今日はCOTAXで

d0006260_9464487.jpg

とうとうツクシが出てきました。
d0006260_9474660.jpg

ホトケノザは日当たりの良いところがきれいでした。
d0006260_9483098.jpg

フキもまだまだあります。さすがCONTAXで色がきれいです。

これからどんどん春の花が咲きます。デジカメが大活躍の季節ですね。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-27 09:51 | Comments(0)

春の野の花

d0006260_199729.jpg

ナズナ(ペンペングサ)
d0006260_19101191.jpg

ホトケノザ

他にオオイヌノフグリ、タンポポ、スミレ・・・・庭に咲く春の小さな花はほんとうに美しいと思います。
小さな花ほどいいですね。

これはソニーで撮りました。接写は今持ってる3台のコンパクトデジカメでは一番古いフジFinePixが一番寄れます。そして次がソニーでコンタックスは10cm位までしか寄れません。
5年前に買ったフジも部分的にはまだまだ高性能です。値段の差を考えればよけいに技術の進歩に??疑問符が付いてしまいます。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-26 19:18 | Comments(0)

朝焼け

d0006260_827170.jpg

今日も夕焼けは望めそうもないですから、朝焼け写真を残しておきます。
それにしても寒いですね。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-26 08:29 | Comments(0)

茶碗

d0006260_19545442.jpg

陶器の写真は難しいです。全く方法は知りませんがやってみました。普通の大きさの抹茶碗です。しゃんとしないニブイ写真になりました。
d0006260_19571452.jpg

呉須の皿も撮ってみましたがこれもイマイチです。
真っ白な磁器にも今度は挑戦してみたいですね。
クリックすると写真は大きくなりますが荒が目立つだけです。
カメラはソニーのサイバーショットです。コンパクトデジカメの限界なんでしょう。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-25 20:00 | Comments(0)

d0006260_18304281.jpg

今日も日没頃に天気は悪かったの夕焼けは無しです。
4時頃の雲の写真をどうぞ。
じつは叩き彫のホームページは雲で検索しても出てきます。ライブドアなら「雲」で1ページ目トップから5番目に出てきます。雲やお天気のサイトを押しのけてのポジションです。
左のリンクの中にあるくらうどさんのBLOGには申し訳ないが雲でも巨頭なのです。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-24 18:35 | Comments(2)

夕焼け日和とは

d0006260_19541225.jpg

今日は午後4時過ぎくらいに雲がいい感じになってきたので美しい夕焼けが見られるかと思いました。
d0006260_19552862.jpg

しかし、残念ながら雲が低すぎて茜色に空が染まることはありませんでした。
雲が無ければ夕焼けは美しくなりません。夕焼けにはちょうど良い雲加減があるのです。
夕焼け日和という言葉は無いでしょうが、そういう条件が必要です。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-23 19:59 | Comments(0)

ロイ・ブキャナン「ギター・ルネッサンス」

d0006260_19174574.jpg

先日紹介のロイ・ブキャナンの4枚目です。3枚目はエリック・クラプトン風ならこれはロビー・ロバートソン風とでも言っておきましょう。ジャケットの裏もカッコイイです。
d0006260_1920666.jpg

つまり、より土臭いような感じです。
今回購入の中ではこれが一番の当たりみたいです。

かなり忙しいのですが、その合間をみてレコードを聴いたりするのはここを読んでるあなた達と私だけかもしれません。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-22 19:25 | Comments(1)

作品撮影

d0006260_1954945.jpg

今日は作品展に出品する作品を撮影しながら箱詰めしました。
暗いのでブレたり、何故かピンボケになったり、オートにしておけばホワイトバランスがおかしくなったりけっこう手間がかかります。やはりこういう作業にはマニュアル操作がやり易い一眼デジカメの必要性を強く感じます。
ここで撮影したものは売れてしまえばこの写真しか記録がない場合もあります。たいへん貴重な写真になるのです。失敗が無いように段取り良く撮影するのは神経も目もたいへん疲れます。今はデジカメでフィルム代がかからないのでその分をまわせばカメラ代ぐらい何とかなるような気がします。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-21 20:03 | Comments(0)

ダン・フォーゲルバーグ

d0006260_9585137.jpg

これも100円、しかも2枚組みで得した気分です。
ダン・フォーゲルバーグ「ザ・イノセント・エイジ」1981年の作品です。
彼は日本では人気が出ませんでしたがアメリカではベストセラーを出した当時のスーパースターです。一人CSN&Yといった感じです。出てきたのが70年代後半で売れたのが80年以降ですからジャンルとしてはAORみたいな分類で語られるようです。つまり出てくるのが10年遅かったから日本では人気が出なかったのでしょうね。昨日紹介のロイ・ブキャナンは出てくるのが早すぎた人ですからタイミングというのは難しいものです。
この当時はジャズばかり聴いていてこういうのは買う気がしなかったので、運良く手に入って嬉しいです。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-21 10:08 | Comments(0)

ロイ・ブキャナン・サードアルバム

d0006260_1921465.jpg

昨日はオークションで手に入れたレコードがいくつか届きました。
今回は100円のものばかり10枚くらい入札したのですが、いつものように終了時刻はすでに寝ている時間なので結局7枚を落札しています。
その中から少し紹介してみようと思います。
まずはロイ・ブキャナン・サードアルバム。この名前は少しだけ知っていました。白人のブルースギタリスト、まあエリック・クラプトンのような人です。名前が懐かしくてもどんな音楽だったかすっかり忘れていたのです。
ちょっと聴いたらやっぱりエリック・クラプトンみたいです。典型的な60~70年代のブルースロックです。なかなか良さそうなのでじっくり聴いてみたいですね。
[PR]
# by tatakibori | 2005-03-20 19:29 | Comments(5)