低いものに限ります。タイヤ代などが違うからです。
オーディオ、ナビなど付けるのは初心者のすることです。(笑

裏技を知り尽くした上級者なら、それらの車検残のある格安中古など上手く乗り継げば
驚くほど安上がりになります。
ただし、濃い身内にクルマ屋さんがいるとかオークションの達人でないと難しいでしょう。

クルマにも業務用があります。トヨタ・コンフォート、日産クルーなどタクシー専用車です。
50万kmは乗れます。とにかく距離を走る人にはお薦めです。
しかも、メンテナンス、消耗費など徹底的に考えられていますから経費も安上がりです。
専用タイヤは7万kmは使えます。
私の乗っている小型のライトバンもこれに近いですね。
問題はFFなので丈夫さはタクシーに劣るかもしれません。

ショックアブソーバー、ブレーキホース、ブレーキローターなど
10万kmで交換が良いと書いている人もいますが、私の経験から言うと
交換してもたいして違いません。15万kmはもちますね。
普通の人は新車で購入して15万kmも走れば、廃車になるから
交換は考えなくても良いと思います。

以上、クルマが必需の田舎ではあたり前の事です。
実際にタクシー用車を個人の足に使っている人もあります。
現実には軽トラックが一番の人気です。
中古は意外と高いので新車を買って長くたいせつに使うのが常識的ですね。
ハイブリッドを安上がりと思って買う人はほとんどいないでしょうね。

現実的すぎて味気ないと思うか、それも一つの考えと割り切るか難しいところですが
何か目的や夢があるなら、そのための手段として安上がりクルマ生活も
それなりに楽しいと思います。
by tatakibori | 2008-09-15 15:39 | 日々の生活 | Comments(2)
Commented by aitoyuuki32 at 2008-09-15 23:08
エコ、わたしの場合とりあえず自転車です。半径10キロ以内は荷物が無い限りまず自転車です。自転車こいで余分にご飯食べるなんてことはないはずです(笑)

ブレーキロータ、ブレーキホース、ブレーキオイル、R32の時サーキットと峠で酷使しましたが一回も替えなくても問題なしでした。

ブレーキオイルは1年目に制研のDOT4に替えてましたが。

あまり知られていませんが、アブソーバよりストラットアッパーマウントのゴムが意外に早くヘタリます。

アブソーバ替えて乗り心地が良くなった、なんてのは半分がこれの交換したことによるものでしょうね。
Commented by tatakibori at 2008-09-16 07:57
自転車はエコでもあるし、健康にも良くて優れものですね。
大手の自動車雑誌でもまやかしの記事が多いので
鵜呑みにして必要のない整備に無駄な出費をしている人も
多いかもしれません。
ストラットは構造上も弱そうですね。
リーフリジットが一番丈夫で整備も簡単です。
作ろうと思えば今でもシンプルで丈夫なクルマは可能だと思いますが
そういう方向にまだ世の中が向いていないようです。
<< 衣食住 ハイブリッドでは元はとれない >>